スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBアイソレータの電源製作3

DSC_3297.jpg

イトウ電子部品さんのADUM4160 USBアイソレーターですが、ケースに収める前にもう一回電源の見直しとなりました。

というのも、二次側にヒューズを入れていなかったことと、ついでにポリスイッチの抵抗分を利用してさらにリップルを除去しようと試みることにしたのです。

LM2940CT-5.0のレギュレータが入っているのでリップルの存在自体は問題ないのですが、リップルが含まれた配線を引き回すのもと思い。本当は一回高めの電圧で安定化した後にアイソレータ基板に供給するといいのかもしれませんが、さすがにそこまでは、ね。

ということで0.7Ωの抵抗分をもつポリスイッチと、さらに4700μFの電解コンデンサを入れてみたところ、リップルの高調波成分が改善されました。全体の電圧降下も心配するほどではなく安心です。
波形は5V出力に10Ω抵抗を接続し、500mAの電流が流れている状態でポリスイッチの前後で見比べたものです。


緑のラインがポリスイッチの前、黄色のラインが後となります。
polysw.jpg


続いて、突入電流の確認です。下の波形は電源投入時にトランスのセンタータップに流れる電流を観測したものです。1A/div
この程度なら問題ないと判断していいでしょう。実際に各ダイオードに流れる電流は波形で1つおきとなります。
9400uf_rush.jpg


回路図
P54188_schematic2.png



ラグ板の配線
DSC_3300.jpg
配線の都合上、ラグ板を上下逆さに使用しました。このとき、ラグ板の端子が電解コンデンサに接触することになります。コンデンサの外皮が溶けたりすることによってショートが起こらないよう気をつける必要があります。
なお、今回アルミットのハンダを使ってみたのですが、どうもこれヤニが多いのか残渣が気になりますね。

電解コンデンサは普通に買うと500円近くしますが、秋月だと100円。これはお買い得ですね。


さて、次回は無事にケースに収まるといいのですが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の場合、コンデンサーの足にはガラスビーズを入れて浮かせています。

No title

アドバイスありがとうございます。

足の下なら導体でもいいやと何か入れようか悩んだんですが、
気づいたら既に実装されていました!

ホントは振動対策に接着剤で固定しといたほうがいいですよね。

No title

メーカー製の基板では、中型大型のものは固定しますね、ソニーボンドとかDBボンドにて。

No title

ですよね。

まあ個人使用ではそこまで乱暴に扱うこともないから大丈夫だと思いますが…

ラグ板でアンプ組んだりした時は気をつけたほうがいいんでしょうか。
コンデンサが抜ける前に球がやられそうですが。

No title

コンデンサーの自重が負担にならない方向での使用でしたら必要ないですね。

No title

あれって運搬時の衝撃とかでやられるんじゃないです?

海外モノで抜けてたのとかあったような。そういう時は筐体も凹んだりしてましたが…

No title

コンデンサを固定する理由は、コンデンサ自体が電圧の変動で物理的に基盤を振動させる可能性(結果ノイズ元となる電流の発生)を防ぐためだったと思うから、ラグ版の場合は必要ないんじゃないかな? 

電源を別基盤で作っている場合は問題にならないことも多いだろうし、自作レベルではノイズが出たら考えればよいってレベルじゃないかな。

フラックスクリーナーは高いから、オイラは燃料用のアルコールで掃除している。

No title

こんにちは。

固定の意味は実際衝撃で電極が浮いた機器を見たこともあり、外部からの耐衝撃だと思ってました。

ちょっと調べてみたらルビコンのサイトに以下のようにありました。

>セットにおける振動・衝撃等が懸念される場合はコンデンサを
>プリント基板に取付る際、補助具・接着剤で補強してください。

ttp://www.rubycon.co.jp/catalog/j_pdfs/aluminum/CautionAlumi_Jpn.pdf


フラックス洗浄、私も常備している無水アルコールを使うときもあるんですが、専用のはやっぱりよく落ちますよ。
製造ではなくリペア用くらいなら大したコストにならないですけどね。

No title

fixer さん ども(^^)/~~
こういう突発電流を計るのは、電流プローブをオシロに繋いで、トリガをとって計るんですか?

本当に、いつもいつも、いろいろと参考にさせてもらって、助かっています(..;)ぺこり

No title

こんにちは

やり方としてはまさにそんな感じです。
電流プローブがなければ、回路動作に影響のない程度の低抵抗を用いるか、もしくは電流計の両端を測ればいいと思います。事前に安定した電流で値を合わせておいて。
ただ、上記の方法をやる場合はプローブのGNDのことを考えないといけません。
GND側に低抵抗を入れて問題ない回路の場合は簡単ですが、そういかない場合はオシロをフローティングするか、差動で受けることになりますね。


電流プローブは以前から欲しかったのですが、なかなか手が出せなかったのです。あると便利なんですけどね。

No title

了解です。
電流プローブの件は、検討してみます。
ほんと、fixerさんのおかげで、いろいろと先にすすめるようになりました。
感謝です\(^o^)/

No title

やややや

電流プローブって値段洒落にならないですよ。
DCがA単位で測れるクランプメータですら数万円するのに。

うちもそうですけど、運良く中古を見つけるとかしないと
現実的じゃないと思いますよー

No title

オシロ本体より遙かに高いですよね(笑)。それでも、基本セットで120万くらい って見積もりでてました。
中古も含め、検討します。

No title

えええええ。

私のはジャンクみたいなのを見つけてようやく手に入れたんですよ。
もっと簡素なのの中古とかでいいと思いますよ。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。