FC2ブログ

ラウドネスメーター TC Clarity Mを個人輸入

TC Electronicから発売されているラウドネスメーター、Clarity Mを購入してみました。

claritym1.png


claritym2.png



ラウドネスレベルについて、テレビ業界ではすでに導入が完了し、番組やCMのレベル管理をラウドネスレベルで行うようになっているため、ラウドネスメーターはすでに必須の機材となっていました。

音楽業界については当ブログでも数年前より音圧競争だの海苔波形だのと揶揄しながら基準レベルを設けない無秩序な状況について指摘してまいりましたが、近年、定額配信やYoutubeによるラウドネスコントロールが導入されたこともあり、音楽制作者たちにとっても無視できない状況になっているらしく、ようやくラウドネスがーみたいな話を見かけるようになってきました。

そこで、ラウドネスレベルについて理解を深めたり、現状を把握する必要があるというわけで、ラウドネスメーターの導入に至りました。ラウドネスメーター自体はDAWのプラグインで行ったほうが手軽ではあるのですが、テレビ放送をリアルタイムでチェックしてみたり、パソコンでYoutubeやニュース動画、音楽再生をしながらラウドネスレベルをチェックするにはハードウェアのほうが便利です。

この手の画面付きのメーターというのはかつてより存在しましたが、DK-Technologiesをはじめとし、どれも何十万円もするような本格的なスタジオ向けのものばかりでした。

しかし最近、TC electronicから格安のモデルが発売されたため、思い切って購入するに至りました。
ところがどっこい、購入に関して色々面倒がありましたので、それについて記しておきたいと思います。

Clarity Mについて、現在あるモデルは2機種。5.1chサラウンド対応の「Clarity M」および、2chステレオに対応した「Clarity M Stereo」の2機種です。資料にはバージョンがV2と書かれているものがあって機能やサンプリング周波数等のスペックが異なりますが、これは無償のファームウェアのアップデートによってバージョンアップできるものです。

したがって、購入を検討する場合、サラウンドの制作を行うのでなければ下位機種の「Clarity M Stereo」で良いということになります。しかし、価格のカラクリがありますので注意してください。

まず一番の問題は、国内の価格が異常に高いことです。5.1ch対応の「Clarity M」についてはアメリカの通販サイトで299ドルくらいで販売されていますが、日本では 通常販売価格 ¥135,000(税込)→ キャンペーン価格 ¥84,672(税込) などと、数倍の値付けがされています。
一方、ステレオバージョンの「Clarity M Stereo」については、アメリカの販売店で350ドル程度と、なぜかこっちのほうが高かったりします。日本国内では、売る気がないようで、検索しても販売している気配がありません。


結論からいったら、アメリカから個人輸入すれば上位機種のほうが4万円ちょっとくらいで手に入るので買いましょうってことです。

アメリカで299ドルとか279.99ドルで売っているものをカートに入れて決済すると送料が7000円から1万円くらい。日本で受け取る段階で通関手数料と消費税(商品価格の6割に対して8%)を支払うので、合計4万円ちょっとくらいになります。

ここか
JRRshop.com TC Electronic Clarity M Stereo and 5.1 Audio Loudness Meter

ここ
TC Electronic Clarity M Audio Loudness Meter - Vintage King

あたりが日本からの購入で実績があり、Vintagekingさんは日本人スタッフも居るので、なにかあってもなんとかなると思います。
ちなみに今回は在庫の都合でJRRさんから買いました。

ここのブログも参考になります。
ラウドネスメーター、TC Electronic「Clarity M」は個人輸入がお得。半額以下で買えます。


個人輸入についてはそれなりにリスクもあって、今回は日本やアメリカ用の電源プラグが入っていなくてヨーロッパとかのへんてこなプラグだったので付属品入ってないよってことで後から送ってもらう手間とかありましたが、まあなんとかなりました。

あとは製品サポートについてです。動作についてバグらしい挙動があったので本国のメーカーサイトに英語で問い合わせたのですが、なぜか日本の代理店(日本支社?)から返事がきて、シリアル番号が日本国内流通品じゃないから知らないよみたいな返事が来てちょっと面倒だったのですが、製品の不具合についてメーカーに英語で問い合わせて個人輸入品を理由に対応しないのはおかしいだろと思ってたところ、なんだかんだで対応することになったみたいです。(ゴネ得みたいなのは嫌なんだけど、メーカー直の英語対応もしないのはメーカーとしておかしくないですかね)


ちなみにこの機材、画面がグレアパネル(光沢)なので見にくい&写真に撮りにくいことこの上ないです。
適当なカーナビやノートPC用の反射防止フィルムを貼ると改善しますので、おすすめします。
うちはこれを買って、下数ミリを切って貼り付けたのでバッチリです。

メディアカバーマーケット ハンファ HM-TL7T [7インチワイド(800x480)]機種用 【反射防止液晶保護フィルム】 メディアカバーマーケット


そんなわけで、実際の使用感とかはtwitterに書いて満足しちゃったのでそっちを検索するなりして見てほしいのですが、製品自体についてGoogle検索しても国内の情報がほとんどヒットしない(売る気がない)状態なので、こうやってブログに記しておくことにしました。
実際に購入する方などいましたら、なるべく情報は出しますのでtwitterかここのコメントで書いといてください。


スポンサーサイト

WAVES Ultramaximizer L2のボタン互換品

おなじみのマキシマイザーWAVES L2のハードウェア版のプッシュボタン(スイッチキャップ)は必ずといって良いほど割れて外れるので互換品を探してきました。

IMG_1546.jpg


割れたキャップ
IMG_1547.jpg



代わりに使えそうなのがこれ
1RBLK E-Switch Mouser 日本




左が純正、右が探してきた互換品
IMG_1548.jpg



上が純正、下が互換品
IMG_1549.jpg


並べてみると色味や形に微妙な違いがありますが、全部交換してしまえば全く違和感なく使うことができます。
スイッチを無くしてしまった人はぜひお試しください。



チップワンストップの納品トラブル

先日、チップワンストップにダイオードを発注したのですが、面倒なトラブルに巻き込まれたので記録しておきます。

注文したのはチップ部品のダイオード300個なのですが、発注後に電話が掛かってきて「検品したところ破損があったので294個で完納として良いか?」という交渉がありました。

なにか違和感がありましたし、ずいぶんストレートな交渉だとは思いつつも、300個は余裕を持った発注で特に問題ないため了承しました。

しかし、届いたものはテープが部品がポロポロこぼれ落ちるような状態で、それをセロテープで補修した商品でした。


DjFG09LUcAARW2K.jpg


DjFG09PU4AAnbv5.jpg


DjFG09NU0AEQnL-.jpg


破損した状態での納品だったため全交換するように連絡をしましたが、全数交換は不可で「不具合のあった分のみご対応」の一点張り。

こんなもの、どうやって不具合と正常品を切り分けるというのだろう。テープが細切れになってしまうではないか。それに袋から出した段階でテープがどんどん剥がれて部品がポロポロとこぼれ落ちていってしまう。

どうしても全交換はしないという対応なので、仕方なく使えそうな部分を長さで測り、150個は正常品と判断、144個を不良として代品を送るように伝えた。

そしたら今度はなぜか、144個分の請求が来て、クレジットカードで決済しないと代品を送らないという。

これはシステム上の都合とかいうけれど、不良交換で決済をさせるシステムは意味がわからない。
そんなことであれば、こちらは不良品の交換のために支払いをすることなんてシステム上できないぞw

不良交換のための支払いは行わない旨を伝えたが、それでも支払わないと代品を送らないというので放置したところ、数日後になって、支払い期限が切れたのでキャンセルという内容のメールが届いています。

こうなるともう何もかも面倒なので、2千円くらいのお金はドブに捨てたと思って、別で調達するのが良さそうです。


問題点をまとめると
1.発注数を用意できないことを了承させる交渉を気軽に送ってくる謎
2.テープが破損して部品がポロポロこぼれ落ちる商品を平気で送ってくる
3.このような状態なのに、全交換対応をしない
4.不良交換に(相殺するとはいいつつも)クレカ決済を求められる


こんなことがありましたので、気をつけて利用したほうがよさそうです。

ヘッドホンのバランス接続のメリットは何か

某所の書き込みをみていて、ついつい文章を書きたくなったので、ここにも貼っときますw


4年前にバランス接続のヘッドホンアンプキットを企画して千台以上出荷してきた立場から考えると、ヘッドホンの接続をバランス接続にすることによる音質的なメリットは、まずはクロストーク低減によるものが支配的だと感じます。

バランス接続のアンプのメリットとしてはBTLなので同じ電源電圧でより出力電力が取れるというメリットはあります。

バランス接続=ノイズ低減という短絡思考はよく見かけますが、ヘッドホンの場合は低インピーダンスの伝送路なので一切関係がありません。

アンバランス回路であっても、GNDを分離して上手に設計すれば、バランス接続の音を知っている人を満足させられるものを作ることも可能である印象です。
一方、バランス出力を備えた市販製品であっても、「バランスらしい音がしない」と一蹴される製品も存在します。
GND周りを上手に設計するのはスピーカーのアンプでも昔から常識でしたが、手抜きな製品もあります。

さて、ではバランスらしい音というのは何かという話になるかと思います。これは測定値で言われても聴感と一致させるのは難しいですから、経験をもとに感覚を共有していくしかないでしょう。

ひとつは、逆相のクロストークの少ない音かどうか。これはキックドラムの音がわかりやすいかと思います。他のパートの音に邪魔されず、キックがセンターでカッチリ鳴るかでわかるかと思います。
また、GNDに抵抗挟んで逆相のクロストークを増やしてみると、クロストークの多い時の音がどうなるかは簡単に体感することができます。

ふたつめは、クロストークが減って特性が良くなったことで、意図的なクロストークを作って音が演出できる点です。たとえば疑似サラウンドみたいなものは、演算結果をより忠実に出力できるようになります。

みっつめは、アンバランスのアンプ回路、バランスのアンプ回路それぞれに依存した特性やサウンドの特徴が好みにあうかどうかだと思います。
「真空管のアンプの音が~」みたいなのと一緒で、特性が悪くても音が好きみたいなのはありますので、バランスのアンプの音が好きならそれを選べば良いかと思います。
このあたりについては、例えばバランス接続の低域はすっきりしすぎるのでアンバランスが好みという意見もあり、その感覚は私にも分かります。

ここまで来るとあとは回路の音作りのセンスの話になりますので、裸のスペックが向上するバランスアンプにするのか、元々持ち備えたサウンドを活かすためにアンバランスアンプにするか、といった感じになるのではないでしょうか。

ともあれ、
「ユーザーは使用しているアンプがバランスかアンバランスかは一切意識せずに使うことができます」
のように、何も考えずに使っていたら気づくことも気づけないので意識して数をこなしてみてはいかがでしょう?



追記

【バランス接続の音】
「ブラジルのコーヒーの味」とか、「磯の香り」とか、「小銭が落ちた音」みたいな感じで「バランス接続の音」をイメージできるくらいの数の経験がないと「良い」「悪い」なんて単純に評価ができるわけがありません。
たまたま1台聴いただけのアンプの評価でバランス接続のすべてを語るなんてナンセンスです。
まずは10台でも100台でも聴いてみてはいかがですか。共通点があるはずです。バランス接続でないと体感できない、バランス接続に期待されるサウンドを得られなければわざわざやる意味がないです。
測れない領域は聴いて感じ取れなければ「ただ作っただけ」なのが露呈してしまいますよ。
以上です


追記

ヘッドホンの「バランス接続」FAQ

○スピーカーは「バランス入力機器」ですか?
→NO

○ヘッドフォンを4線にしてプラグも4極にしたら、それで「バランス入力」になるのですか?
→NO

スピーカーは最初から「バランス化」されているわけですか?
→NO

まず、ヘッドホンにおける「バランス」はそのようにネーミングされて呼ばれているだけであって他の用途で用いられる「バランス」とは別物であり、中にはヘッドホンの用途で「バランス」と呼ぶことを受け入れない人も居るほどです。

>スピーカーは最初から「バランス化」されているわけですか?
これについて、スピーカーユニット単独が「バランスかどうか」という観点でみるとボイスコイルの+極側と-極側がそれぞれ周囲に対して対等な関係にあるかどうかで判断できるでしょう。通常のボイスコイルで巻きはじめ側と巻終わり側それぞれを+極、-極とした場合ユニット全体からみた位置関係が異なりますから、バランスであるとは言い難いでしょう。ネットワーク回路が入った場合は、回路についても同様な観点から判断する必要があるでしょう。
※同じような巻き方であってもトランスの場合はバランス伝送に用いられる場合もあるので、
ケースバイケースで判断が分かれるところです。

ヘッドホンの場合の「バランス」はあくまでネーミングによるものなので、上記は該当しません。2問目の回答は悩ましい部分がありますが、「バランス接続対応」ではなく「バランス入力」になるかということですので、前述のスピーカー場合と同じ判断方法によりNOとしました。

つまるところ、「バランス」という用語はその用途によって解釈や効能、運用のしかたが変わっているのが現状だといえるでしょう。

以上が私の解釈です。わかりまちゅたか?

怪盗少女に盗まれた!? アルバムから一曲抜けてるももクロのハイレゾ音源

怪盗少女に盗まれた!? アルバムから一曲抜けてるももクロのハイレゾ音源



最初の配信から一週間遅れ、ももクロの数々のタイトルが配信開始されました。

まずは前回の記事をご覧ください。
ももクロのハイレゾ音源、波形を見て「泣いてもいいんだよ」


今回は音に関することはあまり触れないことにしますが、それ以外の部分で気になることが色々あったのでそちらをメインで書いていきたいと思います。


最初はまず音に関する内容です。

こちらから楽曲、「ココ☆ナツ」を試聴してみてください。
http://www.e-onkyo.com/music/album/kicm3216/

なんだか全体的にバリバリいっているように聴こえませんか?
特に「イチゴ味」の部分とか、「ビーキニー」の部分に至ってはプツッというノイズのようなものが聴こえますが、これは何なんでしょうか。twitterで確認してもらったところ、他の方々の環境でも確認ができたようです。

これも例によって音圧競争の副作用的なものかと思ったのですが、波形としてはクリップしておらず別の要因のようです。
また、過去のCDやMVでも同様な歪みが聴こえるため、今回のマスタリングによるものではないといえるでしょう。

もともと、この曲は音が良い印象があったので、自分もいまになって問題に気づいてしまいショックを受けています…。



さて、ここからは音に関すること以外についてです。



■info欄空欄音源

これについては過去に他のハイレゾ音源についても口酸っぱく指摘しているものです。
ハイレゾ音源の商品説明欄が白紙状態の音源がしばしば見られます。

バトル アンド ロマンス - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

info欄

この欄はエンジニアが誰であるとか、いつ発売されたアルバムであるとか、それ以外にも音楽のアピールポイントが書かれていたりするものですが、この欄に何も書かれていない音源がしばしばあるのです。売る気がないのでしょうか。よって、この欄に何も書かれていない音源はおすすめしません。



■曲名表記の違い

5TH DIMENSION - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】


ここの曲名を見ていて何か違和感はなかったでしょうか?


これですね。
birth0.png


Tr.9の曲はCD等では「BIRTH Ø BIRTH」と書かれているのですが、この音源では「BIRTH 0 BIRTH」となっており、「Ø」ではなく数字の0(ゼロ)となっています。なぜなんでしょう?
もしかするとタイトルに特殊な文字を用いることを避けたのかもしれません。これはe-onkyo、mora両方ともそうなっていました。



しかし、試しにiTunes Storeをみると正規の表記となっています。
birth.png



Amazon Musicではどうでしょう?
birthO



こちらではアルファベットの「O」となっています。あちこちでバラバラですね。
ちなみに曲の読み方としては「バース オー バース」となるそうです。
Øだったり0だったりOだったり、なんでもいいんですかねー




■アルバムの曲が一曲抜けている

これが一番重要です。

バトル アンド ロマンス - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】


このアルバムには「行くぜっ!怪盗少女」が入っているはずなのですが、なぜか抜けているんですよ。


バトルアンドロマンス


IMG_0487.jpg


ご覧の通り、10曲目の「行くぜっ!怪盗少女」が何もなかったかのように削除されています。
しかもinfo欄は空欄で、注意書きもなく、なぜ曲がないのかわかりません。

「オレンジノート」→「行くぜっ!怪盗少女」→「スターダストセレナーデ」と続くのがこのアルバム「バトルアンドロマンス」の良いところなのですが、曲が抜けてしまってはハイレゾを買ってもCDと同じアルバムとして楽しむことができません。


この件について詳しい人によるとハイレゾ等の配信音源においてこのように無断で曲が抜けている事例はよくあることのようです。
理由は原盤権によることが主なようで、今回も「行くぜっ!怪盗少女」のバージョンによって原盤権の所有者が異なるので収録できなかったのではないかという話がありました。
確かに同曲はメンバー6人の頃の初期のものや、5人への変更バージョンがあったりします。6人のバージョンは他のハイレゾのアルバムに収録されていますし、そのあたりの事情なんでしょうか。

でも、リスナーにとってはそんな裏事情じみたことはどうでもいいことです。
同じタイトルのアルバムなのに、黙って一曲抜いて、あたかも同じ物のように売るのはいかがなものでしょうか。
こういったことがまかり通っているのであれば、ハイレゾを始めとした配信音源の購入は避け、CDで買うようにしたほうが間違いないともいえるでしょう。



※追記

2018.5.31 11:11現在
e-onkyoのみ、音源に関する注意書き
「※デジタル商品はCDとは収録内容が異なります」が追記されました。
こういう時e-onkyoは仕事はやいんですよね

2018.6.1 10:07現在
一日経過しましたが、アルバムから曲が抜けていることを示唆する注意書きがなされたのはe-onkyoのみで、他の配信サイトは依然として情報欄が空欄のままです。これらの配信会社は曲が抜けていてCDと異なっていても明記しない方針のようです。

info欄修正


----------------------------------------------

info欄mora


----------------------------------------------

info欄ototo


----------------------------------------------

info欄groovers
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク