スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DC/ACインバータ分解

車内でノーパソの充電でもしようと思ってDC/ACインバーターを買ったんだけど、一応動作を見ておこうと思ってチェックしました。

ちなみにホームセンターに買いに行ったら 同じメーカーで同じスペックでほぼ同じ値段の商品が。
モデルチェンジかと思いきやメーカーサイトにも両方載ってるし…
何が違うのだろう。

ちなみに買ったのはIP-150です。

ttp://www.daiji.co.jp/product/inverter/IP-150.php
ttp://www.daiji.co.jp/product/inverter/SPI-10.php


電源入れる前に早速分解してみると…
DSC_0393e.jpg

目立った点だと使われている2つのDIPのICは

KA7500BD SMPS(Switched Mode Power Supply)コントローラIC
AZ7500EP PWMコントローラIC

ってのと、ちょっと五月蝿いファンはYOUNGLIN TECH CO.,LTD.のDFS402012H(これは置き換えたいな)

あとはAC出力部のリード線が細くてどうも頼りない部分かな。
まあ、150Wすなわち1.5Aってのはわかるけどさ…。

ちなみに放熱を考慮したアルミケース、と思いきや実はこれただのプラスチックww


で、出力波形はPWMって書いてあったけれど、実際の出力は秋月のインバータと同じような 擬似正弦波(でいいの?)って感じの波形でした。
ちなみに昇圧比は固定なのか、入力電圧が変わるとデューティー比が変わる仕組み。


11V入力時
IP-150_11Vinput.jpg


14V入力時
IP-150_14Vinput.jpg




で、とりあえずインバータの動作はこんなもんで良いと思うんですが、そんなことより波形を見てるときにおかしいなと気づいた事がひとつ。

最初アナログオシロで見てた時は全然問題なかったのに、いざキャプチャしようと秋月で売っているオシロ、softDSP社のSDS200Aを引っ張り出してきたら、なんだか波形がおかしい。 プローブ調整か、とか思ったけど違うし。

IP-150_12Vinput_ACcouple.jpg

原因はACカップリングの時のカットオフが案外高いみたいでこれによる波形歪でした。

ACカップリングにすると約0.3Hzのときに-12.7dB。 ということはカットオフは1Hzとかそのくらい?
オーディオ回路だったらいいけど、オシロでこれはどーなんだ???

SDS200ACDCカップリング比較

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。