スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイレゾ感を演出!? AKB48のハイレゾ

AKB48のベストアルバム「0と1の間」が発売されたので、試しに1曲だけ買ってみました。
akbs.png

AKB48はアルバムやシングルを何枚か持っていて比較的前の曲が気に入ってるのですが、古い曲は単曲で販売していないので、フライングゲットかヘビーローテーションのどちらかにしようと検討したのですが、ヘビーローテーションは流石に音がぐちゃぐちゃな感じだったので、フライングゲットを買ってみることにしました。

聴いてみた印象は、妙に左右に音が広がっていてセンターに音が少なくてどこを向いて聴いていいのかよくわからず、落ち着かない感じでした。

そこでシングルCDのほうを聴いてみると、こちらはセンターにキックドラムやベースの音がしっかり存在していて、(決して高音質とはいえないけれど)ハイレゾと比べたら聴きやすい仕上がりになっていると感じました。

どうやらハイレゾ版は「ハイレゾ感」を演出するために左右を広げた処理を行い、低域を切ったのかなという印象です。
twitterで同じ曲を買った人のツイートを見てみると同じようなサラウンド感について書いているものがあったので、このあたりはある程度、音のわかる人には共通認識になるのかもしれません。


音声波形とスペクトル分布は以下のとおりです。

akb3s.png

波形については上がCD、下がハイレゾとなり、パット見だとハイレゾのほうが海苔で良くないと判断される人もいるかと思います。
ただ、このくらいの違いの場合、レベルとしてはせいぜい1dB未満とかですし、使っているシステムによっても出てくる誤差レベルで
あり、例えば低域を切った素材のほうがリミッターで押さえ込んだ時の不自然さが少なくなりますから、そのあたりを踏まえるとこの程度の違いは聴感に大幅な影響を与えているとはいえない範囲と考えます。

ただし、ハイレゾのリマスタリングにおいて「音圧を上げよう」という意図があったという部分については否定できないでしょう。←ここ重要


スペクトル分布
AKB4s.png

白がハイレゾで黄色がCDとなります。
こうやって比べるとやはりハイレゾのほうが低域の成分が少ないようにも見えます。

「どこを向いて聴いて良いかわからないような落ち着かない音質」の原因を考えてみると、MS処理なんかのエフェクターで音場を左右に広げたことや、低域を切ってしまったこと、またミックスダウン時にステレオ素材に対してそれなりの強さのトータルコンプを掛けた後、ハイレゾのマスタリングで低域を切ったり音場を広げたりといった大幅な改変を行ったため、不自然さが出たのかな? なんて想像したりもしています。

また、なんとなくハイレゾっぽい雰囲気をしてはいるものの、音質としては荒々しい印象があります。これは元々、いまどきの音をしたCDとして完成させるために少しずつ音を濁らせ纏めさせながら作ってきたミックスダウンに対し、途中から路線変更してハイレゾっぽく仕上げたことが原因なのかな? と考えています。
その結果、「きれいな音ではないんだけど、ひかえめのおとなしい音」というような感じに仕上がってしまったのではないかなと。

このように、元々CD用に高音圧で目立つ仕上がりを目指して作られた楽曲のリマスターの場合、こういう中途半端な「ハイレゾ感を演出したっぽい音」に仕上げるくらいなら、もっと派手なプラグインをガンガン掛けてノリノリの音に仕上げたほうが聴きごたえあって面白かったんじゃないかなーと思ったりもしました。
(追記: それをやったのがエヴァンゲリオンの残酷な天使のテーゼのハイレゾだと捉えているけど、あれはちょっとやり過ぎかな…)


そういうわけでAKB48のハイレゾですが、聴いた感想としては「CDのほうが音がいいぞ」という結論で締めくくることにします。

同様にハイレゾ化したけれど音質が微妙だった例としてはいきものがかりのハイレゾが記憶に新しいところです。
あんまり無理にハイレゾ感を演出しないで、最初からクリアで心地よいサウンドを目指して作ったら良いんじゃないでしょうか…。



さてそろそろオーディオの評論家の人のレビュー記事が出てきて

「AKB48のハイレゾは48人それぞれの歌い方の特徴がとってもよく感じられる」

なんて書いて笑わせてくれるのを期待することにしますwwww



スポンサーサイト

電子工作キット販売委託先の変更のお知らせ

三月兎様の同人ハードウェア取扱い終了により、バランスヘッドホンアンプキットをはじめとした工作キットの販売店が変更となりました。

新しい販売店は秋葉原、ラジオデパート1Fにある「家電のケンちゃん」となります。
秋葉原へお越しの際はぜひお立ち寄りください。(店頭デモ機もあるよ)
ひきつづき今後ともよろしくお願いいたします。

家電のケンちゃん

同人ハード(キット),fixer 家電のケンちゃん






プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。