TASCAM 122MKIII

ヤフオクで故障品が1,400円だったので落札してみました。

IMG_0896.jpg

先日10円だったのは2ヘッドの112MKIIでしたが、こちらは3ヘッドです。
回転が早いとのことでしたが、テープをセットするとDDのキャプスタンモーターが「ギュイーーーーン」と超高速回転しましたwwww 完全に見失っています。

すぐ怪しいなあと思ったんですが、やっぱり面実装の電解の不良でした。
なぜかこのモーターの基板だけが妙にレガシーな雰囲気を醸し出していました。
こういうカーブを描いた基板のパターンいいね。
IMG_0892.jpg

そうそう、112MKIIはベルトドライブでしたが、122MKIIIはダイレクトドライブだったり、基板のパターンを見るとバイアス周波数が前者は100kHz、後者は150kHzと、同じ基板を使ったりしていても違いがあるようです。


さて、速度周りは弄ってあったらしく調整が必要となりました。
しかし困ったことにテストテープがありません。仕方ないので市販のミュージックテープとYoutubeの音源で同時再生して尺が合うように調整しました。
まあそもそもカセットテープの速度なんてズレて当然みたいな部分があるので、あまり神経質になっても意味がないですけどね。
かつてのWラジカセなんて、ダビングする時に録音側のテープが先に終わっちゃわないようにと再生側と録音側とで速度の許容範囲が違っていて、ダビングするたびにどんどん早回しになったりして。

調整といえば、メカ系はさておきバイアスとレベルくらいは調整したいところだけど、これまたテストテープとメンテナンスマニュアルが無いのでどうしたものか。
でもこれも調整し始めると落とし所が見つからなくて結局は妥協しまくることになるんだよね。
STUDERの高級機のオープンなんて何合わせても気持ち良いくらいぴったり合ったものだけど、やっぱカセットテープは色々限界が多すぎる。10kHz超えるとサイン波の音じゃないもんね。

122MKIIIは前面パネルにバイアスとレベルの調整がついていて、本体内蔵の設定と切り替えができるんだけど、調整方法はどうやら内蔵のオシレータ-20dB 400Hzと10kHzでレベルが同じになるように、ということみたいだけどバイアスの調整ってこんなんだったっけ? オープンの時は10kHzでピークオーバー-3dBとかでやったような記憶があるんだけど、よく覚えてない。どっちにしろカセットだとメーターがふらついちゃって落ち着かない。

いろいろ調べつつ様子みてみようかな。

そうそう、何故に3ヘッドデッキが欲しかったかというと、テープ録音の特性取ってみたかったのもあるんだよね。f特とか歪とか。これを調べてみると、聴き心地のいい音のヒントがあるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サービスマニュアル、ふつーにネットに落ちてたよ。すごいな。
ttp://www.eserviceinfo.com/download.php?fileid=52063

ぎゅーいん!

はじめまして、山田と申します。
自宅の122MK3が故障して、よくあるギアの故障かと思いましたが、テープを入れるとギュイーン・・・となります。ネットを検索していて、こちらを見つけました。表面実装の電解の不良だそうですが、どの電解を交換されたのか、よろしければ教えてください。基板をみたところ、液漏れもなさそうなので、全部交換するしかないかなと思ってます。新し目の部品は難しくて・・・

No title

山田さま

コメントありがとうございます。
表面実装のコンデンサは、こういった場合は故障したものだけでなく全部交換したほうが良いです。大した量ではないので全交換しましょう。
C12とC14は両極性型のようですので、ここだけ気をつけてください。

No title

HiFi Engineのライブラリを見てみましたが、モーター基板の回路図だけありませんでした。おっしゃるとおり、全部交換してみます。

当方も全く同じ症状です。
mk3ではなくmk2ですが、同じ銘柄のチップコンデンサでなければなりませんか?

No title

こんにちは。同じ銘柄でなくても容量が同じで耐圧が同等以上なら差支えないですよ。無極性タイプも用いられているので、その場所は無極性のものを使ってください。
うちは面実装ではなくリード品の小型品を入れたような覚えがあります。

No title

お返事いただきありがとうございます。
早速同等品に交換してみたいと思います。

あと、このデッキだけかもしれませんが、
再生、一時停止、停止、の動作が、一回ヘッド部が下がったあと、
また上がって、また下がってという、不可思議な動作をするのですが、設定が狂っているのでしょうか?

No title

ヘッドの動作ですが、ちょっと記憶にないので何ともいえないですが、記載の順の操作を行った場合、機構上、一度ヘッドが上がってもおかしくはないと思いますよ。

No title

早速返信いただいてありがとうございます。
今、ギア部をバラしてみたところ、モータに付いている樹脂製の白い
爪が黒いギア部の突起に刺さってませんでした。
これであと、厄介な暴走モーターで完了です、、、。

タスカム122MKⅡ

症状
左右の音質が極端に違う。
再生ヘッドの問題と思いますけど、 修理可能でしょうか?

No title

こんにちは。
症状からしてまず最初に確認する必要のあるのはヘッドの汚れかと思われますが、十分なクリーニングは行っていますでしょうか?
修理業者が見つからないのか、自身で修理したいなど
具体的なご希望や詳細をお聞かせいただけますか?
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク