スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LXU-OT2 チップコンデンサ交換手順

ピー音対策のためにC11のチップコンデンサをを220pFに貼り替える作業を撮影してみました。

http://nicoviewer.net/sm19883489


とりあえず手順としてはチップの両端というか上から被せるくらいの勢いでハンダを盛って、そうするとコテにチップが張り付いてくるのでそのまま取り去ります。

基板のランドをハンダ吸い取り線できれいに平らにしてから、片方のランドに軽くハンダを盛ってチップの片足だけ先に付けます。その後に反対側もハンダ付け。

この後の作業はやらなくてもいいんですが、フラックスを塗って再ハンダすると、作業をこじらせてハンダがボソボソになってしまった場合も復活します。
あとはエタノールでフラックスを拭きとって(基本的に見た目の問題だけです)完了です。

さくさくと手際よく進めないとフラックスが飛んでハンダがきれいに流れなくなりますから、コテを当てている時間が長くなりすぎないように短時間で進めます。ハンダに艶がなくなってきたらフラックスを塗れば復活します。


iPod touchを三脚にシャコ万で固定して撮ったんですが、これがまた邪魔で手元が見えないまま作業したのでチップが曲がってついちゃってますが、なんとなく作業のノリってことで参考になればと思います。
実はこれでもテイク2で、わざわざ元のコンデンサに戻してからまた撮ったんですよ…。
作業内容は簡単なのに撮影となると一気に難易度が…。



IMG_0208.jpg
※動画撮影後に付け直しました



※追記
交換するコンデンサはリード形の積層セラミックコンデンサでも大丈夫です。
取り付け時や取り付け後に力が加わると基板のパターンが剥がれるので気をつけてください。
ICの上に乗せ掛かるように配置してあらかじめ足の長さと角度を調整してからハンダするほうが無難です。テープなどで固定してからやるといいかもしれません。

初期の記事に載せていた画像を再掲します。


IMG_0064.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日、ぺるけさんの板で質問させていただきました。
チップ部品の交換に少々びびっています。
動画の投稿ありがとうございます。
大変参考になりました。

No title

こんばんは

ぺるけさんのところ書き込みありましたね。
チップ部品はやっぱりハードルが高いでしょうか。
先入観からそう思ってしまうかもしれませんが、慣れればなんとかなるものです。

道具について、私はつい奮発して買ったりした高い道具を使うこともありますが、絶対この道具でないとダメということは無いと思います。

基本的には普通のコテ先のセラミックヒータのこてで大丈夫でしょう。
たまにGNDパターンが広くて溶けない場合用に温度が高いものがあるといいかもしれません。

ハンダも極細のものを使っていますが、別に0.8mmとかでも十分作業できます。
ルーペについては今のところ私は裸眼でやってますが、チェックのときは写真のフィルムを見るルーペを使うときがあります。
そういうときはデジカメ撮って見てもいいでしょう。

フラックスは持っていると重宝します。

ピンセットは、いまはこれがつかみやすくて便利で使ってますが、前は普通の先の曲がったピンセットでやってましたよ。
ttp://www.engineer.jp/products/tweezers/pn05/item_01/pt-24


そうそう私は修行のために鉛フリーハンダを使ってますが、普通の共晶ハンダを盛って取り外せばもっと楽でしょうね。

No title

ありがとうございます。
道具を買いまくるわけにはいきませんが、折角なので必要なものはよく考えて購入してみようと思います。
慣れも必要です。思い切ってやってみるのが吉でしょうね。
話がかわりますが本当にピー音、ひどいですね。
音楽がなっている時は気になりませんでしたがヘッドホンを外したあといつまでもピー音が頭の中でなっていました。
ましてやあの回路図。誤植だらけ。正月の楽しみを返せ!
ラックストーンってなに?ステレオ誌も相変わらずこんな程度?
はずみで買ってしまったのを後悔しながら。
これを改造してもね、、。
でもfixer様のブログをみながら自分のハンダ技術の向上のためにも挑戦してみようと思いました。失敗してもまあいいか、勉強にはなるし。
いろいろ書いて申し訳ありません。
週末以降になりますがなにかあればまた書き込みさせてください。

No title

そうですね。とりあえずいきなり改造に入るより、なにか要らない基板で試してみるのがいいと思います。

まったくひどい出来の付録でしたが、おかげで私は毎日楽しくて仕方がないですよ。最上級の教材ですよ。また買います。

No title

 fixer 様 へ
午前中にピー音対策のためにC11のチップコンデンサをを220pFに
貼り替える作業を無事に終了しました。
初めてのチップ部品の取付は大変な作業でしたが、慣れも重要と感じました。
ご指導、ありがとうございました。

配線図は1000pFですが、実物の測定にて820pFと判断しました。
TP2は変更前後共に12.05Vで電圧の変化は有りませんでした。
まずはお礼まで。

No title

無事に交換できて何よりです。

いわれてみれば、タイミングキャパシタは1nFだと信じこんでいました。
まあ発振周波数は確認していたので問題にはならなかったですが、
実物とここまでも違うんですね。
問題が出て、下げたんでしょうか……。

No title

 fixer 様 お久しぶりです。
昨日、自分が行いたい電源部の改造を終えてアンプ部の検討に入りました。
ご指導を賜り、チップ部品の取外しや取付もできるように成りました。
が、先日購入したハンダ吸取器を上手く使えずに、自己流で電解Cの交換を行っています。
吸取器は素早くしないとハンダが固まったり、密着が悪いと吸いきれない等だけでなく、
コテ先の温度が低いためではないかと思い、コテ先の温度を高めて試みたいと考えています。

さて、アンプ部ですが、次のことを教えていただければ幸いです。
U1(DACbuf)出力とU2(HPA)入力間の
・R7 1MΩの役割?
・C12によるLPFの役割?
 (RCA出力には無効でHPA入力のみに有効、しかもHPA入力にはC17によるLPFが有る)

No title

どうもお久しぶりです

2つのパーツ、何でしょうね。
要らないと思いますよ。

LUXMAN 桑野さんに聞いてみてはどうでしょう。

No title

そうだ、ぺるけさんとこの板で訪ねてみたら、なにかわかるかも?

摺動子が浮いたときの…とかも関係なさそうですし。

No title

 fixer 様 へ
ご回答、ありがとうございます。
・R7 1MΩは回答をヒントに考えてみましたが、要らないものと結論付けました。
 >2つのパーツ、何でしょうね。
 >要らないと思いますよ。
 >LUXMAN 桑野さんに聞いてみてはどうでしょう。
 >そうだ、ぺるけさんとこの板で訪ねてみたら、なにかわかるかも?
 >摺動子が浮いたときの…とかも関係なさそうですし。

・C12 現物は1800pFでしょうか? 1500pFへの交換と記載されているので
 やはり交換すべきなのでしょうが、交換作業がかなり難しそう。
 上手くできるか疑問です。

No title

交換しようと思って外したら実測1800pくらいだったので、
これならわざわざ1500pに交換することもないかなと思いましたよ。
まあ大した手間でもないし、高域も無駄に削られるよりは残ったほうがいいので、交換しました。

No title

 fixer 様 へ
いつも、ご指導ありがとうございます。
RCA出力は無効にして、HPA入力に有効とするC12の意味合いは理解できませんが、
C12はチップ部品の取外しや取付の練習を兼ねて1500pFに交換することにします。

まだ電源部の改造のみですが、バイオリンやピアノの音が澄んできて歪んだ様な高域や
団子感もほぼ解消しています。春先にアンプ部に着手する予定ですが、中低域不足,
定位/音像,抜け/鮮度の改善に期待しています。

今後ともご指導よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。