スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕クロ」ポタアンキット 三月兎様で販売開始

「僕クロ」こと、最小構成のバランス型ポータブルヘッドホンアンプキット「僕はクロストークが少ない」のキットが秋葉原の三月兎様の2号店で発売開始となりました。店舗の場所は秋月電子や千石電商と同じ通りで、マルツ電波の向かいくらいです。


近年の高級オーディオ機器で流行りつつあるヘッドホンの「バランス駆動」
通常のヘッドホン接続では3極のプラグを用いて左右のユニットのGNDがまとめられているため左右の音が干渉(クロストーク)して音の空間的な表現が濁ってしまいます。
それを回避できるのが「バランス駆動」。僕クロはヘッドホンやイヤホンのバランス駆動を手軽に体験できるようにと開発されました。


発売したのは、極めて簡単にバランス駆動が体験できるポタアンのキット、そして交換用のオペアンプの2点となります。


バランス駆動ヘッドホンアンプキット「僕はクロストークが少ない」
税込1598円 取扱説明書

「僕はクロストークが少ない」交換用オペアンプ OPA4134変換基板つき
税込600円


通販はこちら
href="http://www.3-get.com/index.php?main_page=advanced_search_result&search_in_description=1&keyword=fixer
もしくは
http://www.march-rabbit.jp/index.php?main_page=advanced_search_result&search_in_description=1&keyword=fixer&x=0&y=0
からどうぞ。キット単品の購入であれば3-getのほうがメール便対応で送料が安くなります。



※2016.12 三月兎様における同人ハードウェア取扱終了にともない、
キットの販売店が秋葉原 ラジオデパート1F 「家電のケンちゃん」に変更となりました。

取扱キット一覧




アンプの概要についてはこちらをご覧ください
最小構成のバランスヘッドホンアンプを作る
僕クロアンプ展覧会

※展覧会の展示作品を募集しています。完成しましたらぜひご参加ください。

用意が出来しだい店頭デモ機の設置を行う予定です。宜しくお願いいたします。


bokukuro_2_fix560.jpg





bokukuro_3.jpg




OPA4134.jpg



封入見本

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kitを入手し、先週末に完成させました♪

ウチの場合はiPodなので音質自体アレですが、それでも
音源の録音状況のちがいは如実に分かります。
古い録音なんかだと、音場が箱庭みたいに感じますね。
あと、同族楽器のセパレーションが格段に上がって
やっとまともに聴けてる感じがします。
思いきってイヤフォンの端子ぶった切ってよかった(笑)

こうなるとキチクロへの期待大ですが、
チップ部品は製作挫折した過去があるので二の足です。
皆さまのハンダテクが羨ましい…

No title

daiさま

僕クロキットをお求めいただきありがとうございました。
バランス駆動の魅力を楽しんでいただけたようで何よりです。
プレーヤですが、私もかなりの頻度でiPodを使っていますよ。
クォリティの高いプレーヤですから自信もって使って大丈夫です。

イヤホンケーブルのバランス化は私もかなり躊躇しましたが、
それをやっただけの価値が得られると実感したので、より多くの
方に試していただけるようにキットを開発したのです。

キチクロはようやく表に出せそうなものに仕上がってきましたが、
細かな回路の違いやオペアンプのキャラクターが顕著に出てきます
ので設計が大変ですが、これを逆手にとり、ユーザーが好きな音色
に仕上げていくことも可能です。

面実装のキット、果たして皆さんが組み立てられるのかどうか不安もあるのですが、ある程度の経験をすれば作れるようになると思います。
まずはどうなるか様子を見ていてください。

No title

3-getの方が売り切れてて購入できないのですが再入荷の予定とかありますでしょうか・・・?

No title

ご不便おかけしております。
おそらくですが通販の数量管理の都合で品切れになっていると思われます。

もし、しばらくしても復活しないようでしたら、お手数おかけしますが通販サイト等から問い合わせいただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

2回路オペアンプ変換基板について

バランス型ポータブルヘッドホンアンプキットKitを入手し、完成させました.いい音で聴いております.ありがとうございました.
さて、2回路オペアンプ変換基板も同時に購入しました.
オペアンプはOPA2604といいたいところですが、9V乾電池1個では電圧が足りないように思います.
電子回路にはうとい私ですが、OPA2604を駆動させるにはどのような変更がいりますでしょうか?.単純に9V乾電池2個というわけにもいかないように思いますので.
アドバイスいただければ幸いです.

No title

keiさま

こんにちは。キットをお求めくださり有難うございます。
ご質問の件ですが、OPA2604ですと最低動作電圧が9Vですので、電池の電圧低下を考えると不足するということになります。

ひとつの方法としては、仕様上差し支えがなければ(OPA2604で音質が向上する、歪やノイズの発生等がない)そのまま使用するという判断もありだと思います。

電圧を上げたい場合は、9V電池を2本直列にして18Vにすると良いでしょう。
この場合、C1のコンデンサの耐圧が足りなくなりますので、最低でも25V、できれば35V耐圧のものに変更する必要があります。

さらに発展形として、電池が2本になることで両電源動作も可能となります。これについては基板の仮想GND部分の回路変更などを伴いますので、興味があれば調べてみるといいでしょう。ただし、音質が好みになるかどうかは一概にはいえません。


2回路オペアンプ変換基板について

お答えありがとうございます.
9V電池を2本直列にして18V、及びC1のコンデンサの耐圧アップを検討します.

気になってます

はじめまして。
とても気になっているのですが、電子工作をしたことがほとんどなくためらっております…
お伺いしたかったのですが、金属スペーサーなどを用いて基盤とケース自体をアース接続した場合、ケース自体は基盤のどの部分へ配線?すれば良いのでしょうか。

No title

croさま

こんにちは。書き込みありがとうございます。
基板とケース間のGND接続ですが、入力ジャックのGND部分から分岐して接続するか、もしくは基板のネジ穴の裏の部分で一箇所金属がむき出しになっていますから、金属スペーサ用いてケースに固定することでスペーサを通じてGNDが接続されます。
この場合、ケースにメッキなどがされている場合、つながらないことがありますので、テスタで導通を確認してください。

お返事ありがとうございます!

こんなにも早くお返事いただけるとは思いませんでしたありがとうございます!
つまりケースががメッキ塗装されておらず金属スペーサーで基盤部(金属部がむき出しの部分)と固定できればそれ以外の接続などはいらないということですよね?
とても参考になりました!
そして注文させていただいたので届くのが楽しみです!

BTLアダプター

質問です。

「僕クロ」に手持ちのステレオアンプ2台(4チャンネル)を接続し、BTL接続のステレオアンプを造りたいと考えています。
基本的な所で、何か問題が有るでしょうか?
或いは、何処か誤解しているでしょうか?

No title

terasanさま

ご質問ありがとうございます。
アンプのBTL駆動を行うためのアンバランスtoバランス変換として僕クロを使用できるかということでしょうか。

まず本機の仕様として電池以外の電源を用いることは難しいものとなっています。
この時点でまず用途として適合しないのではないでしょうか。

あとはパワーアンプの仕様が、そういったBTL接続に対応しているかどうかになると思われます。

いかがでしょうか。


プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。