スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇多田ヒカルのハイレゾはニセレゾ、だはー?

アナログマスターテープからニューヨークのマスタリングスタジオの著名エンジニアTed Jensenが24bit 96kHzでリマスタリングしたハイレゾ音源が発売されました。

毎度ながら、チェックしていきます。


まずは波形の比較から。

上がハイレゾ版、下が当時のCDアルバムです。

Automatic
Automatic波形比較


First Love
Firstlove波形比較


ご覧のように、当時のCDではガチガチの海苔波形でしたが、今回のハイレゾ版では余裕を持った記録レベルとなっています。


ちなみに、CD版の波形を拡大してみるとレベルオーバーによるクリップを生じていました。
AutomaticCD波形クリップ

これは聴感上、音割れとして聴き取ることが出来ます。ところどころボーカルの音がバリッっと鳴っているので聴いて確認してみましょう。比較的小音量だと分かりやすいです。

ハイレゾ版ではクリップによる音割れが無くなっていますのでこの分高音質となっています。しかし全体的にクリアーでおとなしめの音質なので、個人の好みによって評価は分かれているようです。


個人的には、CD版の波形に対してiZotope RX3のdeclipツールでクリップ波形の補正をした音が、一番好きな感じでした。キックドラムの音がビシッと、押してくる感じが心地良かったです。
AutomaticCDdeclip.png





さて、続いては問題の記録周波数領域についてのチェックです。
サンプリング周波数96kHzのフォーマットでは理論上、可聴域を超えた48kHzまでの信号が記録可能です。
しかし、この音源に関して有効な記録成分は20kHz近辺留まりであることが確認できました。

Automaticスペアナ全体

スペアナおよびスペクトログラムの波形からわかるように、おおよそ20kHzを超えたあたりからガツンと信号が落ちており、有効な信号が含まれていないことがわかります。


この周波数分布の波形を、CDとハイレゾで比較してみます。
黄色がCD、白がハイレゾです。
AutomaticスペアナCD比較

どちらの音源も記録された周波数帯域は20kHz留まりであり、ハイレゾ音源のサンプリング周波数96kHzというスペックは有効に活用されておらず、CD音源と同等であるといえます。


ハイレゾ音源の記録帯域が十分に伸びていない理由については、このような原因が考えられます。

音源の売り文句としてはアナログハーフインチテープからリマスタリングといわれています。アナログテープには減衰しつつも100kHzくらいまでの信号記録ができるのですが、マスターテープ以前の段階の問題が考えられます。
この楽曲が作られた当時のレコーディング環境はハイレゾではなく、サンプリング周波数48kHz程度のものが主流でした。よって、20kHzを超える高域に関してはレコーディングの段階ですでに切り落とされて無くなってしまっていると考えるのが妥当です。

ハイレゾ音源の形式である96kHz 24bitに対し、最初の段階でそれに満たない48kHz 24bit程度の形式で録音された経緯のある音源、果たしてこれをハイレゾ音源と呼んでいいのでしょうか?

リマスタリングの作業としては、元の音源に20kHz以上の信号が含まれていなくとも、音質面で96kHz以上のサンプルレートで完成させる意味があるという意見もあります。

一方で、購入側としては48kHzの成分まで録音できる形式で販売するにも関わらず、一旦、それに満たない形式で録音されて高域成分が失われたのでは詐欺まがいじゃないかという意見も。


例えばCDのデータを単純にアップサンプリングしただけの音源は「ニセレゾ」と呼んで異論はないと思いますが、こういったように販売する形式(96kHz 24bit)を十分に活かすことなく48kHz 24bit相当のデータしか記録されていないような音源は正当なハイレゾ音源なのか、それともニセレゾなのだろうか? これは意見が分かれると思います。

MP3ファイルからCD作って売るなよ。というのと一緒でことわりがない限りNGだと考えているのですが、いかがでしょうか。


私の場合は色々なツールで確認や検証をすることが出来ますが、一般のプレーヤで再生する限りは、超高域成分まで含まれたハイレゾ音源であるかどうかを確かめる方法がありません。

現状ではサンプリング周波数が高いからといって、高い周波数まで記録されている保証は無いということです。

今後、販売される音源について、どのような機器を使い、どんな方式で作られたハイレゾ音源なのか、明示していくことが必要だと考えます。


ちなみにですが、今回の宇多田ヒカルの音源についてはハーフインチのアナログテープから一旦192kHzサンプリングで取り込み、最終的に96kHzサンプリングにしているとのことです。しかしながら周波数分布を見ると、これに関しても疑問が残ります。


最初のスペアナ波形では、曲全体の平均を表示していましたが、部分的に拡大してみると20kHz以上の成分は微小ながらも信号が存在します。しかしそれは音楽成分ではなく、途切れ途切れのノイズのような波形です。
おそらくこれは、コンプレッサーの動作や、記録や伝送段階での信号路の非直線性によって生まれた成分だと思われ、音の大きな部分に発生しているようです。
Automatic高域スペクトル


そこで、First Loveの最後のフェードアウトの部分に注目してみます。
Firstloveフェードアウト

無音に近い部分において、可聴内には少なからず信号があるにもかかわらず、20kHz以上では-140dBFSと、全くもって信号が存在しないような状態にあります。

アナログテープの再生では無音部分でもサーというヒスノイズが少なからず発生するものです。いくらハーフインチの高性能なテープレコーダーと優秀なADコンバータを用いたとしても、ここまでノイズが少ないというのは違和感があり、しかも20kHz程度を境に一気に落ちる理由が考えられません。

以下は、1/4インチアナログのフルトラックで15ipsで無音部分を再生したときのノイズ分布です。
NAGRAヒスノイズ


低域はハムノイズ駆動系のノイズ? および、テープの再生イコライザによるカーブとみられます。
高域に関しては20kHzを超えるにつれて減衰しつつもなだらかに続いていることがわかります。
※高域のツノは測定環境に依るものなので無視してください。

実際のレコーディングで用いられたレコーダはもっと高性能なものですが、いくらそうとはいえ、いきなりガツンと落ちきるのはやはりおかしい感じがします。いくらなんでもヒスノイズが少なすぎます。

何がいいたいかというと、アナログマスターを再生した以降にも、サンプリング周波数48kHz程度のデジタル変換が行われているんじゃないかということです。


制作段階でアナログテープを使用しているという点については、おそらく間違いないといえるでしょう。理由は低域にアナログテープのようなノイズ成分があることや、First Loveの曲頭にテープの転写によって残ってしまったと思われる1kHzの基準信号がうっすらと残っていることからです。
Firstlove1kHz.png

ここでも20kHzを超える部分でノイズレベルがガクンと落ちています。やはりアナログマスターテープ再生をハイレゾで録音した結果とは思えません。


いったいどんな経路で制作されたハイレゾ音源なのか、謎は深まるばかりです。



※映像作品に例えると…

なつかしのアニメをHDフォーマットで!
ブルーレイの登場にともないフイルムから改めてデジタル映像化しました!

ということでブルーレイを買ってみたら、色の階調がキレイで素晴らしい!!
なんて思って、あらためてDVDを確認したら、DVDは明るさを上げすぎていて白飛びしているだけだった。

さらに調べてみたら当時フイルムの完成品が出来上がる前にSDフォーマットの環境で編集をしていたようだ。
しかも、フィルムからブルーレイにする間にもSDの編集システムが使われていたような痕跡があった。
そういったものがHDフォーマットのブルーレイとして発売されているけれど、これってどうなの?

って感じです。



※2016/10/2 追記
先月末に宇多田ヒカルのニューアルバム「Fantôme (Fantome)」がハイレゾでリリースされましたが、
日本では4,200円なのに対し、海外では半額以下の17.98ドルで販売されていることが話題になっています。
また、海外の配信サイト TDtracksでは「Notes: Recorded in 48kHz, mastered to 96kHz」と、48kHzの録音物から作った96kHzの音源だということが書かれていますが、日本の販売サイトではこのことについて一切触れられていませんでした。
Fantôme - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】
Fantome HDtracks - The World's Greatest-Sounding Music Downloads

また、MP3配信においてもアメリカのAmazonと国内とでは価格差があり、アメリカの9.49ドルに対して国内は2,200円と、国内だと倍の値段となっています。
amazon.com Fantôme Utada Hikaru MP3 Downloads
Amazon.co.jp: Fantôme 宇多田ヒカル デジタルミュージック

なぜこれだけの価格差が生じるのかわかりませんが、これは国内では有名な宇多田ヒカルも、アメリカでは半分くらいしか価値がないということなのでしょうか?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱりある程度の品質を保証する統一規格みたいなもんがないとダメですね
手変え品変えで商売するだけの人たちですからやらないでしょうけど
まあでもクリップしてないぶんもとのCDより音がいいだけまだマシなんかな

ハイレゾという名前ばかりが先行して中身が伴ってないですね。これではニセモノをつかまされるだけでなく、品質が良いものを入手することも出来ない状態です。

問題と思わずニセレゾを制作販売する人間も、ニセレゾと気づかず購入してなんとなく満足してしまう層があることもマズイです。

No title

これらの曲がレコーディングされた当時(1999〜2000)のスタジオでは、MTRとしてSONY3348とProtoolsが混在してたのですが、両方とも48kHz24bitが限界だったのです。僕の記憶ではアナログマルチは過去の遺物として、ほとんど使われていなかったはず。
という訳で既にレコーディングの時点で20〜22kHz以上の周波数はカットされています。
TDでアウトボードを駆使し、最終的なマスタリングに向けハーフインチのアナログテープへ落とし込んだとしても、サチュレーションによるハイの伸びが期待されるだけで、最初に(録りの段階で)カットされた周波数域が蘇る訳ではない…という事も何かの参考になれば、と思います。

No title

baby starさま


諸々の事情を把握した上での記事でしたが、良い補足情報をありがとうございます。

せめてアナログマスターの後はハイサンプリングで通してもらいたかったところですが、アナログテープの後にも低いサンプルレートを通したような形跡があるのは残念な感じです。

No title

申し訳ありません!
記事中にちゃんと「この楽曲が作られた当時のレコーディング環境は(後略)」とあったのを投稿後に気がつきました。
読み飛ばしたつもりは無かったのですが、文章と内容の面白さに引き込まれつい見落としておりました。失礼の程お許しください。

当時(1990年代〜2000年初頭)は低スペックなデジタル機器(電子楽器やオーディオインターフェイスを含む)が氾濫してた時期でもあり、CDという「媒体として貧弱なフォーマット」に、如何により良い音で記録出来るか、という試行錯誤の時代でもありました。
一時の「音圧勝負」なマスタリングの傾向は徐々に見直されてきてはいるものの、一部のジャンルにおいては未だ粗雑な(海苔!笑)パッケージングがなされていることも事実です。

少し前まではPAのシステムがアナログ主流だったため、ライブが本当の意味での「ハイレゾ」を体感出来るイベントだったのですが、今ではここにも貧弱なスペックのデジタル卓が浸食しつつあり嘆かわしい限りです。

我々音楽を作る側の人間としてはスペック至上主義にならないよう、ただただ本来の音を、そしてその音に込められた思いをそのまま届けたいという気概で日夜奮闘しておる次第です。

こちらのブログ本当に面白く、そして興味深く読ませて頂いてます。
長文失礼致しました。これからも更新を楽しみにしております!

No title

現状のハイレゾ市場は残念なことに、いかに誤魔化して楽に儲けようか…、それしか見えてきません。

ハイレゾ音源を売り出したいのなら、新譜をハイレゾ向けでレコーディングすれば良いことなのですが、CDよりも品質を上げるわけですから当然、スキルや制作期間、それによって予算も上回ったものが必要となることでしょう。


実際の現場では、なかなかうまくいかないことと思いますが、せっかく高音質な音楽を発信できる環境が出来たわけですから、それをうまく活用していただきたいところです。


またブログやtwitterにもぜひ遊びにいらしてください。
コメントありがとうございました。

ありがとうございます!

宇多田ヒカルさんの歌声がハイレゾで聴けると思いとてもうれしかったのですが、実際に聴いてみてこの音はハイレゾとは思えなかったのでそれを実際に数値化して表してくれていることに感謝いたします。
ハイレゾだったらもっと澄み切った歌が聞けたのになぁ・・・と残念に思っております。最近のアルバムでいいのでハイレゾ配信かSACDの発売を心待ちにしている今日この頃です。
ハイレゾオーディオの分野もデジカメでいえば「画素数が多いデジカメ=高画質」となってしまうような風潮はあるかと思いますが、多少の誤解は宿命と考え、もっとハイレゾオーディオの人口が増えてほしいと思っております。

No title

よっすぃ様

コメントありがとうございます。
ハイレゾ音源の音質については色々意見があるようですが、
実際売られている音源で、CDより良い物を期待してしまうと、ガッカリすることも多いようです。

新しい楽曲を、新しい環境で作ったハイレゾ音源をどんどん出してくれるといいのですが、業界の様子をみていると期待していても厳しいような感じがします。

No title

もちろん、ちゃんと宣伝通りの96kHz/24bitで収録したものを配信するか、スペック通りに48kHz/24bitで配信すれば良かったと思います。
96kHz/24bitの器を活かしきれず、容量を無駄にしてるのは確かです。
ただ、音が良いんですよね。48kHz/24bitは活かされているんです。つまり、音質を良くする手段としてのハイレゾは活かされているんです。これは、Ted jensenの腕と耳のおかげでしょう。

だから、私は今回の宇多田ヒカルのアルバム買っても、後悔はしてません。
それでも96kHz/24bitを生かしきれてないのはアレですね。こういう面では、【K2HD】や【独自の保管技術】等のニセレゾと変わらなくなってしまう。
今回は、宣伝に対する実際のスペックはアレだが、音は良いハイレゾ音源の例ということでしょう。
鷺巣詩郎氏のコラムの通り、「スペックは二の次で、重要なのは名人の耳と腕」ということの表れですかね。

ちなみに、私はアップサンプリング音源でも、担当したマスタリングエンジニアが公開されていて、その人が実力のある方であれば買います。
公開されていないなら、音質向上してるか不安ですし、CDの方が安くてブックレットも付いてくるから、買う気もおきません。

No title

もとの音源がアナログ音源ですから、24bitあれば、問題ないのでは?
必ずしもハイレゾ=可聴帯域外の周波数が録音されているということではないと思いますよ。 海外版のアナログマスターをSACD化したものをいくつか所持していますが、1950年代の録音の同じソースの アナログレコード、CD、SACDで聞き比べると私の耳では明らかにSACDのほうがアナログに近い音がします。 (アナログレコードですので 20kHzを超えるような音は再生できてないと思いますよ。)

馬鹿じゃねぇの?www

ハイレゾ音源をリリースした瞬間にゴキブリのように湧いて出てくる波形厨wwwサンプリング周波数を理解してないやつの書くことなんざたかが知れてるわwwwあと、追記の記事に関してスタッフに直接質問してそれに対する答えが返ってきてから書けよwwwほんと馬鹿丸出しのブログ書いてんじゃねぇよカスがwww

HDtracksのページを今見たところ「Notes: Recorded in 48kHz, mastered to 96kHz」とか記載されていないみたいです。
音源を変えたのでしょうか?

No title

情報ありがとうございます。
確かに注意書きが消えていますね。
これでは間違いだったのか、それとももみ消したのか不明なので、なにか書いてほしかったです。

No title

そもそもハイレゾというのは、CDのサンプリング(44.1kHz/16bit)を超えていればハイレゾと呼んでもいいんですよ
なので細かい定義はないに等しいです

No title

なので44.1kHz/24bitだろうと48kHz/16bitだろうと
CDのサンプリングレートを超えているので一応ハイレゾという事になります

参考になりました

参考になりました
実際に聞いてみましたが全然大したことのない音でした
このようなサイトがあるとありがたいです
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。