スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブライブ! の32bit 整数ハイレゾ音源どうなんすか

ざっとメモ程度に。


■32bitのオーディオデータについて

業務用の制作環境であっても基本的にA/DコンバータやD/Aコンバータは24bitであり、一貫して32bitで作業できるDAWは一般的ではない(そもそも存在するのか?)というところ。

PC上の内部処理では演算の都合で32bit floatが用いられているが、入出力についてもAES/EBUなどの現状の接続方法では24bitまでの信号しか扱うことが出来ないこともあり、入力と出力では殆どの場合24bitとなる。

A/D、D/A変換においても現状の技術24bitのスペックを使い切ることは難しく、下位ビットについてはノイズで埋もれている場合が多く、有効な信号が含まれているかというと何といえないところ。
アナログ回路を含めたハードウェアトータルで24bitの分解能を活かせていない状態で、32bitの出力を行う意味があるのだろうか?



■ラブライブの32bit 整数 ハイレゾ音源について

この音源は元々24bit 48kHzで録音された素材を96kHzのデータにアップサンプリングしてミックスダウンをやりなおして、最終的に96kHz 32bitのデータとして書き出したものとのこと。
この段階ですでにネイティブではない所謂「ニセレゾ」音源である。これが「真の32bit」って嘘もいいところだ。
その話はさておき、では32bitで完成させるにあたって、作業中のモニターは32bitのD/Aコンバータから出力した音を聴いていたのかどうかという点が気になる。
そういった作業を行おうとすると編集ソフトやDAコンバータの選定においてかなりの制限を受けることになる。
おそらく作業では24bitの音声をモニターして、ファイル書き出しで32bitを選択したのではないかと予想される。32bit対応の民生機のプレーヤでチェックはしたらしいけれど…。

これを映像作品に例えると、普通のHDのビデオカメラで撮影したデータをパソコンで編集して、その時にチェックするのは4Kのディスプレイ。最終的には8Kのデータとして書き出しました。こんな感じじゃないかなと。

今回の作品が「32bit音源」としてユーザーが受け入れるために十分な作業プロセスがとられていたのかどうかが気になるところ。



■音どうなんすか
とりあえずスノハレを買ってみました。32bitの再生環境を持っていないので24bitに変換して、いや、いっそのこと16bitにしてサンプリング周波数も44.1kHzで聴いてみてもいいんじゃないかなってことに。
ミックスダウンをやり直しただけあって、聴いたときの音質の印象は良くなっているけれど、配信フォーマットが32bitや96kHzであることの恩恵というより、ミックスダウンの作業を音質を意識してやりなおしたことが大きいのではないかという印象。


もともとラブライブのCDは音質が悪いことで有名で、

シングル→音悪い
アルバム→もっと音悪い
ハイレゾ TRUE STUDIO MASTER→クソマスタリング前で少しマシ
ハイレゾ 32bit HD REBUILD MASTER→アイマスのCDくらいの音質

こんな感じで同じもの4回売って、ようやく人並みの音が出てきた感じ。
結果的に満足度の高いものが得られるようになったのは喜ばしいことではあるけれど、アニメ作品のブルーレイ化ににおける作画修正みたいなことを商品で何度も行ってその都度購入させるのではなく、最初からCDで手抜きせずに作ってくれたらそれで十分じゃないのかなーという感じでした。

これは32bitの音源をCDフォーマットに変換してCD音源とくらべてみると簡単に理解できることではないかなと思います。
CD音源と、CDフォーマットにダウンサンプリングした32bit音源で後者のほうが音が良いというのなら、最初からもっと良い音質でCD出せたよね…?

ちなみに32bit版の音源についてツイートでみかけた感想では、「低音盛りすぎ」「左右に流れる音の方向がCDと逆」「ミックスしなおしたせいで記憶にある楽曲と変わってしまっている」なんてのがありましたが、ミキシングをやり直したことを踏まえると、このあたりについて妥当な落とし所ではないかなと感じました。


さてさて次回以降の新作のCDがどんな音質でリリースされるのか、そこが気になるところです。
えげつない商売に見えていた部分が、過渡期で模索していたことによるものだったのか、実際そうだったのか、今後のCDの様子によって、そろそろ実態が見えてくるってところでしょうかね。




※コメントで指摘のあった部分などについて追記

・e-onkyoのスノハレのページに「CD発売時に制作したマスター音源はProTools|HDを使用し32bit floating/48kHzにて収録からミックスまでを行っております。」とありますが、ProTools HDであればA/Dコンバータやインターフェイスは24bitのはずなので、32bit floatingというのはファイル形式でそれを選択しただけのことであって、データの内容としては24bitでしかなかったと考えられる。

・32bit floatのマスターの音源から32bit 整数のフォーマットに変換すると、-54dBFS以上の領域においてはデータが足らず、アップコンバートされることになる。逆に-54dBFS未満においては32bit floatのほうが分解能が高くなるためダウンコンバートされることになる。32bit floatから24bit 整数に変換するのは全領域においてダウンコンバートとなり、演算のために32bit floatを選択した意味はありそうだが、有効な32bit 整数フォーマットの音源を書き出すためには、演算には64bit等のフォーマットの選択が必要なのではないか。
参考http://achapi2718.blogspot.jp/2011/12/32-bit-float-ieee-754.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

■DAWについて
現在ほとんどのDAWの内部処理は32bit以上です。これはミキサーとか内部ルーティングの話ですけれども。
http://pro.miroc.co.jp/2011/10/24/pro-tools-10-whats-new-soft/
以前のプロツールスは48bit整数、Cubaseは32bit float、Sonarは64bit floatです。

このようにDAW内部で高いビットのfloatを採用するメリットはレベル差が非常に大きいソースを組み合わせたり、複数段にわたってプラグインエフェクトを使用する用途ならではのものでしょう。

24bit整数で内部受け渡しをするとミキシングのルーティング中に信号レベルが小さくなった瞬間に大きく情報が削られてしまいます。それを最後にマスタリングで大きくするわけですから、最終仕上がりで途中経過の情報量の欠損もより明確になってきます。こういう小さい積み重ねは16bitの音源を作る過程でも違いが出ます。

■ラブライブと音圧
あとラブライブのCDなんですが音圧かなり高めですよね。これだけじゃなくて今でも大抵の音源が強く圧縮されている理由は多数のリスナーの環境の問題で、一般向けだとどうしてもベタッとした音のほうがよく聞こえやすいです。

ここにくるようなオーディオに意識がある人じゃなくて大抵の人はノートPCややっすいイヤホンとかだと思うので、彼らにとっていい音ってのは、彼らのレンジが狭い再生域に対して適合する同じくレンジが狭い音源だと思います。手持ちの再生環境にちゃんと制作側の意図を押し込んで見えるようにしたほうが受けがいいでしょうし。

とはいえ、ハイレゾ向けならハイレゾに特化したミキシング位はしてほしいところですね。そういうものを買う人は環境も一般より良いはずだし、レンジの広いミックス+マスタリングに対してちゃんと評価してくれると思います。あとはそういう手間を掛けるつもりが売るサイドにあるかどうかです。

CDのラブライブの音源は明らかにミックス段階で過剰にコンプがかかっていると思われるので(スノハレのイントロのピアノは明らかなコンプのかかった音など)、ミックスの段階でかなり海苔に近かったんじゃないですか。マスタリング向けでもそういうデータで提出する音屋さんは最近だと結構います。なのでマスタリングを変えるだけでハイレゾにふさわしい仕上がりにはならなかったんじゃないかと。

こんどはミックスを変える問題は、ミックスのエンジニア次第で楽曲の解釈が変わる可能性でしょうか。32bitの音源は聞いてないのですが、いつもパツパツの圧縮ミックスばっかりやってる人がハイレゾ向けのミックスをやっても、それは耳になれない作業なので最良の仕上がりにならないと思われます。ハイレゾのMixはハイレゾが得意な人がやるべきと思うのですがそうなると楽曲の解釈も変わってきます。個人的にはジャズみたいに演奏家で同じ曲でも別物になるみたいに色々な解釈があってもいいとは思いますけどね。

No title

こんにちは

補足ありがとうございます。

DAWの内部演算で32bit以上のビット深度が用いることに意味はあっても、最終的に仕上がったデータを32bitで書き出すことに対して、データサイズに見合った価値はあるのでしょうか?

今回の音源については、「CDでももっと高音質な録音あるんじゃないか」という程度の出来であったら32bitや96kHzのサンプルレートは過剰ではないかという考えです。

いかがでしょう?

No title

>データサイズに見合った価値はあるのでしょうか?

この言い方に対してだとNOですね。ただし32bitと24bitにデータ上の意味がなくても音が変わることはあります。再生プレイヤーやドライバレベルの音の差です。

>今回の音源については、「CDでももっと高音質な録音あるんじゃないか」という程度の出来であったら32bitや96kHzのサンプルレートは過剰ではないかという考えです。

今回の音源と合わせてOnkyoMusicチェックしてきましたが同じミキシングエンジニアとのことなのでやはり仕上がりはイマイチに感じました。CDより楽曲ごとのバランスのバラつきが大きく、非常な短納期か普段やらない作業だったのでしょうか。

これは下手とかじゃなくて慣れてないだと思います。この方は音圧あげる手法をずっと追い求めてきているMix方法のように聞こえるので、今回のような企画には向いてない気がします。CDだったらいいと思うのですけどね。

No title

なんどもすみません。twitterのログを見て補足なんですが、32bit floatは音源が24bit精度でそれに浮動小数点が8bit分という形式だったはずなので、音源部分は24bitのままというイメージです。32bit整数でフルにレンジを使っている場合は32bit floatより音源自体に割り当てている情報量が多いって言いたいんじゃないかと思います。仕上がりはCDレベルですが…。

No title

yohine さま

そんな感じで、32bitだの何だのいう前にCDの音をもっと丁寧に作る必要を感じますし、ハイレゾにしても慣れていない中途半端なものを同じ楽曲で2回に渡って配信するのはどうかという意見をこめた記事でした。

新しい楽曲を新しい機材、フォーマットで制作して、聴いたことのないような音質で出してくれることを期待しています。


32bitの件は、指数部を使わなければ24bitでしかないというのでしょうか、なぜ指数部を捨てるのか、よくわかりませんが…

No title

初めまして!
ちょうどSnow halation96kHz32bitが気になっていましたのでブログの方を拝見させていただきました。
私は技術的な事は分かりませんがラブライブのCDは音割れ等、悪い印象がありました。今回の32bitも怪しさでダウンロードを控えてました。

この日記を読んでいて

ハイレゾ 32bit HD REBUILD MASTER→アイマスのCDくらいの音質

これには賛同出来きそうです。

私はアイマス系のCDをよく買う方でアイマス関係のCDは悪い印象がないのですね。コミック同梱CDで稀に劣悪なのがある程度でしょうか。特にミリマス関係は良いようでマスタリングがビクター系のエンジニアだったりとランティスではありえない音質だと思ってます。

No title

マスター音源自体は32bit/48kHzらしいので32bitって所だけは嘘じゃないようですよ

No title

32bit floatのマルチトラックデータがあったとしても、A/Dコンバータは24bitだと思うんですよね。ProToolsのレコーディングで32bitのInputって出来ましたっけ?

あと、32bit floatのマスターを32bit intにすると約-54dBFSを堺に大きい部分ではintのほうが解像度を上回るため実質的にアップコンバート、-54dBFS未満の領域だとintのほうが負けてダウンコンバートになってしまうようなのですが。

No title

>ハイレゾ 32bit HD REBUILD MASTER→アイマスのCDくらいの音質
日本コロムビアがすごいのか、ランティスがアレなのか。絶対に後者でしょうけど。
さて、それならアイマスのハイレゾは、ラブライブ!のハイレゾとどれだけ違うんですかねぇ(白目)

>配信フォーマットが32bitや96kHzであることの恩恵というより、ミックスダウンの作業を音質を意識してやりなおしたことが大きいのではないかという印象。

ハイレゾ版エヴァサントラ発売時の鷺巣先生のコラムの通り、「スペックは二の次で、重要なのは名人の耳と腕」ということですね。

例えば、宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟の主題歌は、e-onkyo等で配信中の96kHz/24bitのハイレゾ音源、CD版サントラに収録のCD音源の2つがあります。比較して聴いた限り、CD音源の方が落ち着いていて良かったです。
というのも、主題歌が打ち込み無しのフルオーケストラで編曲されて、なおかつ、サビで一気に音量が上がるから、落ち着いた音の方が良いんです。
波形をチェックしたら、CD音源はハイレゾ音源より4dBほど控えめで、ダイナミック・レンジが広くて、音量の上限・下限ともに余裕ができてます。ハイレゾを前にしても、CDが未だ廃れないのは職人の腕がスペックより重要だからですね。
そして、CD版サントラと同時に、Blu-ray Audio版サントラも発売されています。
これに収録された主題歌は、配信音源と同じ96kHz/24bitながら、それから更に6dBほど低いレベルでマスタリングされており、ダイナミック・レンジがCDからもっと広くなっています。レベルオーバーもしてないから、楽器の音色は生音に近く、なにより、歌声が伴奏に埋もれずちゃんと聞こえるのが良い。CDでも十分良かったけれど、ハイレゾを十分に活かせば、もっと良くなるんですね。
一応、主題歌のオリジナルマスターは48kHz/24bitなので、高音部分は補完されてるんでしょうが、そんなの気にならないぐらい良いです。
CD版とBlu-ray Audio版は両方、日本コロムビアのエンジニア、山下由美子氏がマスタリングを担当しています。
山下由美子氏の実力と、「宝石を磨くということの意味」を実感しました。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。