スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LXA-OT3 ゾベルマン

LXA-OT3の出力フィルタのせいで30kHz近辺にピークが出来てしまう件ですが、もう少し詳しく調べてみます。


公称インピーダンス8Ωのスピーカーであっても、20kHz近辺では30Ωくらいあったりします。
そこで今度は、抵抗負荷を4Ω、8Ω、16Ω、32Ω、64Ω、128Ωと切り替えながら特性を取ってみました。
LXA-OT3_load4to128ohm.png

ご覧のように4Ω負荷のときは高域が減衰しているのに対し、8Ω近辺でおおむねフラット。それ以上の軽い負荷になるとピークが目立ってくることが確認できました。





ピークが出来る原因はフィルタのLとCでの共振ではないかと思うのですが、試しに470nFに1μFをパラに接続して1470nFに定数を変更した状態でも周波数特性を測ってみます。負荷はオープンです。

LXA-OT3_add_105cap.png

すると、高域のピークが下に降りてきました。
ということで、周波数特性面で考えるならば、このコンデンサは470nFよりもう少し小さくしたいところです。



基板にコテを当てる作業はまだ置いといて、簡単にできることをチェックします。
純粋な8Ω抵抗負荷であれば全域でフラットに近いものの、実際のスピーカーが接続された場合、高域のインピーダンスが高くなるためフィルタが理想通りに動作しないことが、ピークが出来てしまう原因です。


えっと、確かそういう時に使う回路があったはず。




それはゾベル


ゾベルマン

ゾベルマン!!



…というわけで、値はテキトーですが1μFと10Ωを出力にパラッてみます。

IMG_1103.jpg





そして先ほどと同じように4Ωから128Ωまで抵抗負荷を切り替えながら周波数特性のチェックです。

LXA-OT3_zobel.png

というわけで、ピーク周波数が20kHz近くまで降りてきてしまったものの、鋭いピークが無くなって、だいぶ落ち着いた感じではないでしょうか? さすが正義のヒーロー ゾベルマン


ともあれ次はフィルタのコンデンサをもう少し小さくすることと、高域のノイズの兼ね合いを確認しないとですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

デビルマンよいですね。
つけてみよっかな?

No title

たぶん470nFを半分くらいにした上で、あらためてゾベルマンを設計するのが最適だと思うんです。
こちらも時間がとれ次第実験してみます。
色々試してみて音の変化など教えてください
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。