スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NW-ZX2の4極ジャックについて

こちらをご覧ください


zx2の音、4極ジャックについて調べたこと
http://togetter.com/li/788820


RMAA(3極接続にて)
インターフェイス RME Fireface UC Line 1,2
ボリュームはマスターを最大より3回下げ(最大ノンクリップ出力)にて



無負荷
NW-ZX2 Noload




32Ω負荷
NW-ZX2 32ohm load




アナログdock出力
NW-ZX2 dock



NW-ZX2ノイズ


NW-ZX2 4極接続比較

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメント致します。大変興味深い実験ですね。

かなりアレな結果なのは一目瞭然ですけれど、4極やアナログドックからも測定することができるのなら見てみたいのですがいかがでしょうか?

No title

ただのソニー好き さま

コメントありがとうございます。
RMAAの測定については要望があるようでしたので基本的な方法で2通りのデータを取ってみました。

本当は実際のイヤホンのインピーダンスはもっと低いので10Ωで受けた結果や、ハイレゾ対応というこで20kHz制限をしない結果、そしてジャックにテンションを掛けた場合と掛けない場合の結果など色々気になる部分はあるのですが、正直なところデータが取りきれないというのが実情です。

今回のデータについても他の機種のデータと比較する場合は条件を揃える必要がありますし、そういったことを含めてデータをそのまま受け止めるのではなく、判断基準の1つとして参考にしていただけますと幸いです。

4極についてはクロストーク値について影響がでるはずですが、これも3極との比較となりますから、まずは3極が安定して動作してくれないことには比較対象にならないなという考えがあります。


ドックについては確かに気になるところです。これが他社のDAPと比較してもとても優秀な結果を出すというのであればZX2の価値が増すという点で意義があると思います。
ただ、これも悪い結果が出る可能性を考えるとなかなか踏み出せないという思いがあります。
データとるかについては検討してみます。

No title

再び失礼します。
詳しいご返信どうもありがとうございました。
お手すきの時で結構ですのでデータを取っていただけると大変有難いです。

ところで、単純な疑問が1つあるのですが、宜しいでしょうか?
ZX2が志向したような3極でも4極でも両対応できるジャックというのが理論的に可能なのかという点です。もちろん、電気的に正しく、という条件付きです。
もし、無理矢理1つのジャックで実現しようとしてその結果がこれというならあまりにお粗末で悲しくなりますが。。

PHA-3もあるのでZX2はストレージと割り切り疑問その他全て擲ってそっちで聴けば万事解決なんですけどねw

No title

dock出力のデータも掲載しましたのでご覧ください。


4極ジャックや4極ジャックを用いてGNDを強化する方法はとても良い方法なのですが、注意点があります。


・4極ジャックにした場合、基本性能が3極のものより劣らないジャックを採用すること。そうしないと4極のうち2極をGNDに割り当てても、3極ジャックの時より接触抵抗が大きくなってしまう可能性がある。


・回路基板からGNDを2本引いてくるとき、基板上の1点からGNDを引いてこないと3極プラグを経由して余計な電流が流れてしまい、音に影響が出てしまう可能性がある。


上記の2点についてZX2は設計に誤りがあったと考えています。

No title

おぉ!仕事が早い、素晴らしいですね!
やはりZX2はストレージ運用の道が良いという結論ですね。重いですが…

プラグについてのご教示もありがとうございます。
この手の知識に疎いので、完全には理解できませんが今後の課題にしたいと思います。消費者も賢くないとメーカーの手の平で踊らされてしまいますね。

いつも読ませていただいています。実に興味深い実験ですね。
公開されているYoutubeの、4ピンのGNDを付け替えている動画を、手元の4ピン(バランス)イヤホンで聞いてみましたが、違いが私にはわかりませんでした。iPhone+HifiM8が音源となります。
「気持ち悪い音」の原因が、ご指摘の通りZX2の4ピン出力の、2つのグランド間のミスマッチにあるなら、少なくとも自分の環境の2つのグランド間には気になるミスマッチがないわけだから、自分の環境でYoutubeを再生しても再現できない?いやそれでも音源がミスマッチしたグランド起因だから再現できるような…と思考が混乱してきました。
Youtubeを見る際の、おすすめの再現環境などご教示いただければありがたいです。

No title

NT さま

コメントありがとうございます。
動画での現象の再現性は、私自身が感じ取れたように思えたので公開に踏み切ったのですが、録音して動画にしていることや、楽曲を再現性ではなく権利の都合で採用していることもあり、各再生環境での再現性については正直何ともいえないです。

公開して感じたことは、既に実機で音の傾向を感じ取って分かっている人には動画でも音の変化を聞き取りやすいのではないかというのがあります。

私も動画のチェックに関してはアンバランスのイヤホンを使っていましたし、動画をみてスマホでも変化を感じ取ることができたというレポートもありますので、複数の環境でお試しいただくことと、あとできれば実機で確認してみるのが良いのではないかと思います。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。