ヘッドホンアンプ設計・試作その6

バランスドライバのDRV134+小型トランスの電池駆動ヘッドホンアンプですが、
Hammond版で特性をとってなかったので測ってみました。



周波数特性 32Ω負荷
DRV134HPA_freq_32.png
緑 0dBV (1V)入力
青 -10dBV 入力
黄 -20dBV 入力

0dBVはiPodの最大出力レベルにちなんだ値です。
低域では飽和が始まっていますが、これはサイン波での最大レベルですので実際の音楽信号でここまで大きな低域成分が連続して出力されることはまずありません。
-20dBVまで下がると低域の飽和がなくなりますので、このレベルでの周波数特性をみます。
可聴内においてなかなか良い感じにフラットになっています。
本機の狙いは歪と感知できない、さりげない歪成分を加えることでアナログの質感を得ることにありますので、その絶妙なところを攻めたつもりです。
なお、トランスをHammondではなくST-71で組むともう少し特性は良くなります。



続いて歪率(THD+N)をみてみます。
DRV134HPA_THDN_32.png
こちらも同じく3種類の信号レベルで取りましたが、1Vでの特性がすごい歪!


実はこれはトランスではなく増幅段でのクリップ歪です。
これもまたギリギリに追い込んだ結果でもあるのですが、乾電池の電圧や負荷の重さに起因するものです。
もう少し最大レベルを稼ぎたい気持ちもありましたが、他の要素との兼ね合いもみてOKとしました。
ちなみに、CDでよく0dBFsで平然のクリップしているソースがあって歪が気になる場合がありますが、今回の場合は特に気にならないなと不思議に思っていたのですが、よく考えてみれば歪が気になって問題となるのは小音量で再生した時ですから、今回のように最大レベルすなわち爆音状態での歪は聴感上問題にならないどころか、むしろうまくリミッターとして働いてくれるんじゃないかな、なんて思っています。

-10dBV以下の信号についてはいい感じに低域の飽和が入ってきています。これが味付けの成分です。

とはいえ、1kHzでの歪率は0.01%だったりするわけですから、「全高調波歪率0.01% @1kHz」なんて書いちゃったりして? 面白いものです。


ちなみにch間クロストークはこんな感じでした。
DRV134HPA_XT32.png
これはまあ、80dB程度でまあ普通だねってとこだと思います。
個人的にはクロストークに関しては基本的にきちんと確保したほうがいいと思ってます。




ちなみに負荷のインピーダンスが32Ωより上回った場合として、300Ωでも周波数特性をとってみました。
DRV134HPA_freq_300.png

300Ω負荷の場合は入力レベルに対して10dBほどゲインが稼げているのがわかります。
これはハイインピーダンスのヘッドホンでの音量不足を補う意図もあったのですが、さすがに飽和による歪みが厳しいかな、どうかなって感じです。300Ωのヘッドホンを使うならサンスイST-71で組んだほうがいいかもしれません。

とはいえ、無負荷状態の出力をモニタースピーカーに接続してチェックしても、音量を多少絞っていれば音楽再生時の「飽和したな」という歪が発生することはありませんでした。
うまくその手前で扱うことで、低音の押しの強さを出すことができます。
特にヘッドホンでは低い周波数の再生は難しいので、うまく高調波を加えてやることで低域の質感を得ることができるはずです。実際、そういった技術が採用されている製品もあります。


ってなわけで、あえてアナログのギリギリ感を演出するよう設計したアンプでしたが、測定結果をみて、あらためて「ギリギリ感」が確認できたことと思います。
超優秀な信号出力をもつiPodなどのデジタルプレーヤの音に満足できないあなた、アナログ感満載のアンプはいかがでしょうか?



※追記
ST-71バージョンでも特性をとってみました。
やっぱりこちらのほうが性能としては優秀です。音は若干違うので好み次第だと思いますが、値段と入手性など総合的に考えたらST-71に軍配が上がるでしょう。


周波数特性 32Ω負荷
DRV134HPA_ST71_freq_32.png


周波数特性 300Ω負荷
DRV134HPA_ST71_freq_300.png


歪率 THD+N
DRV134HPA_ST71_THDN_32.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Sunday Gamer さま

どうもこんにちは。
これはUPVというモデルです。縁があって入手したのですが、
自動測定やデジタル処理でFFTなんかできるメリットがある反面、多機能で複雑だったりと手軽に扱い辛い部分もあります。

No title

APもそうでしたけど、やっぱりタイミング見計らって手に入れるしかないですね。
ヤフオクでUPLがループしてますけど、大当たりか大外れのどっちだろう?
レッツチャレンジ
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク