スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dynaudio Acousticsのサブウーファー

CA3G1008.jpg

CA3G1011.jpg


Dynaudio Acousticsのサブウーファー BM14Sを使っているんですが、どうもメインのBM12Aとの馴染みが悪いなーと思ってたので、一度クロスオーバーをチェックすることにしました。

データを残してなかったのですが、クロスオーバーは50Hzから150Hzの連続可変式で、低域の下限近くは-14dB/oct.くらいで落ちており、クロスオーバー周波数を(Low Pass)を高く設定した場合の高域側はなだらかに下降するような感じでした。

っと、そこまでは良いのですが、おかしな点がひとつ。
20Hzをピークにして、それ以降がなだらかに下降している、すなわちローカットが入っているのです。10Hzではおよそ6dBくらい落ちていました。
レベルが落ちているだけならともかく、このフィルタのせいで20Hzあたりの位相もだいぶ回転しているようです。

小口径のメインモニターに使用する場合はこれでも良いのですが、自分の場合はメインモニターの20cmウーファーで下限まで出して、それで出ない域を出したいので20Hz留まりでは物足りません。しかも20Hz付近で位相が回転しているようではメインモニターとのクロスオーバーにおいても問題になりかねません。

ということでこのローカットをバイパスすることにしました。
残念ながら基板がシャーシに接着固定され、回路も複雑で追いきれない感じだったので今回はローカットの入っていないスレーブ出力からの信号をもらってパワーアンプ基板に注入する方法をとりました。
信号経路的にゲインはだいぶ低いのですが、いままでの用途からするとボリュームつまみはほとんど上げることがなかったので問題なしとします。

結果、メインモニターとの馴染みがだいぶ改善されたように思います。
カットオフは最低の50Hzにしメインモニターで再生しきれない低域を再生させる設定にしました。
この理由は低域といえどもこのくらいの周波数だと定位が感知できるため、不自然にならないようなるべく左右スピーカーのウーファーに再生させようとしたためです。
この改造を行ったことにより、馴染みがよくなったせいかサブウーファーのレベルの増減やON/OFFによる音の差が分かりにくくなりました。以前はメインとの位相差が周波数ごとにコロコロ変わっていたため、そこが目立ってしまっていたのかと思われます。
よく馴染むようになったのは大変良いことなのですが、サブウーファーというオプションとしてはこれだと有り無しでの差がわかりにくくなってしまい、商品としては成り立たなくなってしまうかもしれません。
こういうのって、電源ONすることでドカンと低音が出てくれたほうがわかりやすいですからね。たとえ馴染みは悪くピークがあろうとも。

ところでこのサブウーファーの基板ですが、内部に「Made in Denmark」と「Made in China」の2つのシールが貼られていたんですwwwwwwwwwwwwwww
どっちがホントなんだよwwwwwwwww
てか普通なら25万円とか値段がついている商品でMade in china とかガッカリだぜwwwwwwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウーファーが20cmクラスのスピーカー使ってればサブウーファーって要らないかなーと思いがちなんだけれど、やっぱ無いと出ない音があるもんだ。
前に某所に書いたけれど、マクロスFのインフィニティ#7の00:10のとこで一発鳴るキックの音とか、サビのとこのキックのリズムもサブウーファーないとリズムがはっきり出ないね。
この曲はさりげない超低域のチェックにいいかも。

No title

こんばんは。

基板はチャイナなんではありませんか?

怪しい電解は、ニッケミ辺りに換えた方が良いかも。

いいユニットが付いていますね。

そちらはデンマーク製です。

私は同じTC扱いのタンノイのプレシジョン6D/6A使っていますが、チャイナですよ。

No title

どうなんでしょうね。どちらのシールも背面のパネルの裏側に貼ってありました。
見た感じは全くもってチャイナという雰囲気じゃないんですけどね。防振の固定もガッチリやってあるし。
電解はまあ、年数経って気になったらにします。
オペアンプは例によってTL084のオンパレードでした。

ヘッドフォンアンプの代わりをトランスで行っている記事を読みました。

長野県ではアンプスタッキングしている人観たこと無いですね

トランスならエコノミーだと思います。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。