LXU-OT2 コンデンサの選定

※注意 下のリストでDCDCの動作に問題があることがわかりました。懸念していたESRが低すぎる問題が発動しました。後々修正するので下の値を使用しないでください。

→修正しました。お騒がせしました。
DCDC回路部分への低ESRコンデンサの使用は異常動作に繋がるのでご注意ください。


前回作成したリスト
LXU-OT2_cap_list2.png




これに基づいて電解コンデンサをハイグレード品に交換する場合の組み合わせを考えてみました。
LXU-OT2_cap_higrade2.png


考慮したのは、基板上に無理なく実装できること、必要十分かつ妥当な容量および耐圧であること、信号経路にはオーディオ用を用いること。電源回路には低Z品を用いること。入手が容易なことなどです。

ネックになったのはヘッドホン出力カップリングの物理的な大きさです。もともと220μFだったスペースに470μFを入れることに対しオーディオ用のコンデンサはサイズが大きいために入るものが限られてしまいます。耐圧は一応16Vにはしておきたいなというところ。結局はニチコンKZのオーディオ用小型品を用いることにしました。電解コンデンサの役割としては電源部に次いで重要な箇所のためかなり悩みました。

コンデンサの種類についてはニチコンFGをメインにしました。FGは秋月だと1/5くらいの価格で売っているんですが、16V品が無いので今回は使えません。
ELNAを使ってみたいなとか、digikeyを探しもしたのですが470μFの小型品がありませんでした。

あまり色々なところから買い集めるのも大変なので、今回は三栄電波さんで購入できるように選定しましたが特に妥協点もなく選定できたと思います。

まあ実際の音がどうこうは聴いてみないとわかりませんけどね。
コンデンサの音が改造による音の変化に対してどのくらい表れてくれるのかが楽しみです。



※追記

220pF載せ替えの動画を作ったついでに、あらためて最低限の改造を施してチェックをしてみました。
C11の他には

C4 220μF
C2 220μF
C33 100μF
C32,C45 470μF

のコンデンサの容量アップです。極普通のコンデンサを使用しましたが、これらを交換するとかなり音がマトモになります。出力の抵抗R8,R10は好み次第だと思いますが最終的に100Ωに交換しました。
出力抵抗は私も以前はロー出しが好きでほぼ0で出るものを作って愛用してましたが、今回をきっかけに100Ω出しにしたらなかなかこっちもいいなと思うようになりました。

上記のパーツを交換して試聴した結果ですが、元々の音があれだけ酷かったことを思うと、いたって普通に良い音がします。チップ部品まで交換した個体とも比較をしましたが、ここまでくると好みやソースとの相性が出てきて必ずしもどちらが良いと言えない領域になったと思います。例えば定位が広がりすぎてるソースの場合は狭めのアンプがいいし、狭いソースなら広がりのあるアンプなら極端にならなくて良い…みたいな。

まあ、これだけ交換したら残る違いは帰還の抵抗絡みくらいなんですけどねぇ。
デフォルトでこのくらい出してくれてれば、普通の人はよろこんで買っただろうにね。逆に不具合が楽しくて買う私みたいな人もいますが…w



※追記

あれ、でもシンプルなソース聴いたら全然違うや。チップ交換してない方のは高域の広がりが全然ない。例えるならサンプルレートが低いような感じ。ハイサンプルのソースって高域が綺麗に広がるじゃんね。チップ変えたほうはああいう雰囲気がある。マルチビットDACと1ビットDACの違いに似たような雰囲気でもある。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

書店で偶然出会った雑誌の付録に翻弄された年末年始でした(汗; 巨大掲示板やあちこちのブログの情報だけを頼りにコンデンサー交換を主にいじっていました。オーディオや電子回路の知識はほとんどありません。

初めてのケース工作で基板を押し込んだものの、何が悪かったのか分かりませんが、ある時突然USBとして認識されなくなり、もう一冊購入し今度はLineOut端子を外してアース線だけ付けた基板をケースに収めました。

気のせいではないと思いますが、あれこれいじって壊れたLXU-OT2の方が聴きやすい音を出していたと思います。ノーマルは幸いP音はしないのですが、ボーカルがガサガサ?するような耳障りな感じがします。リファレンスはケンウッドのmp3プレイヤー、イヤホンはUE TF10です。(バーンインはほとんどしていませんが…)

やっぱり最低限何かしないとなぁと思っていました。そしてこちらのチップコン交換の動画を見ました。C11に手を出す時がきたと確信しました。取り付けはリードタイプにするつもりですが…

とりあえず、こちらの記事のとおりの改造をしてみようと思います。うまくいって変化を感じられたらまたおじゃまします。
背中を押していただき有難うございます。

#C11交換は壊れた方でリハーサルしてからのぞみます(笑)。

ある程度満足したら、ひとまず、ぺるけさんの本(プリント基板付き)で少し勉強してみようと思っています。
長々と失礼しました。

No title

StockholmApril さま

はじめまして。書き込みありがとうございます。

Stereo誌とLUXMANは新しい年のために素晴らしい付録を用意してくださいました。
それは、改造によって音質の向上を確実に得られるように予め仕組まれた付録。そのためにノーマルの状態をどうしようもない未完成品のまま出荷してしまうという荒業。誰がこんな名案を思いついたのでしょうか。

ノーマルのザラつきは確かにあると思います。言葉による表現は難しいですが、多分私が感じたのと同じ感覚なのではないかと思います。

ブログの記事も随時更新しているためわかりづらい部分もありますが、最低限必要なコンデンサの増強とC11の交換で普通に使える範囲には持っていけると思います。

工作に失敗はつきものです。2800円を何度も支払うのももったいないかもしれませんが、改造の練習や予備部品と考えると有益に使えますね。

チップの交換は先入観として困難なイメージがありますので、実行に移しやすくなるように動画化してみたものです。
お役に立てたようでよかったです。(失敗して無駄を増やしてしまうと申し訳ないですが)

また様子をお聞かせください。

No title

記事中にリードタイプの積層セラミックコンデンサに交換した時の画像を載せておきました。これはこれでピンセットで掴みにくいとか力が加わると基板を剥がすとかそういったデメリットもあります。
色々考えるとどちらが難しいかというと何ともいえないですね。

No title

ちなみになんですが、認識しなくなった物については原因の特定をしてからが間違いないですが秋月電子でPCM2704を400円で売ってますので貼り替えれば復活するかもしれませんよ

No title

fixerさま
画像追加有難うございます。がんばります!(笑)

今日、三和のローエンドマルチメータPM3が届きました。とりあえず、こいつで壊れた方の電圧チェックをしてみようかなと思っています。入力はエネループモバイル充電器USBを繋いでみるつもりです。

貼り替えるDACは実は入手済みです。やるかどうかは分かりませんが…

週末まで何も出来ないと思いますが結果はお伝えします。
今後とも宜しくお願い致します。

No title

チップ交換がんばってください。

テスタは有名メーカのなら安いので全然問題ないですよ。
小さいほうが邪魔にならず使いやすいです。

とりあえずチェックポイントは、USBを挿した時に

・LEDが点灯するかどうか
・5Vバスパワーが来ているかどうか
・3.3Vレギュレータの出力が出ているか

あたりでしょうか。あとは配線のショートなどが無いか。
極まれにですがDACチップの故障以外で水晶が故障する場合もあります。

PCM2704はピッチ狭くて交換大変そうですね。
全部の足にハンダをドカッと盛って、ピンセットを底に引っ掛けて極軽く力をかけながら全部のハンダを一気に溶かすようにするとチップが浮いてきて取れます。
ハンダゴテでフラックスかハンダを足しつつハンダの塊を吸い寄せながら概ね除去した後に吸取り線で綺麗にして、エタノールで拭いて、新しいチップを載せて、足片側残してテープで固定するとかしつつ、ハンダは一本ずつではなく、少しずつ注ぎながら塊を移動していくような感じで動かすと必要な分だけ足のところに残るのでそんな感じでつければいいと思います。



No title

改めて実物みたらけっこう大変そうですね。
取り外し時も周りをテープでマスキングしたほうがいいです。
場合によっては水晶外して。
取り付け時は4隅のピンを先につけとくほうがいいかもです。

いや、おすすめはしませんよ。けっこう難易度高いと思います。
これが完遂できたらLXU-OT2マスターの称号がもらえそうです。

No title

fixer 様 へ
またまた迷惑をお掛けしますが、
U1,U2パスコンのC37,C30(47μF25V)の交換で疑問。
お手すきの時で結構ですので、次のことについてご指導下さい。
●47μF25V → 47μF16V低ESR
 Q1.25V一般品 と 16V低ESR との ESR はどの位異なるのでしょうか?
  やはり耐圧の相違よりも 低ESR の方が 大差で低ESR?
● → 100μF16V等の容量増にて
 Q2.クロストークの改善には結び付かないのでしょうか?

2704は…

fixerさま
細かなコメント恐れ入ります。

超大昔ですが、デジタル回路の修理に関わったことがあります。
当時は表面実装なんてありませんでした。
DACチップ交換の難易度はチップコンの比ではないと思いますが、
最悪の場合、DACも昇圧回路も飛ばして、
iPodからライン入力させるエネループ単一電源のヘッドホンアンプに変身させればいいかなと
(何の知識もないのに!)漠然と思っていたりします(笑)。
無駄にはならないでしょう(タブン?)。

そのためにも先ず2号機を使えるモノにしたいところです。

週末まで我慢の日々です(汗;

No title

前の初心者 さま

パスコンのESR測ってみました。
その前に交換後のコンデンサが16Vと表記してありましたが25Vの間違いでした。型番は25Vになっています。

ESRはESR70+の100kHzでの値がCapXonでは1.06Ω、日ケミKZEが0.18Ωでした。


仮想GNDのパスコンの増加によるクロストークの改善ですが、以前記事に書いたか忘れてしまいましたが、十分な改善効果はみられませんでした。そもそもオペアンプの帰還抵抗などに対して分圧抵抗が大きすぎることが問題なんだと思います。

No title

StockholmApril さま

お仕事でハンダ作業されてたのですね。
でしたらそこまでハードルは高くないと思います。

壊れたら壊れたで他の物に仕上げるのはいい案ですね。
アナログ入力のヘッドホンアンプでもいいじゃないですか
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク