新製品 イヤホンエージング機キット

先日、TAGO STUDIOのヘッドホンを買った際に、公式で50〜80時間エージングしないとバランスが整わないみたいなこと書いてあって、うわクソめんどくせーって思い、エージング専用のハードウェアを開発しました。


DSC_7106.jpg


DSC_7100.jpg


ご要望に応えて専用アクリルカバーも用意しました
アクリルカバー_1



例により、秋葉原 ラジオデパート内の「家電のケンちゃん」に販売委託をしていますので、店頭もしくは通販でお求めになれます。
http://www.kadenken.com/shopdetail/000000000622/ct77/page1/order/

取説
http://fixerhpa.web.fc2.com/kit_manual/index.htm


イヤホンやヘッドホンをエージングすることによる効果があるのかどうかはぶっちゃけよくわからないですが、この専用機を使うことで何百時間でも何千時間でもイヤホンを繋いで放置しておくだけでいくらでもエージングすることが可能となります。
イヤホンの稼働時間で寿命があるのかもよくわからないですが、いっそのこと使わない間はずっと音を出しておいたらどうでしょう!

回路については取説のpdfをご覧いただきたいのですが、原理としてはPSoCといわれるマイコンの一種を用いて、そのデジタルセクションで乱数発生し1bitストリーミング出力。その信号が実質的にホワイトノイズ同等のスペクトル分布となるため、これをチップの内部ルーティングでアナログセクションに入力。プログラマブルなアナログフィルタとゲインコントロールを経て、イコライザを掛けてアナログ信号を得るという構成になっています。

標準状態ですとホワイトノイズに対し高域や低域を落とした信号になっていますが、PSoCの開発環境を用意して書き換えを行うことで様々な信号を出力するように改造することができます。
取説ではこのあたりに触れていませんでしたので、開発中の写真を掲載しておきます。


PSoCの内部ルーティング(画像クリックで拡大)
psoc_block.png



実験時の様子
IMG_7996.jpg
この時は乱数発生セクションは使用せず、アナログ入出力にアナライザを接続してフィルタの特性を確認しています。



上記の回路でフィルタの定数を変更しつつ、スイープして周波数特性を観ているところ
IMG_7995.jpg



フィルタ設計画面の一例
psoc_bpf.png
スイッチトキャパシタフィルタで各パラメータを変更したときに計算上の特性および、実際に動作させたときにズレが出るような設計値の場合はその目安となるカーブも描かれます。


PSoCのプログラムはC言語となりますが、記述は初期設定などの数行となり、ほとんどは画面上のマウス操作で完成させることができますので、『理想のエージング信号の何たるか』を知っている方はプログラムを書き換えてより効果的なエージング機を完成させてみてはいかがでしょうか!!



スポンサーサイト

2.5mm4極プラグの耐熱樹脂品

2.5mm4極プラグのはんだ付けは小さいし、手早くハンダしないと樹脂が溶けてダメになるといわれていますが、トープラ販売のプラグは耐熱樹脂ということだったので、もらったやつ1個犠牲になってもらって実験してみました。
いつも手早くやっているので、あまり耐熱効果を感じることはなかったのですが、鉛フリーハンダでこれだけこねくり回しても、少し溶けてしまったとはいえ何とか使える状態を維持してそうなので、メリットはありそうです。




アイドルマスターのハイレゾ

ラブライブに対してだいぶ遅れを取っていたアイドルマスターのハイレゾがついに配信開始となりました。

アイマスのハイレゾについては2014年末の記事で

「歌モノも、いずれハイレゾ用にマスタリングした上で出すかもしれません。ただ、どういう形でファンにお届けするのがベストなのかは簡単には決まらないと考えています。」

とされていましたが、2年経過してようやく方向性が定まり、準備が整ったようです。

参考記事
<特別インタビュー>“音”から見るアイドルマスターの新たな魅力 - Phile-web


今回配信開始された各音源のデータについてはここのブログ
(アイドルマスターのハイレゾ音源のレビュー - 飴玉工房)

で詳しく公開されているので、私のほうでは試しに1曲買ってざっくり調べていきたいと思います。


購入したのはシンデレラガールズのTulip (M@STER VERSION)です。
今回の配信では楽曲によって日本コロムビアのものとランティスのものがありますが、デレマス曲については日本コロムビアとなっています。


波形やスペクトル分布はこんな感じです。
tulip3.png


tulip4.png


tulip5.png



これをざっと見て気になるところは、楽曲自体はマキシマイザーを掛けた、いわゆる海苔波形になっているわけですが、最大記録レベルの0dBFSまで振れることなく3dBものマージンが空いているというところです。

せっかく音圧を上げたのに全体のレベルを下げて入れている理由として考えられるのは、この楽曲のミキシングの段階ですでにマキシマイザーを掛けてしまっていて、信号のピーク成分を失ったマスターになってしまっていた。これに対し他の楽曲については(改心して)マキシマイザーを使うのをやめたため、これらの楽曲を並べて聴いた時に音量が揃わなくなってしまった。そこで音圧を上げてしまった楽曲のみレベルを下げて収録することにしたのではないかとみられます。

本来であれば、この空いているマージン部分にピーク成分を残すことができたはずですが、仕方なくこれが切られてしまっている状態となります。


このへんの話については以下の記事が参考になります。
ダイナミック・レンジとメータの話Studio Gyokimae
収録レベルの話Studio Gyokimae



さて、楽曲Tulipについては完成したマスター音源がすでに潰れてしまっているので仕方ないという判断になるわけですが、ゲーム内で使われている音源についてはどうなのでしょうか?

一般的にはCDやハイレゾでリリースされる音源と、テレビやゲーム内で使用される音源は同じ楽曲であっても別のミックスだったりするようです。

実は、CDでは音圧上げた海苔波形にするのが一般的になってしまっているのに対し、映像作品に使う音源なんかは海苔にしないのが普通だったりします。これは海苔波形にしてしまうとBGMやナレーションと綺麗に混ざらなくなり、素材としては使いにくいものとなってしまうという理由もあったりします。

というわけで、iOS版のデレステで再生される同楽曲の音源をPCに録音して比較してみることにしました。

tulip8.png


するとどうでしょう。ハイレゾ音源よりもゲーム内で再生される音源のほうがダイナミックレンジが広く、過剰に音が詰められていない音源であるようです。

tulip7.png


イントロの部分を拡大してみるとハイレゾ版では、音数が少ないイントロの初っ端からピークレベルが揃ってしまうほどマキシマイザが掛かっているようにみられます。一方、ゲーム実機の音源ではイントロではおとなしく、楽曲が盛り上がっていくにつれて録音レベルも上がっているのがわかります。

う~ん、CDなんかで音圧が上げられているのは本来、劣悪な再生装置や聴取環境であってもそれなりに楽曲が聞き取れるようにといわれているはずでしたが、ハイレゾ音源より、iPhoneで再生されるようなゲーム内音源のほうがレンジが広いというのは一体どういったことなのでしょうか!?

あとは実際に曲を聴いてみれば良いのですが、
周波数領域についてはハイレゾのほうが高音まで十分に出ていて良いけれど、楽曲の抑揚についてはゲームの音源のほうがリズムのメリハリがあって、音楽にのって楽しく聴こえるような感じがしませんでしょうか?

ちなみになんですが、この話をツイッターに書いた時、デレステ楽曲についてはCDより実機のほうが音質良いよなんて複数の人から聞いたので、実際にそういったことを感じている人は以前より居たようです。

このあたりはぜひ各自聴いて判断()してみてください。


まあ、毎度ながら辛口なレビューとなりましたが、このようにマージンを残した海苔波形音源がリリースされたということは、コロムビアが今後、ハイレゾ作品においては脱音圧競争をしていこうという意図とも読み取れるため、好ましい方向に向かっているともいえるのではないでしょうか?

きっと何年か先になって各社が過去に2mixでマキシマイザ掛けちゃったことを後悔する日がやってくるんじゃないかと思います。



※コロムビアのサイトに収録レベルについての但し書きがありました。

ハイレゾ用としてダイナミックレンジを広くとっておりますので、
通常のCDを聴かれる時と比べてボリュームを大きめにしてお聴きください。
アイドルマスター(THE IDOLM@STER)公式ページ|日本コロムビア|2017.02.24 News

ちなみに今回配信されたアイドルマスター作品でもランティス扱いのものは相変わらずだったらしいですよ!


音量の件については、CD音源と並べて再生したときに音量小さくて困る、なぜそうしたんだという不満をtwitterでもちらほら見かけました。
これちょっと説明が不親切だと思うんですよ。一般の人に専門用語を突きつけてもわかるわけがないので、単純に「音質を優先したため収録音量が小さくなっています」とか書けばいいのになと思いますね。

もう少し説明すると、そもそもCDの音量の大きさが異常なのです。
これはCDにおいて基準となる記録音量が定められておらず、その結果、各レコード会社がとにかく自社の曲を大きく聴こえるように録音しようと競った結果、音を大きくすることばかり優先してしまい、音質が犠牲になったのです。
では、ハイレゾ音源をリリースする時も音質を犠牲にしてCDと同じ音量にしますか? となれば理解が得られるのではないでしょうか。
もしどうしても不便だということであれば、プレーヤについている曲ごとの音量を自動で揃える機能を使ってはいかがでしょう。




関連ツイートのまとめ
「アイドルマスターのハイレゾ音源」(作成者: @fixerhpa)
https://twitter.com/i/moments/835064872744333312



ハイレゾ感を演出!? AKB48のハイレゾ

AKB48のベストアルバム「0と1の間」が発売されたので、試しに1曲だけ買ってみました。
akbs.png

AKB48はアルバムやシングルを何枚か持っていて比較的前の曲が気に入ってるのですが、古い曲は単曲で販売していないので、フライングゲットかヘビーローテーションのどちらかにしようと検討したのですが、ヘビーローテーションは流石に音がぐちゃぐちゃな感じだったので、フライングゲットを買ってみることにしました。

聴いてみた印象は、妙に左右に音が広がっていてセンターに音が少なくてどこを向いて聴いていいのかよくわからず、落ち着かない感じでした。

そこでシングルCDのほうを聴いてみると、こちらはセンターにキックドラムやベースの音がしっかり存在していて、(決して高音質とはいえないけれど)ハイレゾと比べたら聴きやすい仕上がりになっていると感じました。

どうやらハイレゾ版は「ハイレゾ感」を演出するために左右を広げた処理を行い、低域を切ったのかなという印象です。
twitterで同じ曲を買った人のツイートを見てみると同じようなサラウンド感について書いているものがあったので、このあたりはある程度、音のわかる人には共通認識になるのかもしれません。


音声波形とスペクトル分布は以下のとおりです。

akb3s.png

波形については上がCD、下がハイレゾとなり、パット見だとハイレゾのほうが海苔で良くないと判断される人もいるかと思います。
ただ、このくらいの違いの場合、レベルとしてはせいぜい1dB未満とかですし、使っているシステムによっても出てくる誤差レベルで
あり、例えば低域を切った素材のほうがリミッターで押さえ込んだ時の不自然さが少なくなりますから、そのあたりを踏まえるとこの程度の違いは聴感に大幅な影響を与えているとはいえない範囲と考えます。

ただし、ハイレゾのリマスタリングにおいて「音圧を上げよう」という意図があったという部分については否定できないでしょう。←ここ重要


スペクトル分布
AKB4s.png

白がハイレゾで黄色がCDとなります。
こうやって比べるとやはりハイレゾのほうが低域の成分が少ないようにも見えます。

「どこを向いて聴いて良いかわからないような落ち着かない音質」の原因を考えてみると、MS処理なんかのエフェクターで音場を左右に広げたことや、低域を切ってしまったこと、またミックスダウン時にステレオ素材に対してそれなりの強さのトータルコンプを掛けた後、ハイレゾのマスタリングで低域を切ったり音場を広げたりといった大幅な改変を行ったため、不自然さが出たのかな? なんて想像したりもしています。

また、なんとなくハイレゾっぽい雰囲気をしてはいるものの、音質としては荒々しい印象があります。これは元々、いまどきの音をしたCDとして完成させるために少しずつ音を濁らせ纏めさせながら作ってきたミックスダウンに対し、途中から路線変更してハイレゾっぽく仕上げたことが原因なのかな? と考えています。
その結果、「きれいな音ではないんだけど、ひかえめのおとなしい音」というような感じに仕上がってしまったのではないかなと。

このように、元々CD用に高音圧で目立つ仕上がりを目指して作られた楽曲のリマスターの場合、こういう中途半端な「ハイレゾ感を演出したっぽい音」に仕上げるくらいなら、もっと派手なプラグインをガンガン掛けてノリノリの音に仕上げたほうが聴きごたえあって面白かったんじゃないかなーと思ったりもしました。
(追記: それをやったのがエヴァンゲリオンの残酷な天使のテーゼのハイレゾだと捉えているけど、あれはちょっとやり過ぎかな…)


そういうわけでAKB48のハイレゾですが、聴いた感想としては「CDのほうが音がいいぞ」という結論で締めくくることにします。

同様にハイレゾ化したけれど音質が微妙だった例としてはいきものがかりのハイレゾが記憶に新しいところです。
あんまり無理にハイレゾ感を演出しないで、最初からクリアで心地よいサウンドを目指して作ったら良いんじゃないでしょうか…。



さてそろそろオーディオの評論家の人のレビュー記事が出てきて

「AKB48のハイレゾは48人それぞれの歌い方の特徴がとってもよく感じられる」

なんて書いて笑わせてくれるのを期待することにしますwwww



電子工作キット販売委託先の変更のお知らせ

三月兎様の同人ハードウェア取扱い終了により、バランスヘッドホンアンプキットをはじめとした工作キットの販売店が変更となりました。

新しい販売店は秋葉原、ラジオデパート1Fにある「家電のケンちゃん」となります。
秋葉原へお越しの際はぜひお立ち寄りください。(店頭デモ機もあるよ)
ひきつづき今後ともよろしくお願いいたします。

家電のケンちゃん

同人ハード(キット),fixer 家電のケンちゃん






プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク