スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンドバーグのハイレゾ

リンドバーグのハイレゾリマスター音源が発売されました。

買う前にとりあえずPCの内蔵スピーカで試聴してみたのですが、「うるさいな」という感じで期待できそうになかったのですが、リンドバーグはよく聴いてたのでBELIEVE IN LOVEという曲を買ってみました。

LINDBERG Ⅳ
http://www.e-onkyo.com/music/album/tkca30278/


また「マニアは波形ばかり見て音を聴かずにどうのこうの」とかいわれるのが嫌なので、あえて波形はみないようにしてfoobar2000で再生して、当時のCDと比較しました。

案の定、マキシマイザー掛けて弄くり回したような、悪い意味で今風の音になっていて、ドラムがなると他のパートが引っ込むような嫌いな音してました。
特に気になったのは、ドラムやベースといった低音楽器が目立っていて、それらが鳴るとボーカルの邪魔をするような印象。音圧上げるような処理をするとこうなりがちなのですが、楽器同士がおしくらまんじゅうをして、ふわふわ出たり引っ込んだりしてるような感じです。


波形を出すとまた、音の悪い作品ばかりリリースするでしゃばりの関係者からtwitterで「波形なんか見ないで聴いて判断」とかいわれそうですが、少なくとも昔の曲が海苔波形になってたら、それは今風のサウンドに改変させられたものだと判断して、購入検討から外してもいいんじゃないかなと思います。

lindberg3.png



lindberg4.png


Amazonで1円+送料で買える当時のCDのほうが全然いいと思うんですが、みなさんはどうですか?
異常な信号な音源でも音はいいのかどうか、
ぜひ「聴いて判断」してみましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リマスタリングを担当したエンジニアさん、音圧増量させるのほんと好きですね。
ヤマタツさんとか、中森明菜でもすごい迫力サウンド(皮肉)を聴かせてもらいました。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。