スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーブルチェッカー

部屋のワイヤリングをやり直しているのですが、ケーブルを作ったら接続する前に一応チェックしておきたいものです。
テスターで道通チェックしてもいいのですが面倒なので、以前使ってたベリンガーのCT100を改めて買ってみました。お値段なんと1,780円です。

DSC_3183.jpg

これならケーブルを挿すだけで導通状態がLEDのマトリクスで表示され、断線や誤結線が一目で確認できます。

DSC_3187.jpg


いやこれ以前使っていた時も気になっていたのですが、道通状態が一目で確認はできるものの、うっかりしていると逆の斜めラインと見間違える可能性があるので不安に思うことがありました。

逆の斜めラインというと1-3 2-2 3-1の関係なので、XLRやTRSでこのパターンで結線を間違える可能性は少ないですが、寝ぼけ眼で大量生産、大量チェックする時はより確実で瞬時に判断できるのが望ましいもの。

というわけでLEDの色を変更する改造を行なってみました。


DSC_3189.jpg


DSC_3192.jpg


正常な結線の時は青色LEDが3つ並び、XLR-RCAなどアンバランスでColdをGNDに落としている場合は黄色LEDが点灯するようにしました。

DSC_3198.jpg

どうでしょ? 青が3つ光れば正常。よりわかりやすくなったと思います。




※そういえばこの機器の1kHzトーン出力って矩形波なんだよね。
以前、ずいぶん歪んだトーンが聴こえてきたから、機材壊れたんですか? って駆けつけたらコレのせいだったというw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいアイデアですね。

No title

ちょっとでもミスは減らせたほうがいいですよね。
精神的にも不安要素が減って良いと思います。

それにしても安いですねこれ。送料込みですよ。

No title

こんな物、売っているんですね。
知りませんでした。

No title

こんばんは。

まあこんなもの買ってまで使うのはワイヤリング業者か、でなければ頻繁に不良の発生するライブハウス絡みとか位じゃないでしょうかねえ。

むしろLANケーブルのテスタのほうが必須アイテムな気もします。
あれはテスタで当たれないし、よく間違える……。

No title

これ小売店に聞いたら取扱いないとの事。

他で買えるのはわかっていますが。

薄利でしょうから置くリスクも高いでしょうね、小売店の利益になる商品をいろいろ作っていただきたいなと思っています。

買う方も店員と話して買いたいとつくづく思うのです。

No title

あまりにも安くて送料込みですし、1台買ったら一生不要ですからね。
商品の性質上仕方ないとは思うのですが…

ここ最近、私は対面で物を買う機会がほぼ0です。食べ物以外は全て通販生活です。
商売のあり方も考えることが多いですね。

No title

こんにちは。

良いアイデアありがとう。

私も対角ラインに緑をつけました。

外したLEDの内部構造が手持ちと逆でびっくりしました。

電池ケースがホットメルトで笑ってしまいます。

No title

入手されたんですね。

やっぱり色が違ったほうが判断を間違えないですし、安心感がありますよね。

そうそうLED、内部の出っ張っている電極がアノードのもの、カソードのもの両方ありますよね。

ホットメルト、ベリベリ剥がして戻す時はヒートガンで炙りました。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。