スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LXA-OT3 + トランスでヘッドホンアンプ

LXA-OT3にトランスをつけてヘッドホンアンプにするのが流行ってるらしいので、実験してみました。

とりあえずLXA-OT3はノーマルに戻します。
使用したトランスは東栄変成器と600Ω:8Ωのものです。現在はラベルが変わっているみたいですが、同等のものだと思います。コア材がハイライトと、低スペックですが、価格やネットで見た情報からすると現在も同じなのではないでしょうか。


IMG_1217.jpg


とりあえず聴いてみた印象は、正直、うーん???? っていう感じでしたが、とりあえず特性とってみました。


0dBr=100mVで、緑が無負荷、黄色が32Ω負荷です。測定上ほとんど変わらないのと、微妙なレベルの違いはボリュームの誤差だと思います。

LXA-OT3_trans_hpamp1.png

!!?

なんか30kHz近辺に20dB以上のピークが!!
原因はアンプに対する負荷が軽すぎてフィルタがきちんと動作しないことと、トランスのLC成分が関係しているのかもしれません。
ハイレゾでもない限り、30kHzの信号がアンプに入力されることはあまり無いとは思いますが、でも可聴域外の信号の10倍以上になって出力に現れるのはちょっとヤバいんじゃないでしょうか。




あと、低域がやっぱり薄い感じがしたので低域も確認するため、グラフの縦軸を拡大してみます。
LXA-OT3_trans_hpamp2.png

20Hzで-1dBという値はそこまで悪くないとは思うのですが、音を聴いた感じだともう少し延ばしたい印象でした。
トランスの入力インピーダンスに対してアンプの出力インピーダンスはかなり低いので低域については有利なはずなのですが、コア材がハイライトなので厳しいのだと思います。


案外手こずりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。