スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTU 896 MK3 Hybrid

IMG_0955.jpg

かつては使い分けたりしていたオーディオインターフェイスですが、数が増えたので整理することにしました。
バランス入出力である程度大きなレベルで出力できるAD/DAを備えたものがいいなってことで、MOTUの896 Mk3 Hybridにしてみました。
ラックマウント2Uで一見大きく見えるものの、奥行きは短いし、重さもあまり重くありません。
デジタル入出力もAES/EBUやADATもついているので何でも来いな感じです。

でもなんかノリで使う機器みたいで調べても入出力などに関する詳細な仕様が出てきません。
まあ新しい機材を手に入れたときはいつもそうなのですが、ひと通りのチェックをしてどんな仕様なのかを確認しておきます。
メモがてらデータを載せておきます。

なお、いままでよく使っていたFireface UCも手放そうかなーと思ってたのですが、なんかMOTUのソフトウェアミキサーだと、いままで出来ていたことが出来なかったり(例えば同じソースを複数のチャンネルに出力するとか)、インプットメーターが数値で出なかったり調整時に見づらかったり。
今となってみるとFirefaceはほんと良く出来ていたんだなーなんて思って手放すのが惜しくなってきました。

本当はガッツリなんでもできる896Mk3と、あとRolandかFocusriteあたりのバスパワーで動くようなお手軽インターフェイスがあればいいかな、なんて思ってたんですけどね。


ちなみにMOTUのフタを開けてみたんですが、あー、見なきゃよかったなって感じでしたw



ではRMAA(Right Mark Audio Analyzer)の結果から。
なんかアナログ最大出力をそのままライン入力に戻すとクリップしてしまうので、仕方なく送り出しをデジタルデータ的に2dB下げてテストをしています。テストファイルをWavで出力し、ProToolsに貼り付けて再生・録音しました。

MOTU Analog 1-2

どうでしょう。24bit/96kHzでデータを取ったからという理由もあるのですが、なかなかいい感じの特性ではないでしょうか。THD+Nの項目で変なスペクトルが散らばってますが、どうやらこれはアナログ出力で-6dBFs以上の信号を出した時に出てくるようです。気にはなりますが、歪率の数値的には全く問題ないので良しとしましょうか。


以下は個別にチェックしたインピーダンスやレベルのメモです。

MIC IN インピーダンス @1kHz

PAD OFF
2-3 2.35kΩ
1-2 1.3kΩ
1-3 1.3kΩ

DCR
2-3 3.1k
1-2 35k
1-3 35k


PAD ON
2-3 3.1kΩ
1-2 1.74kΩ
1-3 1.74kΩ

DCR
2-3 3.1k
1-2 35k
1-3 35k


LINE IN インピーダンス

PAD OFF
2-3 1.28MΩ
1-2 597kΩ
1-3 590kΩ

DCR
2-3 4.36MΩ
1-2 2.2MΩ
1-3 2.2MΩ

PAD ONでも変わらず



MIC IN 最大ノンクリップ入力

PAD ON 5V
PAD OFF 0.5V

LINE IN 最大ノンクリップ入力

PAD ON 7V
PAD OFF 0.8V


MIC IN 最小入力レベル(0dBFs)
PAD OFF GAIN MAX
1.1mV

LINE IN 最小入力レベル(0dBFs)
PAD OFF GAIN MAX
1.6mV


CMRR @1kHz

MIC IN
PAD OFF
89dB

PAD ON
40dB

LINE IN
PAD OFF
70dB

PAD ON
57dB



-----------------

analog out

最大レベル 0dBFs 96kHz

7.52V 19.7dBu 200kΩload

1-2 3.75V
1-3 3.751V

Zo=217Ω

たすき掛けではない

THD+N @997Hz 0dBFs
0.0033% 20-250kHz
0.0009% 20-80kHz
0.0011% 20-80kHz 600Ωload


ざっと参考程度にしてください。
こういった入出力の仕様を把握しておかないと、測定に使ったりする時は問題になったりします。
XLR入力もTRS入力も、ファンタムの有無と入力インピーダンスが異なるものの、可変ゲイン幅は一緒で範囲の広くなっていました。よくヘッドで歪んでしまう機器もありますが、このモデルに関してはメーターがクリップしない限りは前段でクリップすることは無いようです。
TRSはライン入力ですが実質は無負荷状態で、DIを兼ねているようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございます。

大変なブログをいつもありがとうございます。
DTMerで音楽聞くのが好きなおっさんです。
MOTUはガワこそアルミでいい格好なんですが、中身は(´・ω・`)なんですよね。伝統的に。そう90年代から。

Audio I/F買い替えでUCXを狙っています。TotalmixFXの利便性とリモコンに惹かれています。

このブログは数字の辺りが難しくて半分も理解できていませんが、読んでいて面白いです。

また寄ります<__>
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。