スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DigiFi No.10 付録USBヘッドホンアンプ スーパーチャージドドドド

超ウルトラスーパーチャージドドドドドライブシステムwwがさらに進化。


DSC_3539.jpg


DSC_3541.jpg



本来は、無闇矢鱈に電解コンデンサを増量するのは回路の負担になることもありよろしくないのですが、今回の場合はolasonicさんご自慢のスーパーチャージドドライブシステムの電流制限回路のおかげで、多分、いくら盛っても大丈夫です。

改造のポイントをご紹介します。

■R51とR52を4.7kΩから20kΩに交換。
これは、ボリューム最大時にヘッドホン出力の音が歪んでしまう問題を回避するもので、すでに記事を書いているものです。
ヘッドホンアンプ部のゲインを下げることで、ボリューム最大でも大きな歪の発生をしないようにしています。
なお、これにより無音時に目立つ、サーという残留ノイズを抑えることも実現したことと、USB接続時にうっかりボリューム最大になっていても大きな音が出て耳を痛めることを防止しています。

■差動増幅回路の変更
これもすでに記事にしていますが、今回のウリであるらしい「差動増幅でデジタルノイズを20dB改善」だけど、これは多分良くない。PCM2704のVCOMは信号源として使用する前提ではないので、オペアンプの帰還回路の分圧に使うとVCOM自体が振られてしまう。はっきりした測定結果は出ていないものの、左右チャンネルの分離が悪くなる原因となりうる。特に低域。ノーマルの状態で低域が出ていないような逆相っぽい感じがしたのは、多分これのせいだと思う。
よって、C25とC26は取り去って、それぞれの+端子をC31の-端子に接続することで通常の増幅回路に戻すことができる。

■外した電解コンデンサをカップリングに
上記で外したC25と26の47μFはC21,C22の交換用として使おう。元々の状態でも十分な容量だけど、せっかくだから低域重視ということで増強する。

■C1の除去
USBの突入電流を抑えるためにC1 220μFは除去しよう。本当はフィルタ組むとかしたいんだけど、とりあえず保留。

■スーパーチャージドのC8 6800μFを増強
わざわざ増強することもないんだけど、秋月電子で破格の50円で売っている低ESR 8200μFに交換してみよう。

■仮想GND周りの修正
無駄にたくさんコンデンサがついていることと、オペアンプのパスコンが無いので修正する。
C9,C31,C32,C51,C52は全部除去。
ヘッドホンアンプ段のオペアンプのパスコンとして8200μFを設置。C51の+端子に+端子を、C52の-端子に-端子を接続する。基板とのショートに注意する。オペアンプの直近にということで設置したが、結果的にはC8と並列で合計16400μFにもなる。低域には強い味方だ。まあ、スーパーチャージドの電流制限回路がうまくやってくれるはずだ。

■仮想GNDのコンデンサ増強
これもまた8200μFを入れてみる。C31の-端子に+端子を、C32の-端子に-端子を接続。こちらも足を曲げる必要があるので基板上でのショートに注意。

■ヘッドホン出力カップリングコンデンサの増強
C55,C56は1000μFに交換。470μFでも十分だけど、今回のテーマはコンデンサモリモリで低音ちゃんと出そうにしたので、増強。


こんな感じでどうでしょうか。
低域だけど、楽曲中のふと「モワッ」と出てくる低音で驚くよ。

※追記
これ聴いた後でノーマルに戻すと音細いなーって感じがする。低域の広がりというか、ちゃんと押し出してくれるんだけど、センターだけでなく左右通して全方位から出てる感じするよ。
LXU-OT2の改造機は、あれはあれでクリアでキレイにバランス良くまとまってて好きなんだけど、こちらは低域重視というか、まあ低域を増強する回路を組んだわけではなく、ちゃんと出るようにしたかっただけなんだけど、けっこう違うもんだなーと。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

弄り方がOT2の時よりハッチャけてる感じがしますね

No title

コメントありがとうございます。

もう少しマジメなのを期待されてたらすみませんでした。


なんだろう、やはり物を見て方針を決めているというか、早い話が今回はこういうノリだったということでお願いします。

しかしでも、電解コンデンサが特徴のUSBDACですから、その思想を継承したと考えていただければ納得、できませんかね!?


という反面、マジメにやろうとすると、辻褄合わせをどうするか悩むところもあります。

結果オーライというのもあれですが、さっきから聴いていて気に入っていますよ。

No title

いや不満があるんとかじゃなくて楽しそうだなと
l今回のdcdcコンバーターはPWM方式みたいですがPWMは電流消費が多いという話ですが
その辺の消費電量はどうですか

No title

ええ。今回はまた違った路線で楽しんでやっています。


電流、気になったので測ってみました。

1kHz 32Ω負荷、200mV 両ch出力時に約70mAくらいです。
無音で50mA程まで下がりました。
電流波形ですが、プローブのノイズに埋もれるくらいで、
LXU-OT2に比べたらとても綺麗な消費だと思います。


No title

機材をチェックする時って、何かリファレンスというよりはひたすら色々なソースを掻い摘んで聴くと、ふと何か感ずることがよくあるんだよね。今日は久々に出してきたAKB48のアルバムで神曲たちのTr.12の「ひこうき雲」
これのドラム。
キックとハットも歯切れよくていいんだけど、スネアのタンッって感じ。この心地よさはスーパーチャージドドドの改造版じゃないと出ないよ。
ノーマルのほうだとドラム自体が埋もれちゃってる感じがする。
音数が多いソースほど、電源の強化が効くとかは、あるかもね。

これのオフボーカルバージョン聴いてみたいな。CD買うかな…。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。