スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LXU-OT2は なかまを よんだ!!

3- LUXMAN LXU-OT2 が あらわれた!


なんかまたAmazonから届きましたwwww

IMG_0153.jpg



さて今回は手をつける前に、「もし最低限の改造をするのなら」という前提でコンデンサの容量アップが効くのではないかと思ったのでノーマルが2台あるうちに試してみました。

と、いうのも何日か前の「スランプ」の原因は測定結果に反映されないという理由でC4あたりの容量を元に戻したからではないかと思ったからです。

そこでざっと主要部分のコンデンサを増強してみました。

IMG_0154.jpg


なんとなくの聴感ですが、コンデンサを足したほうが低音がよく出るようになった気がします。
12V電源部のC4もそうですが、USBバスパワーの根本、というかDCDCの入り口のC2も増強したほうがいいと思います。あとは3.3Vレギュレータの出力のC33。

さしあたっての無難な容量は

C4 220μF
C2 220μF
C33 100μF

くらいだと思います。


※追記
C32,C45 470μFもやったほうがいいと思います。


タイミングコンデンサのC11を220pに交換するとともに、ここも変えるといいと思います。


ちなみに今回の個体はピー音は比較的小音量で高めの音でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>「もし最低限の改造をするのなら」という前提で~
 大変興味深いアイデアと思います。さらにStep2~、個人の事情に合った
 改造を進められる等。

>なんとなくの聴感ですが、コンデンサを足したほうが低音がよく出るように
 なった気がします。
 仮にC4に220μを追加するとU-2の信号帰路はC4 100μ+C30 47μ=147μ
 → 147μ+220μ=367μとなり、低音がよく出るようになるのではないで
 しょうか?

ブログ中2ヵ所のC12はC4と理解しました。

No title

私もアマゾンで注文しました、現在は中古が結構出ていますね。

No title

前の初心者 さま

ほんとは全部交換するに越したことがないのですが、やはり物事には優先順位というのがあって、出来れば各々の処置でどれだけ効果があるかは把握しておきたいですよね。現実はそう上手くはいきませんが。
コンデンサはやはり全体的に容量不足だとは思います。波形が振られていますので。
低音が出た気がする、というのは周波数特性として変化が顕著に出るわけではないですので本当に低音が増したのであればどういう動作になったんでしょうか。

誤記の件ありがとうございます。修正しました。



長野のO 様

ついに参戦ですか。触ってみていろいろ教えてください。
中古は、やはり買ったものの不満だったり、ピーの大きいハズレを引いたとかなんでしょうかね。やすかったら欲しいです。

No title

リファレンスとしてド定番のMichael Bolton The One Thingを聴いているんですけど、ノーマル版だと音が定まってなくてキョロキョロ見回したくなるような感じとか、唾を飲み込む時の喉の奥がムズムズするようないや~な感覚がするんだけど、この感覚は共有できるかなぁ。
やっぱり低音が揺られるのがマズいんじゃないかと思う。ビシッと同じ位置に居てくれないと落ち着かないんだよね。

No title

fixer 様 へ
いつも、ご指導ありがとうございます。

本日、2冊目のエージングが終了しましたので、これから改造計画に
着手します。まずは、当ブログどおりC4の増量にてスタートしたいと
考えていますが、
次の疑問を抱えつつ改造を進める予定です。

Q1.オリジナルの疑問点
 ・利得配分はU1で2.0倍(ライン出力1.3V弱)、U2で2.6倍→全体5.2倍
  →利得を前段よりも後段で稼ぐのはなぜ?
  →ライン出力を2.0Vに近づけないのはなぜ?

Q2.fixer様の改造の疑問点
 ・PCM2704とU1間にノイズ除去のLPFを挿入しないのはなぜ?
  →挿入効果が少ないため?

蛇足ですが、
1冊目のエージングは50時間でエージング終了を判断しましたが、
安心できずに70時間となりました。
2冊目のエージングは40時間で安心してエージング終了を判断しました。
ノイズは2冊ともVOL中点でハムの様な音とフルVOL付近でビー音でした。

No title

こんばんは。

いよいよ参戦ですね。


Q1.のゲイン配分ですが、ライン出力が2Vrmsに達しない設計というのは私も疑問に思っています。
一応、このライン出力はLXA-OT1用らしいので、そのあたりにヒントがあるのかもしれません。しかしLXA-OT1って2Vrms受けられないってことないでしょうけどね。不思議です。


Q2.のオペアンプ前のLPFですが、パターンを切ることに対して、それが美しくないと考えているからです。
LPFを一段でも増やせば効果もあるかもしれませんが、現状でもそれなりに切れていていいと思うんですけれどね。

No title

2013-01-18(17:47) : fixer 様 の
>低音が出た気がする、というのは周波数特性として変化が顕著に出るわけでは
 ないですので本当に低音が増したのであればどういう動作になったんでしょうか。
2013-01-18(18:37) : fixer 様 の
>やっぱり低音が揺られるのがマズいんじゃないかと思う。ビシッと同じ位置に
 居てくれないと落ち着かないんだよね。

 これって関連していることで、そのchの低域の周波数特性はもちろんですが、
 低域のクロストークが改善されることによる効果ではないでしょうか?
 今、ぺるけ師の板もこの低域のクロストークが話題になっています。
 先日はもう一方の板で低域の定位が議論になっていました。
 私は測定の機器も技術もありませんので、客観的な確認もできませんが、
 いつもの耳だけでは先入観や主観に左右されることを承知で、
 体感はしてみたいと思います。

2013-01-18(19:00) : fixer 様 の
>Q2.のオペアンプ前のLPFですが、パターンを切ることに対して、それが美しくないと
 考えているからです。

 fixer 様 の今回の改造を拝見して思うのは、実にシンプルで無駄や無理がないと
 感じます。そして測定値に裏付けされたものであることに驚きです。失礼ですが、
 電気的な知識ばかりか物作りのコンセプトにも従事されていた方と拝察しました。

No title

前の初心者 さま

お褒めくださり有難うございます。

低音関連はクロストークが計測値としては目安になると思うのですが、実際はそれが常に一定でなく動的に変化するから問題になるのかなと思っています。

測定も、実は昔はそれをすること自体好きではなかったのです。
数値だけに目がくらんで耳で聴くことを疎かにするようになりたくなかったからです。

メンテナンスをやっていた関係で「故障の音」というのは敏感になったかもしれません。歪とかは気になってしかたありません。メンテしていて「おかしいな」と思う時ってのは大概は確かめるとソースが歪んでたりするんですけどね。

ものづくりは現在に至るまで基本的に趣味ですけれど、必要なことはとことん行なって、不要なことはやらない。というのはポリシーの一つです。

LXU-OT2の裏面にコンデンサを追加で実装するのは今回のコンセプトに反するためかなり悩んだのですが、こればっかりは出音を聴いて悩んで、入れるしかないと思いました。

No title

そうそう、ヘッドホンの低音云々ですが、ノーマルの落ち着かない状態ってのは「ヘッドホンの位置が定まらなくてつい着け直したくなるような感覚」です。前髪が邪魔で…みたいなのと同じ感じで。

No title

今、低音がちょっとはましなヘッドホン(YAMAHA HP-1 150Ω96dB/mW)に
交換して弦楽四重奏を聞き始めました。
無改造です。各楽器がぼわーっと頭の中で鳴ってます。
右寄り、左寄り、中央寄り位は多少分かりますが、バイオリンも
像よりもっと巨大な音像です。
改造にてまともな物に化けてくれればと思います。

No title

一冊目のC4の 100μ16V に 330μ16V を付加してみました。
低域の安心感と言うか厚みが増したと感じます。
先入観ではないことを願って・・・・

No title

おおー。かわりましたか。

まあ気分で変わるときもあるから難しいですけれど、
いろいろ聴いてみて確実な判断をするしかないですね。
また進展があったら教えてください。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。