怪盗少女に盗まれた!? アルバムから一曲抜けてるももクロのハイレゾ音源

怪盗少女に盗まれた!? アルバムから一曲抜けてるももクロのハイレゾ音源



最初の配信から一週間遅れ、ももクロの数々のタイトルが配信開始されました。

まずは前回の記事をご覧ください。
ももクロのハイレゾ音源、波形を見て「泣いてもいいんだよ」


今回は音に関することはあまり触れないことにしますが、それ以外の部分で気になることが色々あったのでそちらをメインで書いていきたいと思います。


最初はまず音に関する内容です。

こちらから楽曲、「ココ☆ナツ」を試聴してみてください。
http://www.e-onkyo.com/music/album/kicm3216/

なんだか全体的にバリバリいっているように聴こえませんか?
特に「イチゴ味」の部分とか、「ビーキニー」の部分に至ってはプツッというノイズのようなものが聴こえますが、これは何なんでしょうか。twitterで確認してもらったところ、他の方々の環境でも確認ができたようです。

これも例によって音圧競争の副作用的なものかと思ったのですが、波形としてはクリップしておらず別の要因のようです。
また、過去のCDやMVでも同様な歪みが聴こえるため、今回のマスタリングによるものではないといえるでしょう。

もともと、この曲は音が良い印象があったので、自分もいまになって問題に気づいてしまいショックを受けています…。



さて、ここからは音に関すること以外についてです。



■info欄空欄音源

これについては過去に他のハイレゾ音源についても口酸っぱく指摘しているものです。
ハイレゾ音源の商品説明欄が白紙状態の音源がしばしば見られます。

バトル アンド ロマンス - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

info欄

この欄はエンジニアが誰であるとか、いつ発売されたアルバムであるとか、それ以外にも音楽のアピールポイントが書かれていたりするものですが、この欄に何も書かれていない音源がしばしばあるのです。売る気がないのでしょうか。よって、この欄に何も書かれていない音源はおすすめしません。



■曲名表記の違い

5TH DIMENSION - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】


ここの曲名を見ていて何か違和感はなかったでしょうか?


これですね。
birth0.png


Tr.9の曲はCD等では「BIRTH Ø BIRTH」と書かれているのですが、この音源では「BIRTH 0 BIRTH」となっており、「Ø」ではなく数字の0(ゼロ)となっています。なぜなんでしょう?
もしかするとタイトルに特殊な文字を用いることを避けたのかもしれません。これはe-onkyo、mora両方ともそうなっていました。



しかし、試しにiTunes Storeをみると正規の表記となっています。
birth.png



Amazon Musicではどうでしょう?
birthO



こちらではアルファベットの「O」となっています。あちこちでバラバラですね。
ちなみに曲の読み方としては「バース オー バース」となるそうです。
Øだったり0だったりOだったり、なんでもいいんですかねー




■アルバムの曲が一曲抜けている

これが一番重要です。

バトル アンド ロマンス - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】


このアルバムには「行くぜっ!怪盗少女」が入っているはずなのですが、なぜか抜けているんですよ。


バトルアンドロマンス


IMG_0487.jpg


ご覧の通り、10曲目の「行くぜっ!怪盗少女」が何もなかったかのように削除されています。
しかもinfo欄は空欄で、注意書きもなく、なぜ曲がないのかわかりません。

「オレンジノート」→「行くぜっ!怪盗少女」→「スターダストセレナーデ」と続くのがこのアルバム「バトルアンドロマンス」の良いところなのですが、曲が抜けてしまってはハイレゾを買ってもCDと同じアルバムとして楽しむことができません。


この件について詳しい人によるとハイレゾ等の配信音源においてこのように無断で曲が抜けている事例はよくあることのようです。
理由は原盤権によることが主なようで、今回も「行くぜっ!怪盗少女」のバージョンによって原盤権の所有者が異なるので収録できなかったのではないかという話がありました。
確かに同曲はメンバー6人の頃の初期のものや、5人への変更バージョンがあったりします。6人のバージョンは他のハイレゾのアルバムに収録されていますし、そのあたりの事情なんでしょうか。

でも、リスナーにとってはそんな裏事情じみたことはどうでもいいことです。
同じタイトルのアルバムなのに、黙って一曲抜いて、あたかも同じ物のように売るのはいかがなものでしょうか。
こういったことがまかり通っているのであれば、ハイレゾを始めとした配信音源の購入は避け、CDで買うようにしたほうが間違いないともいえるでしょう。



※追記

2018.5.31 11:11現在
e-onkyoのみ、音源に関する注意書き
「※デジタル商品はCDとは収録内容が異なります」が追記されました。
こういう時e-onkyoは仕事はやいんですよね

2018.6.1 10:07現在
一日経過しましたが、アルバムから曲が抜けていることを示唆する注意書きがなされたのはe-onkyoのみで、他の配信サイトは依然として情報欄が空欄のままです。これらの配信会社は曲が抜けていてCDと異なっていても明記しない方針のようです。

info欄修正


----------------------------------------------

info欄mora


----------------------------------------------

info欄ototo


----------------------------------------------

info欄groovers
スポンサーサイト

ももクロのハイレゾ音源、波形を見て「泣いてもいいんだよ」

ももクロのハイレゾ音源、波形を見て「泣いてもいいんだよ」


結成10周年を迎えたクローバーZのハイレゾ音源が発売開始となりました。
推しメン杏果が居なくなってしまいましたが、音源はチェックしていきます!

まずは先行して発売されたベストアルバム「桃も十、番茶も出花」から。

このアルバムは96kHz 24bitのフォーマットで販売されますが、元の2mix音源のフォーマットは曲によって異なるということで注意書きがありました。曲との関係がわかりやすいように曲リストに色付き文字で記入してみました。


ももいろクローバーZ/桃も十、番茶も出花【通常盤】

モモクロハイレゾ


モモクロハイレゾ1_1


モモクロハイレゾ2_2


こんな具合で元音源がCDと同じスペックの44.1kHz 16bitのものから192kHz 24bitのものまで、さまざまなスペックの素材から作られていることがわかります。アルバムとしてすべて96kHzに24bit揃えられているのは再生時の切り替えノイズ防止だったり、アルバムとして統一した音作りをするためではないかと思われます。


その中から96kHz 24bitマスターの音源、「泣いてもいいんだよ」を買ってみました。


最近は配信サイトにおいてラウドネスノーマライゼーションが行われはじめています。
それはつまり現状行われている、CDなどにより大きな音で録音して他の曲より目立つように聴かせようという手法に対し、
みんなで同じ音量にそろえて録音しようというものです。
これにより聴く人には音量が揃って便利に、音楽を作る人にとっても音質を犠牲にしてまで音を大きくする必要がくなるという流れです。


今回のハイレゾのアルバムがどうなのか、波形とラウドネスレベルをチェックしてみます。

ハイレゾ
泣いてもいいんだよハイレゾ


CDシングル
泣いてもいいんだよシングル


CDアルバム(AMARANTHUS)
泣いてもいいんだよアルバム


といった具合に、高音質が期待されるハイレゾ音源であっても相変わらず音圧競争された音作りであることがわかります。
音圧競争(音圧戦争)とは、他の曲より自分の曲の音を聴かせようと、音が歪んだり、抑揚がなくなったりしてまでも音が大きいことを優先してしまうことです。


一応、ラウドネスレベルも確認してみます。

ハイレゾ
ないてもハイレゾ


CDシングル
ないてもシングル


CDアルバム
ないてもアルバム


まあハイレゾだから特に何をしたというわけでもなく、どれも似たり寄ったりくらいなのかなといった印象です。


続いて、ハイレゾ版の周波数特性がどうなっているかをチェックしてみます。
CDの場合は22kHzが上限でしたが、この曲のハイレゾの場合は48kHzまでは有効な信号があることが期待できます。


スペクトログラム
泣いてもいいんだよスペクトログラム


スペアナ
泣いてもいいんだよスペアナ


30kHz以上くらいの領域で、なんだか折り返し歪のような成分がみられます。これは何なのでしょうか?
曲中でもこの成分がある部分と無い部分があるので、使われているシンセやギターのエフェクターに由来する成分かと思われます。


さて、最後に聴いた感じなのですが、私だったらこれCDの音のほうが良いなと感じました。
というのは、ハイレゾ版は確かに高域の抜けは良いのですが、そのせいか全体的な音の重心が高い方にシフトしているように感じられてしまうのです。CDのほうがベースの音が心地よくリズムに乗って聴こえるので、私ならCDのほうが良いかなと思いました。このあたりは、業界がまだCDの濁して音量優先な音作りのままであり、ハイレゾを活かしたサウンドを作るノウハウが無いのではないかと思うのですが、みなさんは聴いてみてどう感じたでしょうか?

ちなみに、ハイレゾでよかった点もひとつあります。
CDの時は最初の「言われ続け~」の部分が歪んで聴こえていたのですが(つまりこれが音圧競争のせい)、ハイレゾのほうだとこの部分が直っていました。まあこんなことでリスナーで褒められるようではダメなのですが、一応直っていたということで記しておきます。




続き
怪盗少女に盗まれた!? アルバムから一曲抜けてるももクロのハイレゾ音源




ヒゲダンスのレコードを録音したハイレゾ音源

今度はなんと! レコードを再生して板起こししたハイレゾ音源が発売されましたよwww

ヒゲ



うわあ、マスターテープなくしたらレコードからハイレゾ化かよ商魂たくましいなあwwwww

でも、総額数百万円の再生装置を使っているそうで、これらの実力がわかるとなると面白そうです。
しかも再生装置の違いで同タイトルでも2種類の音源が発売されていて、マニア心をくすぐりそうです。

ターンテーブルはTechDAS/Air Force III
トーンアームはSME/Series V

カートリッジはMy Sonic/Signature Goldのバージョンと、光電型カートリッジ DS AUDIO/DS-W2
の2種類とのことです。

光カートリッジって最近話題なので実力がどうなのか気になるところ。

検証しながら書いたツイッターをまとめましたので、こちらからご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------

ヒゲダンスのレコードを録音したハイレゾ音源でDS Audioの光電式カートリッジの限界が露わに
https://twitter.com/i/moments/997417109700329473

------------------------------------------------------------------------------

ツイートから抜粋しますが、モノ盤のスーダラ節の音源もステレオファイルで販売されていたので左右特性が揃っているか確認したところ、光電型カートリッジのほうは、左右レベル揃ってないし、周波数特性も左右でずれているようです。あとランブルノイズが酷い。

光電型カートリッジの実力ってこの程度のものなのでしょうか?
なんかエンジニアではないスキルのない人が適当に再生して録音しただけの商品だったのでしょうか?
メーカーから回答はきませんが、もしあったら追記しようと思います。

ヒゲ4


DS.png


アイリスオーヤマのLEDシーリングライトのチラツキが酷い

最近は家庭用の照明でも蛍光灯に代わりLEDライトが主流となってきました。
うちでは6年くらい前に購入した蛍光灯式のシーリングライト
KOIZUMI BHN0119D 丸形スリム蛍光灯(FHC)昼光色2灯[34形(48W)、27形(38W)
を使用していたのですが、近頃は電気代が気になっていることや、交換用の蛍光灯が一式で2000円近くと高価なこともあってLEDシーリングライトを導入してみることにしました。

機種選定をしていたところ、相場としては7000円近辺、アイリスオーヤマの製品が人気のようでした。
そこで省エネ大賞受賞したCL12D-FEIIIというモデルを購入することにしました。

アイリスオーヤマ LED シーリングライト 調光 タイプ 12畳 省エネ大賞受賞 CL12D-FEIII アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

部屋の大きさとしては8畳で、いままでは8~10畳用の器具を使っていましたが、LEDの場合は少し余裕があるほうがいいという話や、どうせ自由に調光できるのならということで余裕を持って12畳用を選択しました。


LEDシーリングライトのカバーを外してみると、このように、LEDのチップが大量についています。
アイリスLED


全体的な使用感については、やはり色味について蛍光灯より劣っていて手の色が健康的に見えないことや、リモコンの明るさを記憶できる「メモリ設定」ボタンが大きいため、せっかく設定しても間違って上書きしてしまうこと、動作中、特に常夜灯のとき本体から音がして気になるなどの細かい不満点はあったものの、明かりがチラついて安定しないという、照明器具として致命的な問題を感じたため、調査してみることにしました。

まず最初に気になったのは、この照明下でiPhoneで写真を撮ろうとした時に画面がちらつくことでした。この現象自体はフリッカーと呼ばれ、古くはインバータ式になる前の蛍光灯の頃によく問題となっていたもの。パッと見人間の目にはわかりにくいですが、電源周波数の50Hzもしくは60Hzに影響されて明かりがチカチカと点滅している現象のことをいいます。

写真撮影においてフリッカーが問題となるのは、シャッター速度が早い場合となります。試しにシャッター速度を1/320秒に設定し、この照明下で連写をしてみました。


フリッカ1


こうやってサムネイルが並んだ状態では正直、明るさの違いがわかりませんが、1枚ずつ確認してみると明るさが異なることがわかります。

フリッカ2

フリッカ3


明かりが波打っているため、このように瞬間的に明るい写真や暗い写真が撮れていると考えられます。

この現象の詳細を確認するには光センサーとオシロスコープを用意して、人間の目やカメラではわからい高速な明かりの変動を見る必要があります。今回はLEDに光を当てると発電し、光センサとして動作する作用を利用しています。

光センサ


このセンサを照明に近づけたところ、このような波形が観測されました。
100Hzフリッカ


これは照明の明るさが一定ではなく、波打っていることを示しています。周期は100Hzですので電源周波数50Hzを全波整流した時のリップル分であるとみられます。なお、完全な点滅ではなくゆらぎであるためか、このチラつき自体は私の目には特に気になりませんでした。


問題となるのはこの次の現象です。
この照明に交換した後、隣の部屋にあるレーザープリンタで印刷をすると、照明がパカパカと激しく高速点滅することに気づきました。レーザープリンタは電気を多く消費することで有名で、以前の照明でも多少のチラつきはあったのですが、このLEDシーリングライトはそんな比ではなく、このまま使用していると気分が悪くなりそうな程でした。(かつてのポケモンショック騒動を思い起こさせました)


今度は電源の電圧波形とともに、照明の明るさを観測してみます。


これはAC100V電源の電圧波形(下の黄色)と、照明器具の明るさ(上のピンク)を並べて表示したものです。
レーザー1


レーザプリンタが動作すると急激に電流が流れ、電圧降下やノイズが現れているのがわかります。
そして、それに応じて明るさが変動していることが確認できます。

特に変動をしている部分を拡大するとこうなっています。

レーザー2


レーザー3


上の画像については、電源ノイズとしては凄まじい状態ではあるものの、明るさとしては最大振幅が変わらない範囲の変動ですので、おそらく視覚上ではあまり気にならないのではと思われます。

下の画像については、電源電圧はあまり変動していないのにもかかわらず、なぜか明るさは大きく変動していることがわかります。これが周期的に何度か発生しているので、これが目障りなチラつきとなっていると考えられます。


続いては、掃除機を動作させて同様のテストをしてみました。
掃除機1

画面左寄りの部分が掃除機の電源投入時、画面中ほどが電源を切った地点となります。

掃除機の電源を切った際、何故か明かりが一瞬だけ強くなるように見えていたのが気になっていましたが、これが波形でも確認できました。その部分の拡大です。

掃除機2

掃除機が停止し、100Vの電源の電圧降下が収まるまでの流れは緩やかで微小なものであるのにもかかわらず、そのポイントで明るさの波形が激に飛びてているのがわかります。
これが不快となるチラつきの原因ではないかと思われます。
おそらくですが、スイッチング電源のフィードバックが不適切で、電源電圧が下がって明るさも下がるところを自動で持ち上げて補正、電源電圧が戻った際に、補正してかさ増ししていた光量を戻す処理が遅れているために、このようなチラつきになっているのではと想像します。






というわけで、このLEDシーリングライトが不良品なのか、もしくは設計不良なのかはわかりませんが、このまま使い続けるのは精神的な負担にもなりますので、仕方なく別のものを購入することとしました。

ちょうどツイッターでフォロワーさんが購入したものが調子よいらしいので、同じものを注文することにしました。

NEC LEDシーリングライト LIFELED'S 調色調光タイプ ~12畳 HLDCD1279 NECライティング


NEC1.png


NEC2.png


こちらは調光だけでなく調色もできる仕様となっており、2種類のLEDが互い違いについている、スペックとしては上位モデルとなるものの価格差としては1000円程度となり、入手はしやすいモデルです。

同じようにチェックしてみても、明るさの揺らぎは明らかに小さく、レーザープリンタを使用してもチラつきが気になるどころか、チラついているかもわからない程に安定していました。
NEC.png

調色ができるため、少し調整すると色味も自然で、肌色も健康的に見えます。
リモコンの「お好み」設定ボタンも記憶時は長押しなので、間違って上書きすることもありません。
これなら特に不満を持つことなく、日常的に使用できる製品になっていると感じました。

やはり照明器具は老舗メーカーのものが信頼できるのかな、とか
アイリスオーヤマのシーリングライトは人気で売れているようなのに誰も不満に思わないのかなとか
とても気になるところではあります。

ちなみに他のメーカーの製品についても気になっていたところ、知人らが家電量販店の照明売場を動画で撮影してきてくれました。
これを見る限り、

「アイリスオーヤマは軒並みダメ、HITACHIも微妙、東芝も一部ダメ、名前は通ってなくても照明メーカーのTAKIZUMI、DAIKO、KOIZUMIあたりは大丈夫っぽくて、あとはNECかパナソニックあたり買っとけば安心できそう。」

といった具合のようです。


なお、照明のチラつき症状についてはメーカーに問い合わせを入れているのですが、3日が経過した現在、返答はまだありません。
アイリスオーヤマのブランド自体は好き(特にバックルコンテナ)なので、照明器具も期待して購入したのですが、残念なところです。


※追記
LED照明器具のちらつきについては電安法で規制されていますが、これは理想的な100V電源が安定して供給されている前提のものとなっており、実際の家庭内で電圧が変動してちらつきが生じることについては規定されていません。
今回のように、電源電圧の変動に照明器具が過敏に反応してしまうケースについても考慮してもらえたらと思います。


関連ツイートまとめ
「LEDシーリングライトのフリッカについて」

終わってからでしたが参考になる良い記事をみつけました
さらば健康被害! LED照明のちらつきを簡単に測る - EDN Japan

法の“空白地帯"でLEDトラブル、札幌市: 日本経済新聞


新製品 イヤホンエージング機キット

先日、TAGO STUDIOのヘッドホンを買った際に、公式で50〜80時間エージングしないとバランスが整わないみたいなこと書いてあって、うわクソめんどくせーって思い、エージング専用のハードウェアを開発しました。


DSC_7106.jpg


DSC_7100.jpg


ご要望に応えて専用アクリルカバーも用意しました
アクリルカバー_1



例により、秋葉原 ラジオデパート内の「家電のケンちゃん」に販売委託をしていますので、店頭もしくは通販でお求めになれます。
http://www.kadenken.com/shopdetail/000000000622/ct77/page1/order/

取説
http://fixerhpa.web.fc2.com/kit_manual/index.htm


イヤホンやヘッドホンをエージングすることによる効果があるのかどうかはぶっちゃけよくわからないですが、この専用機を使うことで何百時間でも何千時間でもイヤホンを繋いで放置しておくだけでいくらでもエージングすることが可能となります。
イヤホンの稼働時間で寿命があるのかもよくわからないですが、いっそのこと使わない間はずっと音を出しておいたらどうでしょう!

回路については取説のpdfをご覧いただきたいのですが、原理としてはPSoCといわれるマイコンの一種を用いて、そのデジタルセクションで乱数発生し1bitストリーミング出力。その信号が実質的にホワイトノイズ同等のスペクトル分布となるため、これをチップの内部ルーティングでアナログセクションに入力。プログラマブルなアナログフィルタとゲインコントロールを経て、イコライザを掛けてアナログ信号を得るという構成になっています。

標準状態ですとホワイトノイズに対し高域や低域を落とした信号になっていますが、PSoCの開発環境を用意して書き換えを行うことで様々な信号を出力するように改造することができます。
取説ではこのあたりに触れていませんでしたので、開発中の写真を掲載しておきます。


PSoCの内部ルーティング(画像クリックで拡大)
psoc_block.png



実験時の様子
IMG_7996.jpg
この時は乱数発生セクションは使用せず、アナログ入出力にアナライザを接続してフィルタの特性を確認しています。



上記の回路でフィルタの定数を変更しつつ、スイープして周波数特性を観ているところ
IMG_7995.jpg



フィルタ設計画面の一例
psoc_bpf.png
スイッチトキャパシタフィルタで各パラメータを変更したときに計算上の特性および、実際に動作させたときにズレが出るような設計値の場合はその目安となるカーブも描かれます。


PSoCのプログラムはC言語となりますが、記述は初期設定などの数行となり、ほとんどは画面上のマウス操作で完成させることができますので、『理想のエージング信号の何たるか』を知っている方はプログラムを書き換えてより効果的なエージング機を完成させてみてはいかがでしょうか!!



プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク