スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー焙煎用の温度計

DMMを通じてPCでログ取れるのも便利なんだけど、普段使うにはシンプルでセッティングに手間のかからない簡単なメーターが欲しいなってことで組みました。

IMG_0379.jpg


回路組むのめんどくせーなってことで、オペアンプとか使わずになるべくシンプルにしようとした結果、計算がめちゃくちゃ大変でした。

100μAの電流計を使って焙煎に必要な温度をカバーし、なおかつ重要な範囲を拡大表示できるように、また電源もLEDのVfを利用して回路をより簡単にしました。


表計算ソフトを使って、様々な条件がうまく噛み合う値を算出しました。
メーターの目盛もリニアでなくなるため、目盛の角度も計算によって割り出します。
目盛1


目盛



回路はこんな具合で。
温度計回路図



中身
IMG_0378.jpg



IMG_0385.jpg



次回の焙煎時に実戦投入してみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。