スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

crown D-75A ポップノイズ対策

DSC_9956e.jpg

小柄でデザインも良く気に入っているアンプ、crown(amcron) D-75Aですが、電源ON/OFF時に盛大なポップノイズが発生する問題があるので行った対策を紹介します。おそらくD-45も同様の改造で対応できると思います。

大きなポップノイズが出る原因は普通のアンプには入っているリレーによるミュート回路が省略されて入っていないことが原因です。
本来であれば電源投入後、数秒してから出力が接続状態になり、電源OFF時には瞬間的に切断されるのが理想なところですが、本機の場合は特に電源OFF後、数秒経ったあとに大きなノイズが発生するため、ディレイ回路を設けずにACスイッチのON/OFFに連動してACリレーを動作させることでシンプルかつ十分な結果が得られると判断しました。これにより最低限の改造で十分な効果が得られます。

DSC_9953e.jpg

使用するリレーはOMRONのMY2Fという100Vの2回路リレーです。
設置場所は天板下にある大きな基板の下。このアンプは1Uラック仕様のため空きスペースが少ないのですが、リレー1個ならうまく収まるスペースを確保できました。

DSC_9957e.jpg

なお、横のアルミパネルに開いている既存の穴を利用してM3ネジで固定することができ、とってもスマートに収まります。
※記憶違いかも

結線箇所は次のとおり

DSC_9952e.jpg
青色(元々は緑)がLchのスピーカ出力で、黄色がRchです。
ここの配線を外し、リレーを経由するように配線を変更します。

DSC_9954e.jpg
リレーの電源ラインは本体前面側のラグ板より、電源スイッチを通ったあとの100Vラインに接続します。パイロットランプの配線と並列に繋げばOK。
なお、アンプのロットにより仕様が違う可能性があるため、電源スイッチON/OFFにともなって100Vが出ることをテスターで確認しましょう。
写真が見辛いですが、黒色のツイストされている線がリレーの電源ラインです。

DSC_9955e.jpg
また、電源投入時のノイズ対策として電源スイッチと並列にサージキラーを入れておきましょう。


これでD-75Aのポップノイズ対策は万全です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
 この方法はやめた方がよいと思います。
余計なお世話ですが クラウンがこの方法をとらないわけは コストの問題でも知らないわけでもなく リレーのコンタクトを通るという事を避けたかったからに他なりません。
この方法は 誰でも知っていますが あえてやらないのです。
よって、この方法はナンセンスです。

No title

こんにちは

コメントありがとうございます。
改造は各自の判断で行えば良いと思います。
私は必要最低限の加工で十分な効果が得られ、
とても快適に使っていますよ。

No title

こんばんは、本当に余計なおせっかいすみませんでした。
75AにLME49740を付けてみたのですが、これがうまくいかなくてやつあたりでした、すみません。こいつはどうもデーターシートを見るかぎり何らかの回路の変更が必要みたいです。が、75Aの回路図がありません、よって再度バーブラウンの物に替えてみるつもりです。
 私は最初45を使って75そして75A、60、150A、150AⅡ、300、300Aそして現在はK2を使っています。
 それで思い出しましたが私が使っていた75のポップノイズは殆どなかったですよ。今は、知り合いの物をメンテしているのですがこいつもほとんどないです、ところがそのままLME49740に替えたらスピーカ飛ぶんじゃないかと思うような大きなノイズです。
バランスも取れているので調整ではどうにもなりません、切った時など瞬間200Vくらい出ます、これでは使い物になりません。
しかし、ポップノイズはかなり個体差があるみたいですね。
あ、それからR1R2は以前メタルクラッドをリレーをォ取り付けになった場所に付けた事があります。
最近は少しリードを伸ばして基板の外に顔を出すようにしています。
基板が逆さなので熱がもろに基板に来るんですね、写真で拝見するとかなり焦げているようなので対策をされた方が良いような気がします。
またまた、余計なお世話でした、おやすみなさい。

No title

ポップノイズは個体差があるんですね。
ウチのは電源をON/OFFする瞬間に小さめのノイズ→電源SWのサージアブソーバーで改善
および電源OFF数秒後の大きなポップノイズ発生で、スピーカーへの影響は不明ですが精神衛生上大変よろしくない音量でした。

回路図は、D75無印のものが以前どこかで手に入れてあったのでこれを見ましたが、オペアンプはボリューム前のXLRの差動入力およびボリューム後に載ってますね。

抵抗、焼けてるの確かに気になってはいました。
本来は交換してあげるのが適切かと思うのですがとりあえず放置しています。

まあアメリカの機械なのでこんなもんだと思いますよ。
そういえば基板上で左右chのパターン引き回しが著しく異なっている点は気になりました。基板がケースの空きエリアに合わせて細長く伸びていて、その先にトランジスタがついているとか。

No title

恐ろしいポップノイズの原因がわかりました 焼けているR1・R2を2wから3wに替えたのですが 550Ωのところを820Ω付けてしまったのが原因でした。
820Ωのもあるんです、もしやと思ってはずしたものを測ってみたら550Ωでした(笑)
OFFの時は数秒後にブチッときますがSP壊すほどでもなさそうです。LME49740は思ったよりいいみたいです。
以前ですがR1・R2のところに焼けて穴のあいたのがありましたよ。

No title

ポップノイズの原因はそれでしたか

手元にある類似モデルの回路図と同一であるとするならば、その大きな抵抗は±30Vの電源電圧からオペアンプを含む初段の±10Vを作るためにツェナーと共に分圧に使用されているようです。
それが若干小さくなったところでポップノイズに影響するのか若干不明ですが、これを元に追求していくとポップノイズの発生箇所が特定できて定数の変更などによって軽減することができるかもしれませんね。

あれ、ちなみに手元の回路図ですとツェナーが10Vで抵抗が910Ω3Wとなっています。

No title

こんばんは、そうなんです、いろいろあるみたいですね。
ところで、回路図あるなら見ていただけませんか。
音は良いのですが、先ほど気がつきましてシグナルランプが点かない。なんかイマイチわからないんです。2961のTrは大丈夫だったけど交換してみました、それとダイオードがあるだけ・・・・抵抗も大丈夫。問題は点灯する仕組みが分からないんです、見たところ2961のEがパワーTrのところへ行っているみたいなのですがL,Rくっついている。??Cはたどるとメイン基板とつながるところで途絶えているし??これって最初からつかなかったんじゃないの??

No title

手元にある回路図ですとアンプの出力から3.3Kで分岐してNPNのトランジスタに入ってます。ベースとGND間に負電圧をカットするダイオードが入っていて、エミッタはGNDに直行です。コレクタにSIGNALのダイオードと電流制限抵抗が入っている。なんとまあシンプルな回路になっていますよ。75Aだと違うんでしょうかね。

No title

お手数おかけしてすみませんでした。
過去形になっていますが、まだ現在進行形です(笑)
わかりません??ベースがどこにもつながってないんです。確かにエミッタ間にはダイオードが入っていてエミッタはグランドその通りです。
で、どこから入力????
基板両面かと思ってパワーTr基板外しましたよ、裏なにもなし。
結局ベースはどこにもつながっていない。
とりあえず寝ます、寝て考えます。夢で(笑)

No title

見えました、上から二枚目の写真です。
ピンの左から二番目の根元のところに抵抗がありますよね。
そこに抵抗があればベースにつながるんです。
それが全く着いてないんです、半田の跡もないんです。最初からないみたいです。右側もありません。
その抵抗が3.3Kなのでしょうか。ね。

No title

あららら。

たまに迷路に入ってしまうことありますね。
どっかシルクの下とかを通ってないでしょうか。

回路図ですが、ネット上のどこからかDLしたものだと思いますが
改めて探しても見つかりません。だいぶ苦労したような記憶も…。

No title

おはようございます。
いやあ、助かりました、写真と言うのはリレーを写された写真の事です。メイン基板と接続するピンの根元のところです。向かって右側はセラミックコンデンサーの後ろになりますがここもやはり取り付けてありません。
おそらくこれは特定のユーザー向けに造られたものではないかと推察されます。レベルインジケータなど必要ありませんから・・・・
ただ今回はオークションに出品するそうなので一般向けですから、点かないと困るみたいです。
 まあ、最悪は忘れた!てなことはないとは思いますが、先日K2をジャンクで落としまして修理に3晩かかりました。これがですね当然両面基板なのですが表まで半田が揚がってないんですよ、こんな粗相な基板日本なら間違いなく不良品ですよ、あり得ない状態でした。
新品の時は僅かに接触してる程度で動作していたものと思います。
表から100か所以上半田修正しました。
やっぱりアメリカ人だなあ と 納得してしまうのですが。
これが中国製だと やっぱり中国製は駄目だ となります。
3.3Kは持ち合わせが無かったので買いに行くついでにオペアンプもソケットにしてしまおうと思います。

No title

コメント入れ違いでしたね。

あら、抵抗付け忘れでしたか。それでもQC通っちゃうなんてアメリカらしいです。

専ら最近は別の大陸で作っているという話も聞いたような気もしますが…

No title

そう言えばASIOドライバーってやつが どうしてもダウンロードできません、また今度教えてくださいね。
今は数年前からずっとHRTのUSB DACを使っています。
アンプはD45から殆ど使って今はK2です。我が家をライブハウスに
がコンセプトなので(笑)
SPはこの間までツアーX1152 今はエリミネータです、逆進行です。
九月には更新する予定です。
聴く音楽は
ドリーパートン
ノラジョーンズ
マークノップラー(ダイアストレイツ)
タミーウイネット
エルミーハリス
アリソンクラウス
たまに昔のクラプトン
BGMはビージーアデールのピアノ
これくらいをあけても暮れても聴いています。
アンプの修理は遊びで
仕事は自営です
気が向かないとあまりしません(笑)
でも迷惑はかけられませんから・・
しかし土日は九月いっぱいまで決まっています。
四年前に死にかけてから
気ままに暮らしている 爺 です。

No title

ASIOドライバって記事に書きましたASIO4ALLでしょうか。
私も以前にインストールしたのであまり覚えていませんが、
http://tippach.business.t-online.de/asio4all/downloads_1/ASIO4ALL_2_10_English.exe
ここからDLできませんでしょうか?

No title

こんばんは
こいつはインストールしておけば勝手に働くのですか???
ミキサーが脆弱だと聞いているものですから使いたいのですが・・・
まあ、来月パソコンを替えるのでその時またやってみます。

ところでLME49740は思ったよりいいみたいです。
これなら75Aでもいいかな って感じです。
同時にアムクロンの300Aのメンテをやっていたのですが完璧勝ちました。アムクロンの300Aがどうゆう訳かパワーTrが東芝の2SD424が使ってあるんです??なぜなのかはわかりませんが音が丸くって普通の日本製のアンプになってしまっています。

シグナルランプも点くようになりました、ありがとうございました。
写真が載せられないみたいなのでまた私のところも暇な時に見に来て下さい。
有名人でもなければブログなんてあまり見に来てもらえませんからただのうっぷん晴らしになっているだけですけど(笑)

No title

はじめまして、通りすがりです。

D75のマニュアルは最近見つけました。
http://music-electronics-forum.com/t23655/
にあります。

あたらしいのもあるといいんですが、公開されていない感じですね。

No title

としのすけ さん

コメントありがとうございます。
さっそく開いてみましたところ、私がローカルに保存していたものと同一でした。
同じところで見つけたのかもしれませんが、この間はどうやっても辿りつけなかったんです。

おかげで他の方々の手助けにもつながると思います。

ありがとうございます。

D75A用OP AMP

D75Aのショックノイズと音質の事で御悩みでしたら、BBのOPA404KPというOP AMPをお勧めします。好みにも依りますがLMEより私は好きです。何よりショックノイズが出ませんので、その点でも良いですよ。良かったらお試しください。

No title

情報ありがとうございます。

ポップノイズの原因の一つはオペアンプによって変わるんですね。
まあうちはリレー入れて全く問題なく使っているのですが、
解決法の一つとして良いかもしれませんね。

最近思うのは、ポップノイズが出るのは精神衛生上良くないだけで
特にスピーカーを破損することもなく、むしろ時々コーン紙を大きく
揺らしといたほうがいいんじゃないかなんて。

でもやっぱ、あのバツンという音は嫌ですね。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。