スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頒布中のキット一覧

秋葉原の三月兎2号店様で委託販売しているバランスヘッドホンアンプキット関連の一覧です。
数が多くなってきましたので現段階で頒布しているものをまとめておきます。

※通販はこちらをご利用ください。
http://www.march-rabbit.jp/index.php?main_page=advanced_search_result&search_in_description=1&keyword=fixer&x=0&y=0" target="_blank" title="http://www.march-rabbit.jp/index.php?main_page=advanced_search_result&search_in_description=1&keyword=fixer&x=0&y=0

http://www.3-get.com/index.php?main_page=advanced_search_result&search_in_description=1&keyword=fixer



委託販売は秋葉原 ラジオデパート内 家電のケンちゃん に変更となりました。
http://www.kadenken.com/shopbrand/ct77/



※各キットの取扱説明書はこちらでご覧いただけます。



-----------------------------------------------------------------------------------
■バランス駆動ヘッドホンアンプキット「僕はクロストークが少ない」
-----------------------------------------------------------------------------------
bokukuro_2_fix.jpg

近年の高級オーディオ機器で流行りつつあるヘッドホンの「バランス駆動」

通常のヘッドホン接続では3極のプラグを用いて左右のユニットのGNDがまとめられています。
このため左右の音が干渉(クロストーク)して音の空間的な表現が濁ってしまいます。
「僕はクロストークが少ない(僕クロ)」はヘッドホンやイヤホンのバランス駆動を手軽に体験できるようにと開発されました。




-----------------------------------------------------------------------------------
■「僕はクロストークが少ない」交換用オペアンプ OPA4134変換基板つき
-----------------------------------------------------------------------------------
OPA4134_2015012918355427c.jpg

バランス駆動ヘッドホンアンプキット「僕はクロストークが少ない」の交換オペアンプです。
変換基板実装済みで簡単にOPA4134に交換可能です。




-----------------------------------------------------------------------------------
■「僕はクロストークが少ない」用 2回路オペアンプ変換基板
-----------------------------------------------------------------------------------
僕クロ変換基板

“僕クロ” に2回路オペアンプを装着する変換基板です。
僕クロでは4回路入りのオペアンプを採用していますが、本基板を用いることで2回路入りオペアンプを変換して使うことができます。

2回路入りオペアンプはオーディオ用としてもラインナップが充実しているので、色々なオペアンプと交換して楽しむことができます。
変換基板を使って、ぜひお好みの音色のオペアンプを見つけてください。

本商品は基板のみとなります。基板上の部品は別途ご用意ください。
使用するオペアンプについては各自検討してください。




-----------------------------------------------------------------------------------
■「僕はクロストークが少ない」用 SOPオペアンプ変換基板 2枚入
-----------------------------------------------------------------------------------
僕クロSOP変換基板

“僕クロ” に面実装SOP8ピンの2回路オペアンプを装着する変換基板です。
近年のオペアンプではDIP品のラインナップの無いものがありますが、本基板を用いることで変換して装着することができます。
面実装のオーディオ用オペアンプや、低電圧対応オペアンプのテストにも適しています。

本商品は基板のみとなります。基板上の部品は別途ご用意ください。
使用するオペアンプについては各自検討してください。




-----------------------------------------------------------------------------------
■バランス出力専用設計ヘッドホンアンプキットでありやす!
-----------------------------------------------------------------------------------
ありやす組立例

電流バッファ LME49600 ×4 使用 DCサーボ回路搭載した、とにかくスペック重視のヘッドホンアンプです。
ヘッドホンはもちろん、低インピーダンスで高感度のインイヤーモニター(IEM)やカナル型イヤホンまでも確実に駆動することを目的としました。
シングルエンド(アンバランス)出力を除外することでバランス駆動に特化した回路設計を実現し、性能向上を図っています。

※本キットの他に、別途用意が必要なパーツがあります。ご確認の上、お求めください。

※写真は組立例となります。基板やパーツの外観等は変更となる場合があります。




-----------------------------------------------------------------------------------
■「バランスヘッドホンアンプキット ありやす!」用 許容差 ±0.1% 精密抵抗セット
-----------------------------------------------------------------------------------
ありやす抵抗セット

“バランス出力専用設計ヘッドホンアンプキットでありやす!”では金属皮膜抵抗の許容差1%タイプを採用しておりますが、
さらに性能を求める方のためのオプション抵抗セットとなります。

抵抗の精度を高めることで、左右チャンネル間のゲイン誤差を最小限まで抑えこみ、同相信号除去比(CMRR)を高め、バランス伝送におけるノイズ除去性能をアップさせることができます。

許容差0.1%の抵抗は一般的に入手が難しいため、必要なものをセットとしてご用意しました。
抵抗はTE Connectivity社のタイプRシリーズとなります。
調達が困難になった場合、販売終了となります。




-----------------------------------------------------------------------------------
■バランス駆動ヘッドホンアンプキット「キチクロZ」
-----------------------------------------------------------------------------------
キチクロZ組立例

250mA出力の大電流バッファを4基用いたバランス駆動ヘッドホンアンプのキットです。
据置型アンプの「ありやす」をポタアンサイズにという要望に応えるべく、バランスアンプ回路を小型基板へキチキチに詰め込みました。

今回はヘッドホンやイヤホンをただ忠実に駆動するだけではなく、バランス駆動ならではの音作りに挑戦。クロストークの絶妙コントロールによる空間表現をお楽しみください。
なお、DCサーボのオペアンプを交換することで通常の音質にも変更できます。

※基板上のパーツとしてLME49600 ×4個を別途ご用意ください。

※写真は組立例となります。基板やパーツの外観等は変更となる場合があります。

製作にはチップ部品の面実装のスキルが必要となり、かなり上級者向けのキットなります。
ご自身の腕と相談の上、チャレンジしてください。
基板上にチップ部品のハンダ付け練習用エリアも設けています。




-----------------------------------------------------------------------------------
■ベタGND vs 一点GND 音質比較用プリント基板セット
-----------------------------------------------------------------------------------
音質比較用プリント基板セット

「噂のヘッドホンアンプ基板」と同一の構成で、パターン設計の異なる基板を2種類セットにしました。
オーディオ機器は回路や部品が同一であっても、基板の配線の引き回しによって音質や性能が変わるといわれています。本商品を組み立てることで実際にこれを体感することが出来ます。
パターン設計による音の傾向を実感し、オーディオ機器の自作のノウハウとしてお役立てください。

本商品は基板のみとなります。基板上の部品などは別途、ご用意ください。




-----------------------------------------------------------------------------------
■切る前に… イヤホン3線4線占いキット
-----------------------------------------------------------------------------------
3wirechecker.jpg

イヤホンやヘッドホンをバランス駆動に対応させるためには、ケーブルを切断して4極コネクタにする改造が必要です。
もしこの時、ケーブルが3線だった場合は丸ごとケーブルを交換する必要があり、少し手間のかかる作業となります。

そこで、イヤホンのケーブルを切ってしまう前に3線(3芯)なのか4線(4芯)なのかを推測する判定器を開発しました。

イヤホンのケーブル切断に躊躇うようなことがあれば、ぜひ本機をお役立てください。





各キットともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キチクロzチップ抵抗

fixerさま、キチクロZ組み立て中、1MΩのチップ抵抗紛失してしまいました。
マルツパーツの1608 1MΩチップ抵抗で大丈夫ですか?

こんにちは
キットをお求めいただきありがとうございます。
1MΩについてはマルツで扱っているような汎用のもので全く問題ないので、これで組み立ててみてください。
よろしくお願いします。

No title

返信ありがとうございます。
早速購入します。
どんな音になるのか楽しみです。

No title

キチクロZ入手しました。とりあえず本体は組み上がり、あとはケースに入れれば。ところで三月兎で展示してあるものは基板をどうやって固定しているのですか。ジュラコン(ナイロンかも)のネジを使ってあるようですが、裏面はフラットでネジが出ていないような・・・。

No title

tochi さま

キットご購入ありがとうございます。
展示機のケースですが、これは六角スペーサを使って、ケース側は皿ネジを使って頭が出ないようにしています。
ケースの厚さが足りないのでワッシャーを挟んで対応しています。
参考にしてください。

ありやすの低音

はじめまして。
ありやすのキットを組み立てました。
今まで数多くのアンプを聞いてきましたが一聴してわかる立体感、解像度、分解能にただただ驚くばかりでした。
ただひとつだけ期気になるのが低音が薄いかなと思います。
抵抗やコンデンサの容量変更で低音の量感を増やすことはできないでしょうか?
宜しくお願い致します。

No title

くりかつ 様

キットをお求めくださり有難うございます。
そうですね、バランス化で全体がすっきりすることにより低域が薄く感じることはあるかもしれません。


ただし、聴感を含めて現在の形に仕上げてはありますので、
そういった場合にアンプの変更で対応するのは望ましいかというと
なにともいえません。

もし試すのであれば、

・C3、C5あたりの計8個のコンデンサを変更
フィルムだけで容量の大きいものにしてみるなど

・電源の電解コンデンサを変更 OSコン等にしてみる

・オペアンプを変更、バーブラウンのもの等

あたりを試してみてはいかがでしょうか。

なにか良い組み合わせが見つかったらお知らせください。

色々試しました

管理人様

承認待ちとなっていましたが編集のところから誰でも見る事ができるのですね。
その後コンデンサ、オペアンプ等試してみましたが違いがわかりませんでした。
しかし聴き比べをしているうちに劇的な変化をしたものがあります。
オペアンプの聴き比べをするために左右のチャンネル片方でヘッドホンのLRの2つのドライバーを鳴らしてみたところ劇的に変化しました。
具体的にはLの出力をヘッドホンのLRに並列で接続してLの出力だけで2つのドライバーを鳴らしています。これだとオペアンプの違いが分かり易いためにこのような接続を思いつきました。
1つの出力からパラで2つのドライバーを鳴らすと劇的に低音寄りにシフトし、ud503やdsdha2と遜色無い音が出ています。
しかしながら当然ステレオのLチャンネルをヘッドホンのLRに分配するので音源の片方しか聞く事ができません。
2つのヘッドホンをパラで繋いで4つのドライバーを同時に鳴らしても同じことかと思いましたが、その方法だと音が変わりません。
何故か1つの出力を分配して1つのヘッドホンのLRを鳴らしてやると低音寄りになるのです。
ただ低音寄りになるだけでなく深くて締まった低音でどストライクです。

わかりにくい説明かとは思いますが、この低音を再現して常用できるような方法は無いでしょうか?

No title

返信の承認の件、失礼しました。
どうやら管理者が投稿した場合に、投稿の通知は来ないが、承認はしないといけないような動作になっていたようです。

低音の件はこういった話になってくると理論で解決するのが難しい領域になってきます。
なので、ある程度の予想はしつつ、ひたすら色々な方法を試すしかないと思います。

パッと思いつくのは各所の470μFのコンデンサを減らしたり増やしたりする組み合わせをひたすら試すとか、あとは片方のchを入出力ともホットとコールドを入れ替えるのを試してみてどうでしょうか。

実際、キットを試作するような時はそういうことをひたすら実験して音を決めています。

No title

たとえばこんな感じで
https://twitter.com/fixerhpa/status/854575089219588096
C31にOSコン100μパラ、場合によってはこれに加えてC13のところに470μF追加とかどうですか?

No title

管理人様

コンデンサの容量や入出力も変えてみたのですけど片側チャンネルで二つのドライバーを鳴らした時の音にはなりませんでした。
ありやすのすっきり高解像度で独特の音場なのでこれはこれということで楽しんでいこうと思います。
色々とアドバイスありがとうございました。

キチクロZも再販売したら是非とも組み立ててみたいので楽しみにしております。

No title

色々試してくださり有難うございます。

1chのみ使ってパラ接続も試して低域の印象は把握したのですが、
モノラルの状態ですと何ともいえない部分があるので、さらに追求
するとなれば2台組んで…の流れになるかと思います。
このあたりの領域はほんとに誤差みたいな部分で変わってくるので
別の回路で同じ音を出そうとするのは難易度が高いと思います。

キチクロZは最もサウンドに個性がありますが、もし好みにあえばこれが一番いいかと思います。お試しください。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。