スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LXU-OT2 低域クロストークの位相

そういえばアナライザで信号波を拾えないからとかいってそれっきり見てなかったですが、低域のクロストークの位相をチェックしてみました。

ノーマル版を弄ってしまったので電源周りと出力カップリングとC11と交換していますが、クロストークに関しては大差はないと思います。

20Hzと100Hzで波形をみました。緑色が本来の信号の出ているチャンネルで、黄色がクロストーク分です。
LXU-OT2_crosstalk20Hz.png
LXU-OT2_crosstalk100Hz.png




なんだか嫌な感じで位相のズレたクロストークですね。中間電位のCの時定数とかが絡んでるんでしょうか。

位相のズレたクロストークは絶対排除しといたほうがいいですよ。ヘッドホンのコードが3線式のときにGNDの共通インピーダンスで起こる逆相クロストークとか、気になりだすとわかるもんです。
最近はその辺を気を使ってくれて4線のものも増えてきましたが、私はコードを交換して使ってます。


余談ですが、USBDACの波形をPCオシロで見るときに同じPCを使うとGND電位が出て厄介ですね。ノイズだったり、直流電位として出たり。20Hzの基準電位が変なとこいってるのはそのためです。このオシロACカップリングの時定数が案外高いところにあって低周波見る時はなるべくDCカップリングにしています。このへんはオシロによって違うみたいなので一度チェックしておくほうが良いです。
私は基本的にはアナログオシロが好きなので、デジタルオシロを使うのは波形キャプチャしたい時とかくらいなんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんで4線式ってうたってるヘッドフォンあるのかなー なんて思ってましたが
コモンモードノイズになるんですねえ。

No title

paoさま

こんなとこ見てたんですね

スイッチング絡みわかんないので教えてください


ヘッドホンのコード、実測で0.6Ωとか記録が残してありました。
けっこうな共通GNDになると思いますよ。
逆位相のクロストークは、それを知覚できるようになるとずいぶん気持ち悪いもんです。

同じPCで使う時はオシロとDUTのUSBケーブルにフェライトコアを何回か巻きつけておけば、高周波の回り込みは減ると思いますよ。

No title

こんにちは

高周波だけなら効果があるのかもしれませんが、実際の測定ではDC成分が出てしまったりと、全く使い物にならない事も多いです。

結果的にはUSBアイソレータ入れるのが手っ取り早いです。イトウ電子の3000円ので全く問題ないです。

No title

100マン越えの割と高級なディジタルストレージオシロでも、ACラインのアースは測定系のGNDと同じです。
原理はそれと同じ、ですよね。

DC電位は測定系のアースがちゃんと短い距離でくっついていればそちらで縛られるので動かないハズ。
USBオシロにGND端子が独立してあれば、DUTとしっかり繋ぐと良いでしょう。(プローブのGNDに流さない)

アイソレータではおそらく切れますが・・・何故電位が出るのか?を考えなければ正しい測定は難しいと思います。正しい対策の上で、アイソレータを入れればさらに良い測定が出来るはずですよ。
但し、アイソレータを入れたからといって必ずしも切れるとは限らないので注意が必要です。

No title

PC絡みはAC電源使っているとフィルタのYキャパでGNDが引っ張られてしまうのと、この手の測定のように同一のPCのUSBDACを測定する場合はPC上の各USBポートのGND電位が同一になっていないことや、バスパワーの電流によってGNDラインの電圧降下が起こることから、プローブのGNDを接続しても、切り離しても正確な測定は出来ないのです。よってアイソレータを入れるか、測定用のPCを別のものにし、なおかつバッテリー駆動で電源ラインと切り離すしかないのです。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。