スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TASCAMのカセットデッキ

ヤフオクで10円で落札した超美品の業務用カセットデッキ TASCAM 112MKIIのジャンク。


IMG_0780001.jpg



酷いことにギヤがバラバラ。おそらく樹脂の材質が悪かったのでしょう。

IMG_0768001.jpg



とりあえず手元にあったタミヤのギヤが使えそうだったので、残存していたピニオン部分と合体させてみました。

IMG_0769001.jpg


が、しかし瞬殺。もう樹脂の劣化具合が酷いもので、一瞬にしてもげてしまいました。



仕方がないのでタミヤのカタログとにらめっこし、使えそうなギヤが入っている製品を探しました。
ウォームギヤーボックス HE 72004 に入っている黄色い二段ギヤがモジュール0.5で歯数が36と14枚。
うまい具合に使えそうです。モーターのピニオンは歯数10枚のものに交換。
元々はヘリカルギヤがついていましたが、幅が狭くてパッと見ではヘリカルだとわからないくらい。
まあ、通常のギヤに置き換えても大差ないでしょうということで。

しかし困ったことに、タミヤのギヤは樹脂で軸も一体成型となっているため、ここに2mmの軸穴を
開けなければなりません。
元々の軸は固定できるほどの長さや強度がないため、勘で開けるしかなさそうです。

若干偏芯してしまいましたが、なんとか回転できるくらいには仕上がりました。

IMG_0772001.jpg

いまいち動作がスムーズでない感じはしますが、さしあたり動作はできるようなので一旦完了とします。


ギヤの穴加工、もしくは代用品を用意できるような、良い案はないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TEACサポートに聞いてみましたか?

No title

なんかどっかに、パーツは出さないって書いてあったんですよね。
だから1価値がなく10円だったのかな、なんて。

一応聞いてみるべきでしょうか。

念のために聞いて見ましょう。

穴が少し大きめにしたら如何でしょうか?

No title

オリジナルマインド様のホームページでKHK DS歯車があります。

二段ではありませんが参考に。

No title

調べてくださりありがとうございます。

実はひと通りの既成品はチェックしました。
二段にするための加工で、軸穴径とかスムーズに出来そうなのが
なかったり、歯数の合うものが標準で無かったりしました。

いざとなればここで作ってもらえそうです。
ttp://shinkou-gear.co.jp/


でもしかし、10円のカセットデッキにどこまで手を尽くすかって感じです。

暑いですね…

もう十年以上も前の話なので今はどうか分かりませんが、東急ハンズで数種類の模型用?ギアを売っていました。
模型用部品を扱っている店にたずねる手もありかな?

最近はオーディオ熱が少し冷め気味で、バランス型ディスクリートヘッドホンアンプ組み立てが作業停止中。トランス式DACは部品はケース以外揃っているのですが手付かずの状態です。

秋には再始動したいです。

No title

こんにちは。
熱くて趣味もやる気が出ないですねー。

ハンズとか模型屋さん、あとロボット関係のお店でギヤの扱いはありそうですが、大体出元は限られてるようです。
協育歯車工業あたりのをよく見かけます。

いまのところタミヤのギヤが一番近いんですが、うまくセンターに穴をあける方法さえあれば…。

あんまりお金かけると、修理出したほうが良くなってしまいますしね。



工作も、そろそろ新しいネタをやりたいのですが、いまいち画期的なアイディアが生まれずに止まっています。

DRV134を使ったバランスヘッドホンアンプとか面白そうなんですが、どれだけ効果が出るかとか、日常的に使用する場合の手間とか考えるともうひと押し欲しいところで。
あとはトランス使ったネタも何かやりたいんですけどね。

センター出し

難しいかも…

三点で支持する仕組みが必要かな?
ミニ旋盤をどこかで借りられたら早いかも。

あとはこちら?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1265246022

ミニ旋盤などで使うセンタードリルを使えば、ボール盤でも何とか開けらるかもしれないけど、いずれにしてもセンター出しをどうするかですね。

昨日、一昨日とやっとエアコン止めて、窓開け放して熟睡できました。
エアコンより自然のそよ風が気持ち良いですね。

No title

プラ軸は細くて強度がないので穴をあけるほどの固定ができないのと、ギヤも14枚なので3点で固定するにはキリが悪いんですよ。

ギアの直径の穴をいちど何かに開けて、そこにギヤをはめ込んで開けるとか、でも細いドリルだと逃げますしね。

センタードリルも一応あるんですが、ギアの厚みが1cm弱くらいですから、垂直を維持するのもどこまでいけるのか。

ギヤをボックスごと買わないといけないので歩留まり出すわけにもいかず。

No title

ネタといえば。

TU-HP01 真空管ハイブリッドポータブルヘッドホンアンプ

面白い物が発売されていました。

オフィシャルHPに真空管の写真が写っていないww

センター

久しぶりです。
とある、鉄道模型のブログにセンター出しの実践がありました。
http://barrack-model.at.webry.info/201003/index.html
Nゲージでうまくいっているようです。
ご参考まで。

No title

エレキットですか。ついにこんな路線にも手を出してきたんですね。
なんか面実装のオペアンプとミニチュア管の組み合わせって…
けっこう高いですねえ。

No title

おひさしぶりです。情報ありがとうございます。

リンク先見ましたけれど、この場合はセンターの基準にできる軸穴があるから大丈夫なんですよね。

今回のタミヤのギヤの場合、両端に小さな突起が出ているだけなので、これを基準にするのが難しいのです。

今日トランスの事を検索したら、中村製作所のヘッドフォンマッチング?トランスが見つかりました。

No title

http://ns-t.com/products/trans/nsit43.html

これですよねー。
いつだか発売された頃に見た覚えがあります。

普通に考えたらこのサイズでまともな特性が出るわけないのですが、
中身なにが入ってるんでしょうねえ。

No title

そちらですね、最近追加されたものもありますね、とにかく小さい、最大なのか?スペックでは1パーセントの歪み率と書かれています。

No title

これは、買って測ってバラしてみるしかないでしょうか!

No title

そろそろポチッたところだと思いますが、日本光電は昔トランスも造っていたのですね。

VP-7723Aのトランスも日本光電のカットコアーが使われていました。

タムラOEMじゃないんですね ライントランスは協会2号とか塗られていますよね。

あとWEの面白そうなマッチングトランスを入手しました。

No title

中村製作所のNIP-01、昨日ポチって今日とどきましたよ。

いまざっと測定していたところです。

なんか普通の20mmサイズのトランスが2個入っていると思います。
縦横ちょうどそんな寸法です。

やっぱかなり飽和してますね。でもこれを逆手にとったエフェクターという感じです。

No title

そうでしたか!! 真空管ハイブリットアンプと同じですね、ソフトディストーションで音造り。

No title

歪みとして知覚できない歪成分を加えるのは音作りとして有効だと思います。レコードの音が良いとか、真空管の音が良いなんてのもこの部類じゃないかなって思ってます。

特定の周波数帯とか、レベルによってとか、そういう変化をつけるのがミソでしょう。

勢いあまって破壊してしまったんですが、これでまた興味深い部分が見えて来ました。

No title

破壊www
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。