スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6L6GCシングルアンプ16,200円

巷で話題の格安中国製真空管アンプを買ってみました。16,200円と送料1,500円の格安です。


DSC_4260.jpg



真空管は整流管の5Z4P、初段の6N1、出力管の6L6GCが2本です。
DSC_4296.jpg


内部の様子
(画像クリックで拡大)
DSC_4282.jpg

気になった点

・整流管だったりチョークが入ってたりと案外本格的
・底の蓋がない! うっかり触ったり物が入り込んだらあぶない!
・コンデンサの固定が現代的(両面テープ剥がれなきゃいいけどな)
・ヒューズが無いんじゃないの? →ACインレットの部分にありました
・まあ、とにかく安いよね。


真空管アンプの回路よく知らないんだけど、なんとなく書き出してみた回路図
(画像クリックで拡大)
6l6gc_single_sche.jpg



電源電圧ですが110V表記になっています。
100Vのときの各部の電圧はこんな具合でした。

6L6GC B電源 280V ヒーター 5.3V
6N1 B電源 185V ヒーター 5.8V

なので110Vでざっくり特性を取ってみました。8Ω負荷時の電圧利得は7倍ほどです

6L6GC_freq.png


6L6GC_THD_8ohm.png


6L6GC_FFT.png


とりあえず、電源は入るし、音も鳴っています。
iPodがソースだと、若干ゲインが足りない気も。でも問題ないレベルです。
音質は歪っぽいけど、これはこれで真空管っぽくっていいかなって感じ。

またなにか進展があったら書き込みます。


出力トランスの周波数特性をざっくり見てみました。

出力を8Ω終端したときに一次側からみたインピーダンスが3600Ωほどだったので、とりあえず3.6kΩ:8Ωということにしてマッチングさせた状態で周波数特性のチェックです。発振器出力レベルは10V。600Ωバランス出力のオシレータに1.5kΩを2本入れて測定です。

6L6GC_tr_freq.png

ロスが無い場合の計算値を0dBrに設定したので、トランスのロスは1dB程度ということがわかります。なかなか優秀ではないでしょうか。
周波数特性で高域の落ち始めは若干早い感じがします。ピークも近いところにありますし。

ちなみにアンプとして測定した場合の周波数特性で高域が上がり気味になっているのは、おそらく一次側の球の出力インピーダンスが3.6kΩを下回っているからなのではないでしょうか。


上記の状態で歪率もチェックします。
6L6GC_tr_THD.png

アンプ全体でみたときの歪率が若干高いのが気になっていましたが、どうやらトランスのせいではなさそうです。





NFB切って特性見たいという要望があったので。

電圧利得は16倍ありました。

周波数特性
6L6GC_nonfb_freq.png

歪率
6L6GC_nonfb_thd.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真空管アンプ

おお~興味シンシンです

今後の展開期待しています

去年から真空管アンプに興味が湧き、今物色中です
(とはいっても10万円以下のもの)
Softoneソフトン社(横浜) の300B をお借りしたことがありました
とても透明感のある音で気に入ったのですが 恐るべし300B 泥沼に入ってウエスタン社の真空管が欲しくなってはまずいなと消極的になった小心ものです

No title

今後の展開はあるかわかりませんよ。

真空管の回路はあまり携わる機会がないので、安いしってことで
勉強がてら買ってみました。

トランスも、混ざり物があったりしてまともな電磁鋼板じゃないんじゃないか? なんてツッコミを受けたりして、まったくもって得体が知れない一品です。

No title

新たな改造ネタかしら。

シャーシはステンレスでしょうか?
だったら新たな穴あけは難しそうですね。

初段をFETにして超3結に改造するのもいいかもしれませんね。

No title

改造どうしよっかなって感じです。
ひと通りチェックしたところだと、やはりトランスの特性で高域に限界があることと、球周りでの歪率が若干高いかなという感じです。
球のノウハウを持ってないので、興味をもつきっかけになればと思って買ってみました。

シャーシはステンみたいです。穴あけるなら一旦全部外さないとマズいかなあと。

こんにちは。

ロシアの6550を調べて居たら、最近の経済成長により人件費高騰で工場が閉鎖して居るみたいです。

仕方ないことですが適価で流通できる事も必要ですね。

No title

こんにちは

最近はそんな事情があったんですね。

値段の上昇はある程度仕方ない気もしますが、入手難は心配ですね。

トランジスタは軒並みディスコンで、真空管は大丈夫だろうなんて言われてましたが注意が必要ですね。
まあ、意外と長持ちするから気にしすぎることもない気もしますが。

私が心配してるのはMCカートリッジの価格上昇です。
DL-103も値上げされましたし、他のも4,5万当たり前ですから…

No title

初めまして、偶然サイトを拝見しました。
自分は、このアンプをキットで購入し、
付属のパーツは電源トランス、チョークコイルと出力トランスだけを使用し、
抵抗とコンデンサーは、ニチコンやアムトランスなどで組みました。
全くノーマルの音は聞いてませんが、
かなり、良い音がでました。
別途購入した真空管をいれると、
総額25000ぐらいで、良い音がでました。
因みに、底板はついてました。

No title

はじめまして。

そうですね。このまま使うより素材として利用するのが賢そうです。
買ったきりそのままになっていますが…

No title

いまさらです。
真空管に、つきましては
自分はビンテージサウンドに、
メールしまして、菅を決めて貰い購入しました。
全てロシア菅で、総額1万を割りました。

電源トランスの線について

はじめまして、熊本の井上と申します。
私はアマチュア無線(JA%FKP)をやっていて、過去に、オーディオ関係5~6台の製作をした経験もあります。
早速ですが、先日購入しまして組み立てを開始しました。
回路図だけあれば、組み立てる自信はあったのですが、一ヶ所だけわからないところがあります。
それは電源トランスの出力線で外皮が黄/緑となっている線があります。
これはどこに接続したらよろしいのでしょうか?
写真も見せてもらいましたが、もうひとつはっきりわかりません。
アースにつながっているのでしょうか?
よろしくご指導お願いします。

No title

私は組み立てていませんし実機もありません。
問い合わせ先を誤っています。メーカーに確認すべき事項です。

No title

すみません。ありがとうございました。
お手間を取らせて、申し訳ありませんでした。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。