スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRV134+トランスHPA バランス化

DRV134HPA3.jpg

以前作成したバランスドライバのDRV134とトランスを使ったヘッドホンアンプですが、ヘッドホンMDR-CD900STをバランス対応にしたのをきっかけに、バランス出力タイプを作ってみることにしました。
以前の記事を含んだカテゴリ

とはいっても、トランスの出力から先の配線を変更して、4pinのミニXLRコネクタにしただけです。
今回はトランスにサンスイ ST-71を用いた(実はこっちのほうがHammondよりサイズが大きいので特性が良い)ことと、ミニXLRのコネクタの奥行きの都合でケースを1ランク大きいものに変更しました。

DRV134HPA1.jpg
左:前回製作したアンバランスタイプ ケース1593PTBU
右:今回のバランス出力タイプ ケース1593QTBU


基板
DRV134HPA4.jpg



DRV134HPA2_201405311613158a0.jpg

ミニXLR(ミニキャノン)コネクタはアンプ側にM-XL-4-14、ケーブル側にM-XL4-11Mを使用しました。
ケーブル側のコネクタはM-XL-4-11S、M-XL-4-11L、M-XL4-11Mの三種類がありますが、それぞれブッシングの径がφ3.5mm、φ4.5mm、φ5.2mmと違うので注意が必要です。
なお、特に3pinに比べ4pinタイプでは内部のスペースが極端に狭いので、太い電線を使うことは出来ません。各ピンに熱収縮チューブを被せる隙間さえないので無茶は禁物です。

DRV134HPA5.jpg


ヘッドホンのバランス駆動のメリットは、BTL化によって同じ出力を得るための電源電圧が半分で済むことと、ヘッドホンジャックの接触抵抗により発生する逆相のクロストークの回避が主となりますが、今回の場合は元々バランス出力をトランスで合成しているのでアンバランス出力でも同じメリットが得られることと、逆相クロストークについてはアンプの出力インピーダンスが高い設計なのであまり影響はないかなといった感じですが、せっかくなのでバランス対応版を製作してみたといった具合です。

今後、色々と聴き比べたりしてみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作ってみました

週末に作ってみました。AKG K404 の配線をリケーブルしバランス接続としました。非常に満足です。本当に簡単な構成で半信半疑でしたが、安定の音という感じで、つんつんしたり、ドスドスしたりしない耳あたりの良い感じになりますね。感謝です。

No title

レポートありがとうございます。

ゲテモノアンプなので決して高品質な出力ではないのですが、
いただいた感想の通り、痛々しくなく、耳あたりの良い音が
得られるので、楽しんで使えると思います。

音量を出した時の飽和した感じが、古い機器のような雰囲気
を出していて、懐かしさが感じられるのもまた気に入っています。

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。