スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五拾八話 せめて、58らしく

どうやら限りなく模造品の可能性が高いSHURE BETA58Aですが、
やっぱ音が悪いというか、本物のBETA58Aの音を知らないのもあるものの手持ちの58と比べると高域寄りで荒々しい感じの音がしてパッとしないんです。いろいろ弄った後に本物の58の音を聴くと安心します。

そこで、2本を聴き比べながらEQを掛けて、音が近くなるように調整してみました。
すると、高域を抑えることと、低域を若干持ち上げることがポイントのようです。

IMG_0553.jpg


そこで、なんとか簡単な改造で音を近づけられないかと試行錯誤した結果がこれです。
IMG_0566.jpg

pin2-3間に1μFのフィルムコンデンサと470Ωの抵抗を直列にしたものを挿入します。
※実験のため外付けにしていますが、最終的にはグリップ内に収めると良いでしょう。
また、タッチノイズが多めなので、グリップ内にホットボンド等を充填してみようか考えています。



定数はひたすら比較試聴をして追い込んだものです。
こうすることにより、低域は残したまま中高域をなだらかに抑えこむことが可能となり、58の音に近づけることができます。

ちなみに各々のインピーダンス測定結果は次のとおり。

sm58.jpg


beta58aぽいの


beta58aぽいのfilter


58は300Ω @1kHzに対して、BETA58ぽいのは630Ωと、可聴域全般で高めです。

BETA58Aの公称インピーダンスは150Ωなので、明らかに高いです。
無印58は内部のトランスで巻数比4倍くらいで昇圧しているので、こちらも本来ならダイヤフラムのコイルはもっと巻き数を少なくし、トランスで昇圧しているのではないかと考えます。
だとするとトランスを省略するためなどの理由で巻数を変更しているということでしょうか。

改造後では1μFのコンデンサを経て470Ωで負荷がかかりますので、インピーダンスについても中高域での低下がみられます。
可聴外のインピーダンスは高いより低いほうがノイズ面では有利でしょうから、これで大丈夫でしょう。


ニセモノの使用を奨励するわけではありませんが、運悪く入手してしまってお困りの方は試してみてはどうでしょう。
スポンサーサイト

SHURE BETA 58Aみたいなもの

IMG_0558.jpg



IMG_0547.jpg



IMG_0550.jpg



IMG_0560.jpg



IMG_0556.jpg



IMG_0551.jpg



IMG_0554.jpg



IMG_0555.jpg

Stereo誌 5月号 LXU-OT2 カスタマイズ報告会

今日発売のStereo誌5月号でLXU-OT2のカスタマイズコンテストと称して73名の作例が紹介されています。

みんな色々工夫していて凄いなーと思いました。
やはり一番はレゴかな。見た瞬間吹きました。これは賞もらって当然だなって感じでした。
やっぱこういうのが誌面映えして楽しいですね。

一応、私のも掲載してもらうことができました。
だいぶ好き勝手やらせてもらったので、そんな上で応募するのもマズいかなと思ったのですが、
Stereo編集部さんの寛大な対応に感謝します。

文章は削れるように多めに送ったのですが、ほぼリライトはなく元のニュアンスのまま掲載されています。
73人分の編集、大変だったろうなー。



それでは最後にフォトギャラリーを紹介して締めくくろうかと思います。

50話以上に渡ってブログ記事にお付き合いいただきありがとうございました。


-delta_luxman_20130419153326.jpg


-delta_luxman2.jpg


-delta_lux<br />man3.jpg


鳴らないピー音1


DSC_2881.jpg


ライン_2


DQ4.jpg


DQ5.jpg


DSC_2641s_20130419153550.jpg


DSC_2650s_20130419153550.jpg


DSC_2658_20130419153550.jpg


DSC_2680_20130419153549.jpg


IMG_0315.jpg


IMG_0240_20130419153731.jpg


LXU-OT2_cs2_20130419153807.jpg


DSC_3052_20130419153732.jpg


DSC_3065_20130419153732.jpg


DSC_3104.jpg


YAMAHA 01V96 くぱぁ!

今日のお客様はYAMAHAのデジタルミキサー 01V96です。

IMG_0522.jpg

症状は出力にノイズが出るとのこと。
チェックしてみると、もう音がグジャグジャで酷いもんです。デジタル絡み??

早速くぱぁしました。

IMG_0513.jpg



デカものはやっぱりメンテ大変です。コネクタ延長する治具とか支えの金具が欲しいところなのですが、
1台だけなのでなんとか頑張ります。


故障診断については以下の手順で行いました。


・アナログ入力に音声入れて、出力音声をチェック
→入力音声がグジャグジャになるようなノイズが発生。

・ADAT出力を確認
→こちらはOK

・ヘッドホン出力を確認
→やっぱりグジャグジャ。
→しかし、内部を経由しない2TR INモニターでもノイズが発生

AD/DAしない単純なモニターだけでもノイズが出るということは電源回路?


でもオペアンプ1発みたいなヘッドホンアンプでこんなノイズは在り得ない。

電源投入時のミュート回路があやしいぞ。



こりゃひでぇw
01v96_mute.jpg

このタイミングでミュートが繰り返されて変調掛かったみたいになってたんだな。



では電源回路チェック。

+15Vライン
01v96_15v.jpg


やっぱおかしいわー。

電源回路なのか、負荷側の変動で起こっているのかわからない。
回路を切り離してチェック。
負荷を外すとミュート信号は正常になるが、+15Vラインはやっぱり何かおかしいよね。

uPC2415HF +15V 1A 低ドロップかー。


発振するならレギュレータ出力周辺の問題?

IMG_0517.jpg


IMG_0519.jpg


電解をチェック。ESR異常 測定範囲以上

ビンゴ

周辺の同様に使われている電解も念のためチェック。

やはり不良。

35V 100μFを3個交換

IMG_0520.jpg


やっぱ放熱板の近くに電解置いちゃだめだよね。ってのと、
あと、低ドロップレギュレータってやっぱ発振しやすいのかな。
マイナス電源は7915だったのになあ。


とりあえずこれで音声出力は問題なくなったので様子見ですかね。

Digi Fi No.10 付録USBヘッドホンアンプ予想回路図

Digi Fi No.10に付録予定のOlasonic製 USB DAC付デジタルヘッドフォンアンプですが、ネット上でちらほらと完成品の写真を見かけるようになりました。

関係者の人たちズルいー!!!!!!


ということで、ネット上の写真を漁って、なんとか気合で回路図を書き出しましたよwwwwwww


当然、基板の裏側やパーツの影にある配線パターンは追えないので、想像にお任せして書いた部分もあるので参考までに。


digifi_olasonic_usb.png




まーったく、こんな解像度の高い画像載せたら、パターン追ってくれって言ってるようなもんだよなww
ttp://www.flickr.com/photos/n00bs/8620467711/sizes/k/in/photostream/


なんとなく思ったのは

・出力インピーダンス110Ωとは高めに設定してるな。
・SCDSってバッテリーの充電回路みたいなものかな。
・なかなか良い設計してるな。

ってな感じです。改造してなくて良いのはつまらないですが、
ますます来月が楽しみです。

USBアイソレーター 活用編

完成したら一度はやってみたかったんだよな。これw


DSC_3374e.jpg



やっぱここの方法はおかしいっすよ。
ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/musashino_proto/20100519_367627.html
遊んでみたじゃなくて、測ってみたはコレじゃないとね。


あとはUSBアイソレータ無ければ高抵抗2本で分圧してから中点にプローブのGND挟んで、2本のプローブをそれぞれ2つの端子に挟んで差動で見る方法もあるね。

まあノートPCをバッテリー動作にしてきちんと周囲と絶縁すれば良いといえば良いんだけど。

USBアイソレーター 完成

うっかり穴あけミスで3000円以上するケースをお釈迦にしてしまうハプニングもありましたが、
なんとか無事完成しました。

DSC_3360.jpg




一番面倒だったのはやはりノイトリックのUSBコネクタ周りです。まさかここまでスペースを占有するとは。
半分ヤケクソになりつつ最終的にはUSBコネクタのモールドを削ってなんとか収めました。


DSC_3363.jpg



DSC_3361.jpg

アイソレーター基板側はケーブルをコネクタ介さず直接ハンダ付け。これで接触抵抗ともおさらばです。
(本来ならノイトリックのレセプタクルもやめたいのですが…。)


電源スイッチについてはリレーを用いて、PCからのバスパワー供給によってAC100VラインがON/OFFできるようにしました。これなら煩わしさも電力の無駄もありません。
5Vリレーでも100mA以下の電流で済みますが、最低動作電圧で考えれば6Vのリレーで良さそうです。


GNDに関してはいまのところ全部浮かせておきました。
本来ならACラインのアース端子、筐体、それに出力側のGNDを必要に応じて接続したいところなのですが、ACラインのアースもどうせ他の機器で揺られていることが多いでしょうから、単独でアース棒でもささない限りダメでしょうし、筐体アースもヘタに繋ぐと浮遊容量なんかで電位を持ったりするようなので、とりあえずは未接続から始めてみます。問題があったら考えるということで。


いい感じに収まったので、これからは手軽にどんどん活用できそうです。


整流回路と歪波形のスペクトル分布

■両波整流

両波



■半波整流
半波



たまには半波のハム音も聞きたいなぁ。

穴開け間違えた!

BG0mg4vCUAAPN-L.jpg



型紙反転するの忘れたまま底面から穴開けちゃったよ!

3000円のケースがパーだよ!!

CDのボーカル音量を調整する

ももクロのZ女戦争のシングル再生してたんですよ。
作業して聞き流してたらカラオケトラックに突入して、面倒だからそのまま聴いてたらオケがすごいんだよ。気合入ってんなーと思ってジャケットみたらびっくり。

作詞作曲: ティカ・α(やくしまるえつこ)
編曲: 近藤研二
Guitar & Other Instrument: 近藤研二
Drums: Jimanica
Syntheseizer Manipulator: 栗山善親
Violin Top: 桑野聖
Violin: 押鐘貴之、久永泉、井戸柄里 南条由起、三浦道子、高田智恵、下川美帆
Viola: 矢野晴子、西森記子、上田敏子
Violoncello: 古川淑恵、唐沢安岐奈
ContraBass: 玉木寿美
Trumpet: エリック・ミヤシロ、西村浩二
Trombone: 中川英二郎
Tenor Saxophone: Bob・Zung
Chorus: ミュージッククリエイション
Mixing Engineer: 米津裕二郎
Mixing Sturio: prime sound studio form
Mastering Engineer: 滝口"Tucky"博達
Mastering Studio: parasight mastering

というわけで1曲目だけ豪華なオケで、2曲目はここまで生楽器は多くなく、3曲目はオール打ち込みな感じ。

でも、カラオケトラック聴いたから気づいたものの、歌入りで聴いてたら全然オケなんか耳がいかないのでどのトラックも大差なく聴こえるんだよね。


なのでカラオケトラックだけ聴いて楽しんでもいいんだけど、
やっぱ歌デカすぎなんじゃね? って思ったんですよ。

そこで、歌の音量を後から調整する方法を思いつきました。



まずはCDから歌入りとカラオケトラックをリッピングして、ProToolsに貼り付けます。

Vo_level1.png




そして1サンプルたりともズレないように頭を揃え…
あとはミキサーで混ぜるだけ!

Vo_level2.png


出力が飽和しないように歌入りのトラックは3dBくらい絞っておき、ここにカラオケトラックの音量を足していきます。

そうすると、あら不思議。オケの音が大きくなってボーカルの音が小さくなります。

当たり前といえば当たり前なのですが、レコーディングからマスタリングまでアナログテープではなく時間軸管理が厳密にこなせるDAWで制作されているからこそ成せる業。



ちなみに片方のトラックを逆相にすれば、今度はボーカルが大きくなります。
Vo_level3.png

ちなみに同じレベルでミックスすると、あら不思議。かなりの精度でボーカルのみが抽出できてしまいます。



というわけでこんな方法でミキシング済のCD音源でボーカルの音量を調整することが簡単にできました。
ただ、マスターコンプのせいかアタック部分で若干レベルがふらつくので、いま一度コンプをかけて均してやるといいと思います。


このテクニックはMAD作成やマッシュアップにも役立ちそうですね。

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。