スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「FALSE STUDIO MASTER」

ラブライブ!のハイレゾ音源で音質が良いと第一人気の「Snow halation」。公式のイベントでもCDとの比較試聴に使われていたりする曲ですが、twitter情報によると「ギターの音が違う全く別物」らしいのです。
この楽曲を購入していなかったので知らなかったのですが、知る人ぞ知る「ハイレゾとCDの聴き分けポイント」だったそう。


CDの「μ's Best Album」と聴き比べてみると、確かにエレキギターのフレーズが別物であることがわかります。
2つの音源を並べて差分を出してみたところ、曲全体に渡ってエレキギターの音が綺麗に抜き出すことができました。
スノハレ差分


わかりやすいのは3:10くらいの「届けて切なさには」の手前の部分。エレキギターの音がCD版では「ジュワーン」と入っているのに対し、ハイレゾでは「ジャジャジャーン」と入っているので、一聴ですぐにわかります。
この他、00:22~00:35あたりも違いがわかりやすい部分です。


このように、波形でも違いを確認することができます。
スノハレ差分2




違うのはフレーズ(リズムやメロディ)だけでなく、音の位置もハイレゾではギターが右側に居るのに対し、CDでは左よりです。

なお、ハイレゾ音源のファイルのメタデータを参照すると、この音源は2010年10月05日12:59に作られたファイルであることが確認できました。
スノハレメタデータ

Snow halationのCDの発売日が同年12月22日ですから、発売までの間に何らかの事情でギター音源の差し替えがあったものの、後々の管理ミスで配信するファイルを間違えてしまったのではないかと推測されます。 


それにしても、このハイレゾ音源についてネット上の比較試聴の記事を検索すると「ハイレゾでは聴こえなかった音が聴こえる!」「まるでギターが別物!」みたいな感想が並んでいて、購入者を騙すのも程々にしとけよと思っちゃうよね。
そもそも公式のハイレゾ試聴イベントでプロデューサーの人立ち会って聴き比べしてなかったっけ? 気づけよなwwwww

というわけで、この楽曲においてはランティスの言っている「TRUE STUDIO MASTER」ではなく「FALSE STUDIO MASTER」(偽りのスタジオマスター)じゃねーの?wwwwwwww というお話でした。




そういえばハイレゾついでに話をすると、「マスタリングエンジニアが音をグチャグチャにしてしまったせいで、当時のレコードのほうがよっぽど音が良い」状態になってしまっている麻丘めぐみのハイレゾ音源ですが、レビュー記事(http://www.e-onkyo.com/news/57/)で「誠意の無い制作会社ならば事後に音源を差し替えて「作品にはノイズが入っていませんでした」とミスを隠蔽する」とか書かれていたので、tr.8 白い部屋の曲中の「バチッ」というノイズについて問い合わせてみました。


聴けばすぐに気づく、すさまじいノイズ波形が
白い部屋ノイズ


しかし残念なことにビクターさんからの回答内容としては「ノイズは確認したけど、修正はしない。販売ページに「楽曲中にノイズがry」と注意書きを入れました。

という、なんともお粗末な対応でした。これでは「誠意のない制作会社」にすら満たないね。


その他にも曲のフェードアウトの処理がこんなに雑だとか
フェードアウト


アルバム全曲一括購入特典のサウンド解説が、サイトで無償で見られる解説と同一でしかもプレーンテキストのpdfとか
サウンド解説


正直これじゃあ商品として世に出して良いレベルを満たしてないと思う




まずは先にレコード会社の人間をハイレゾ化しろwwwww

予算が無いを言い訳にするならマスタリング(という名の音をグチャグチャにする作業工程)をやめろ。


言い方は悪いけれど、こんな現状では音楽業界の衰退も、あって然るべき状態だと思います。
もう少し意識を高めてがんばってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> ~ マスタリング(という名の音をグチャグチャにする作業工程)をやめろ。
同意します。この話とは別かもしれませんが、私がCDを好きになれないのは
レコード会社のマスタリングと言うか音をメチャクチャにすることです。

だから、私の主たる音楽ソースはインターネット・ラジオです。
NHKやヨーロッパの放送局が収録したクラシックが好みです。
ヨーロッパの国営放送は192kの放送局も多く、もちろん無料です。
日本の音楽文化との格差を感じます。

No title

世の中の音楽の聴取スタイルが携帯型のプレーヤーで電車内みたいなのが一般化しているのは確かなことですが、それを理由に音楽録音を街宣車みたいなやかましいだけで音楽性を失う音にしてしまうのは問題だと感じます。
日本は特にその傾向が強い、というか処理がヘタクソな感じがします。

海外のネットラジオ、それもいい選択ですね。

No title

詐欺まがいというかここまでやると本当の詐欺なんじゃねーかと思うわけで……。
まあ現実としてそういう商売が大手を振って行われているわけですが、
そんな中でこういう定量的なアプローチをされている方がおられるのはとてもありがたいことです。

No title

詐欺というか、今回に関してはミスなんだと思うのですが、
その後の対応が宜しくないですね。

事業に取り組む姿勢、考え改めてもらいたいものです。
これでは音楽業界も先は無いですね。

記事とは直接関係ないですが
ラブライブの新曲のタカラモノズってそれ以前の曲と高音の刺さらなくなったように聞こえるんですがそれはなんででしょうか?
自分はマスタリングエンジニア辺りの人材が変わったと睨んでいるのですが…

No title

こんにちは

タカラモノズは買ってないのですが、音質的に改善されたということでしょうか?

音質についてはマスタリングエンジニアによる部分もあるとは思いますが、そもそも、その前段階のミキシングがどうであったかも関わってきます。

どちらかというとエンジニアよりも、それらを指揮している立場の人の問題が大きいと思います。

ランティスのプロデューサーは「過去最高に音がデカいアニメ!」なんていって、op曲のボーカルが埋もれてるような番組を放送しているので、音質面では今後も期待はできないでしょうね。

No title

音源違いに関する返答も、多忙を理由に放置してるみたいですし…。

放置かと思ったら今になってsnow halationの修正来ましたね

No title

来ましたねー。
さっそくtwitterに比較載せましたよ
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。