スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスターのハイレゾ

ラブライブに対してだいぶ遅れを取っていたアイドルマスターのハイレゾがついに配信開始となりました。

アイマスのハイレゾについては2014年末の記事で

「歌モノも、いずれハイレゾ用にマスタリングした上で出すかもしれません。ただ、どういう形でファンにお届けするのがベストなのかは簡単には決まらないと考えています。」

とされていましたが、2年経過してようやく方向性が定まり、準備が整ったようです。

参考記事
<特別インタビュー>“音”から見るアイドルマスターの新たな魅力 - Phile-web


今回配信開始された各音源のデータについてはここのブログ
(アイドルマスターのハイレゾ音源のレビュー - 飴玉工房)

で詳しく公開されているので、私のほうでは試しに1曲買ってざっくり調べていきたいと思います。


購入したのはシンデレラガールズのTulip (M@STER VERSION)です。
今回の配信では楽曲によって日本コロムビアのものとランティスのものがありますが、デレマス曲については日本コロムビアとなっています。


波形やスペクトル分布はこんな感じです。
tulip3.png


tulip4.png


tulip5.png



これをざっと見て気になるところは、楽曲自体はマキシマイザーを掛けた、いわゆる海苔波形になっているわけですが、最大記録レベルの0dBFSまで振れることなく3dBものマージンが空いているというところです。

せっかく音圧を上げたのに全体のレベルを下げて入れている理由として考えられるのは、この楽曲のミキシングの段階ですでにマキシマイザーを掛けてしまっていて、信号のピーク成分を失ったマスターになってしまっていた。これに対し他の楽曲については(改心して)マキシマイザーを使うのをやめたため、これらの楽曲を並べて聴いた時に音量が揃わなくなってしまった。そこで音圧を上げてしまった楽曲のみレベルを下げて収録することにしたのではないかとみられます。

本来であれば、この空いているマージン部分にピーク成分を残すことができたはずですが、仕方なくこれが切られてしまっている状態となります。


このへんの話については以下の記事が参考になります。
ダイナミック・レンジとメータの話Studio Gyokimae
収録レベルの話Studio Gyokimae



さて、楽曲Tulipについては完成したマスター音源がすでに潰れてしまっているので仕方ないという判断になるわけですが、ゲーム内で使われている音源についてはどうなのでしょうか?

一般的にはCDやハイレゾでリリースされる音源と、テレビやゲーム内で使用される音源は同じ楽曲であっても別のミックスだったりするようです。

実は、CDでは音圧上げた海苔波形にするのが一般的になってしまっているのに対し、映像作品に使う音源なんかは海苔にしないのが普通だったりします。これは海苔波形にしてしまうとBGMやナレーションと綺麗に混ざらなくなり、素材としては使いにくいものとなってしまうという理由もあったりします。

というわけで、iOS版のデレステで再生される同楽曲の音源をPCに録音して比較してみることにしました。

tulip8.png


するとどうでしょう。ハイレゾ音源よりもゲーム内で再生される音源のほうがダイナミックレンジが広く、過剰に音が詰められていない音源であるようです。

tulip7.png


イントロの部分を拡大してみるとハイレゾ版では、音数が少ないイントロの初っ端からピークレベルが揃ってしまうほどマキシマイザが掛かっているようにみられます。一方、ゲーム実機の音源ではイントロではおとなしく、楽曲が盛り上がっていくにつれて録音レベルも上がっているのがわかります。

う~ん、CDなんかで音圧が上げられているのは本来、劣悪な再生装置や聴取環境であってもそれなりに楽曲が聞き取れるようにといわれているはずでしたが、ハイレゾ音源より、iPhoneで再生されるようなゲーム内音源のほうがレンジが広いというのは一体どういったことなのでしょうか!?

あとは実際に曲を聴いてみれば良いのですが、
周波数領域についてはハイレゾのほうが高音まで十分に出ていて良いけれど、楽曲の抑揚についてはゲームの音源のほうがリズムのメリハリがあって、音楽にのって楽しく聴こえるような感じがしませんでしょうか?

ちなみになんですが、この話をツイッターに書いた時、デレステ楽曲についてはCDより実機のほうが音質良いよなんて複数の人から聞いたので、実際にそういったことを感じている人は以前より居たようです。

このあたりはぜひ各自聴いて判断()してみてください。


まあ、毎度ながら辛口なレビューとなりましたが、このようにマージンを残した海苔波形音源がリリースされたということは、コロムビアが今後、ハイレゾ作品においては脱音圧競争をしていこうという意図とも読み取れるため、好ましい方向に向かっているともいえるのではないでしょうか?

きっと何年か先になって各社が過去に2mixでマキシマイザ掛けちゃったことを後悔する日がやってくるんじゃないかと思います。



※コロムビアのサイトに収録レベルについての但し書きがありました。

ハイレゾ用としてダイナミックレンジを広くとっておりますので、
通常のCDを聴かれる時と比べてボリュームを大きめにしてお聴きください。
アイドルマスター(THE IDOLM@STER)公式ページ|日本コロムビア|2017.02.24 News

ちなみに今回配信されたアイドルマスター作品でもランティス扱いのものは相変わらずだったらしいですよ!


音量の件については、CD音源と並べて再生したときに音量小さくて困る、なぜそうしたんだという不満をtwitterでもちらほら見かけました。
これちょっと説明が不親切だと思うんですよ。一般の人に専門用語を突きつけてもわかるわけがないので、単純に「音質を優先したため収録音量が小さくなっています」とか書けばいいのになと思いますね。

もう少し説明すると、そもそもCDの音量の大きさが異常なのです。
これはCDにおいて基準となる記録音量が定められておらず、その結果、各レコード会社がとにかく自社の曲を大きく聴こえるように録音しようと競った結果、音を大きくすることばかり優先してしまい、音質が犠牲になったのです。
では、ハイレゾ音源をリリースする時も音質を犠牲にしてCDと同じ音量にしますか? となれば理解が得られるのではないでしょうか。
もしどうしても不便だということであれば、プレーヤについている曲ごとの音量を自動で揃える機能を使ってはいかがでしょう。




関連ツイートのまとめ
「アイドルマスターのハイレゾ音源」(作成者: @fixerhpa)
https://twitter.com/i/moments/835064872744333312



スポンサーサイト

ハイレゾ感を演出!? AKB48のハイレゾ

AKB48のベストアルバム「0と1の間」が発売されたので、試しに1曲だけ買ってみました。
akbs.png

AKB48はアルバムやシングルを何枚か持っていて比較的前の曲が気に入ってるのですが、古い曲は単曲で販売していないので、フライングゲットかヘビーローテーションのどちらかにしようと検討したのですが、ヘビーローテーションは流石に音がぐちゃぐちゃな感じだったので、フライングゲットを買ってみることにしました。

聴いてみた印象は、妙に左右に音が広がっていてセンターに音が少なくてどこを向いて聴いていいのかよくわからず、落ち着かない感じでした。

そこでシングルCDのほうを聴いてみると、こちらはセンターにキックドラムやベースの音がしっかり存在していて、(決して高音質とはいえないけれど)ハイレゾと比べたら聴きやすい仕上がりになっていると感じました。

どうやらハイレゾ版は「ハイレゾ感」を演出するために左右を広げた処理を行い、低域を切ったのかなという印象です。
twitterで同じ曲を買った人のツイートを見てみると同じようなサラウンド感について書いているものがあったので、このあたりはある程度、音のわかる人には共通認識になるのかもしれません。


音声波形とスペクトル分布は以下のとおりです。

akb3s.png

波形については上がCD、下がハイレゾとなり、パット見だとハイレゾのほうが海苔で良くないと判断される人もいるかと思います。
ただ、このくらいの違いの場合、レベルとしてはせいぜい1dB未満とかですし、使っているシステムによっても出てくる誤差レベルで
あり、例えば低域を切った素材のほうがリミッターで押さえ込んだ時の不自然さが少なくなりますから、そのあたりを踏まえるとこの程度の違いは聴感に大幅な影響を与えているとはいえない範囲と考えます。

ただし、ハイレゾのリマスタリングにおいて「音圧を上げよう」という意図があったという部分については否定できないでしょう。←ここ重要


スペクトル分布
AKB4s.png

白がハイレゾで黄色がCDとなります。
こうやって比べるとやはりハイレゾのほうが低域の成分が少ないようにも見えます。

「どこを向いて聴いて良いかわからないような落ち着かない音質」の原因を考えてみると、MS処理なんかのエフェクターで音場を左右に広げたことや、低域を切ってしまったこと、またミックスダウン時にステレオ素材に対してそれなりの強さのトータルコンプを掛けた後、ハイレゾのマスタリングで低域を切ったり音場を広げたりといった大幅な改変を行ったため、不自然さが出たのかな? なんて想像したりもしています。

また、なんとなくハイレゾっぽい雰囲気をしてはいるものの、音質としては荒々しい印象があります。これは元々、いまどきの音をしたCDとして完成させるために少しずつ音を濁らせ纏めさせながら作ってきたミックスダウンに対し、途中から路線変更してハイレゾっぽく仕上げたことが原因なのかな? と考えています。
その結果、「きれいな音ではないんだけど、ひかえめのおとなしい音」というような感じに仕上がってしまったのではないかなと。

このように、元々CD用に高音圧で目立つ仕上がりを目指して作られた楽曲のリマスターの場合、こういう中途半端な「ハイレゾ感を演出したっぽい音」に仕上げるくらいなら、もっと派手なプラグインをガンガン掛けてノリノリの音に仕上げたほうが聴きごたえあって面白かったんじゃないかなーと思ったりもしました。
(追記: それをやったのがエヴァンゲリオンの残酷な天使のテーゼのハイレゾだと捉えているけど、あれはちょっとやり過ぎかな…)


そういうわけでAKB48のハイレゾですが、聴いた感想としては「CDのほうが音がいいぞ」という結論で締めくくることにします。

同様にハイレゾ化したけれど音質が微妙だった例としてはいきものがかりのハイレゾが記憶に新しいところです。
あんまり無理にハイレゾ感を演出しないで、最初からクリアで心地よいサウンドを目指して作ったら良いんじゃないでしょうか…。



さてそろそろオーディオの評論家の人のレビュー記事が出てきて

「AKB48のハイレゾは48人それぞれの歌い方の特徴がとってもよく感じられる」

なんて書いて笑わせてくれるのを期待することにしますwwww



電子工作キット販売委託先の変更のお知らせ

三月兎様の同人ハードウェア取扱い終了により、バランスヘッドホンアンプキットをはじめとした工作キットの販売店が変更となりました。

新しい販売店は秋葉原、ラジオデパート1Fにある「家電のケンちゃん」となります。
秋葉原へお越しの際はぜひお立ち寄りください。(店頭デモ機もあるよ)
ひきつづき今後ともよろしくお願いいたします。

家電のケンちゃん

同人ハード(キット),fixer 家電のケンちゃん






珈琲豆の精製方法による味の違いを試す

珈琲豆を木から収穫した後に、焙煎できる生豆の状態にするまでの精製方法にはいくつかの方式がありますが、この製法の違いを、同じ農園で作られた同じ品種の豆で比較できるサンプルを貰ったので試してみることにしました。



IMG_6491001.jpg


参考

コーヒー豆の精製方法4タイプの違いとそれぞれの風味 http://coffeestandfrank.com/blog/coffee-purification-method



ゲイシャ種 ナチュラル製法の豆

IMG_6494001.jpg




ゲイシャ種 ウォッシュド製法の豆

IMG_6495001.jpg





まずはナチュラル製法の豆から焙煎してみました。

IMG_6496001.jpg

袋から出してみるとなんとなく黄色味をおびた色をしており、酸っぱいような臭いを放っています。なんとなくカラカラとして軽い印象です。


1ハゼが12分、2ハゼが15分20秒くらい。そこで焙煎完了としました。


IMG_6497001.jpg


IMG_6501001.jpg



炒る前の酸っぱい臭い感じがそのまま風味として現れており、「ナチュラルは独特の風味が現れ、飲めばすぐナチュラルとわかります。」と書かれてるのにも納得しました。

いわれてみればこういう味のコーヒーあったなあという体験したことのあるものでしたが、今回比較したことにより、これがナチュラル製法の特長の風味だというのがよくわかりました。

ちなみに酸っぱい臭いってのはいわゆる酸味の強い珈琲みたいなのとはまた別のもので、明らかに特徴のある風味なので言われればすぐに分かると思います。

ただ、この風味は焙煎後時間が経ったり、焙煎がこれ深い場合は特徴が埋もれてわからなくなりそうな感じです。



続いてウォッシュド製法の豆を焙煎してみます。

IMG_6498001.jpg



IMG_6499001.jpg


IMG_6509001.jpg



焙煎はなるべく同条件になるように気をつけながら行いましたが、1ハゼについては同じ12分だったものの、2ハゼは16分30秒と少し長く掛かりました。これは豆の水分含有量によるものかもしれません。


ちなみに味については先ほどのような強い癖はなく、普段飲み慣れたコーヒーの味がしました。



ナチュラル製法については、あのような豆の色や臭い、そしてコーヒーもああいった風味のものを体感したことはあったのですが、それが製法の違いによるものだとは意識して考えたことがありませんでした。

今回、このような比較セットの豆を試したことで、ひとつまたコーヒーの味の違いを覚えましたとさ。



リケーブルつくるよ

前回のイヤホンケーブルの撚りかたで音が違う!? の実験結果を踏まえ、聴感上で気に入ったパターンでイヤホンケーブルを作成してみることにしました。

CwT0aIpUoAAnD_i001.jpg


採用することになった撚り方のパターンは、実はクロストークの少ないパターンではなく、クロストークする2パターンのうちの1つを採用することになりました。なんとなくてですが、クロストークの少ないパターンははっきりくっきりした感じ、クロストークするパターンは音がのっぺりと広がるものと、センター定位の歌がいい具合に前に出てくるパターンがあり、後者のものが特に印象深かったのでこれを採用しました。
CwPmW9xUkAAxDyn001.jpg

もともとバランス駆動でクロストークを減らそうと散々やってきたというのに、なぜここでクロストークするものを選択したのだという意見もありそうですが、3極ジャックのGNDの共通インピーダンスで起こるクロストークと、ケーブルが近接することにより誘導結合で発生するクロストークは性質が異なります。そこで考え方としては基本的にクロストークのない再生環境を構築した上で、エフェクターのような要素としてあえてクロストークさせてみようというわけです。


今回使用したのは4芯スターカッドタイプのマイクケーブルであるMOGAMI 2534です。これは前回使用した2549より若干細いため、このほうが取り回しが良さそうという理由です。


こんな感じで外被とシールドを取り除いて
CwPf-DTUMAAn9eZ001.jpg


デザイン上の都合で一色となるように青と透明の線を分けて撚り直します。
CwPjU5EUAAEr8bT001.jpg


CwPkpAQUsAALZ0h001.jpg



今回は、白バイのインカムに使われているとかいう頑丈さを誇る2.5mm4極プラグを入手したので、これを使ってみることにします。

CwPnytfVUAAIpvA001.jpg

メーカーサイトではこんな資料が公開されています。
http://www.to-pura.com/φ2.5%204極プラグこじり強度試験報告書.pdf



2.5mm4極プラグは小型であるため、ハウジング内が小さくまとまるように組む必要があります。各線の長さなど、十分に検討して下準備するとうまく作ることができるでしょう。

CwPr6ihVIAAB-Wm001.jpg



CwPtlCtUAAE96Xq001.jpg



はんだ付けが済んで、導通・絶縁のチェックが終わったら内部はホットボンドで固めておくと良いでしょう。
CwPxjFwUIAAbXZZ001.jpg



CwPyp3KUMAAKp8l001.jpg


分岐の部分は適当なケーブルの外被を利用して留めておきましょう。
CANARE L-4E6Sの外被を使うとちょうどいい感じです。
CwP02j-UsAAcpAt001.jpg



続いてはイヤホン側のコネクタの製作です。
今回はATH-IMシリーズ用のコネクタを使用しました。
CwTuwQmUcAAQJiv001.jpg



CwTvuP4VEAIPtcs001.jpg


コネクタを付けたら、補強用として根元にホットボンドを少し付けておくといいかも。
CwTxRyrUAAA1JPQ001.jpg


熱収縮チューブを被せ、最終的に耳掛け部分がこのようにカーブするように形作りながらヒートガンで炙っていきます。
CwTxh-iUUAAf9Qo001.jpg



CwTy6iSVEAAAAaG001.jpg



こんな感じでできあがり。
CwT0aIpUoAAnD_i001.jpg





一方、青いほうの電線はいわゆる2pinと呼ばれるタイプのイヤモニ用のコネクタをつけてみました。撚り方に関しては使用するイヤホンを使ってあらためて検討しましたが、結果としては同じ撚りパターンを採用することになりました。
CwUr7XfVIAAYqTa001.jpg



最初はXLRコネクタの仮付けで音を聴いて検討した上で、2.5mm4極プラグに交換します。
CwVJWq8UUAAV53g001.jpg
なお、撚るパターンによってはイヤホン側の長さが左右で揃わなくなっていまうため、撚り方の検討をする際はイヤホン側も仮付けの状態で行うほうが良さそうです。


以上、みなさんもイヤホンのリケーブルを作ってみてはいかがでしょうか!!



twitterにてリアルタイムで書いた記事
リケーブルつくるよ



プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。