スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子工作マガジンのバランスヘッドホンアンプ記事(地雷)

※注意

記事公開後に実際に製作しましたが、いくつかの問題点が発覚しています。

・出力端子のピン配列が間違っている(しかも既存の製品のピン配列と異なる)
・DCオフセットの調整が追い込めない
・ボリューム位置によって周波数特性が著しく悪化する
・ケース加工図は製作前に現物合わせで要確認

お気をつけください。




電子工作マガジン 2016夏号に

特性の良いバランス駆動を手作りアンプで体験してみよう
バランス駆動ヘッドフォンアンプの製作

という記事があったので、買ってみることにしました。
CltAz1wVYAAGO6h.jpg


CltAz7FUgAAx187.jpg

オペアンプよりヘッドフォンをドライブしやすいディスクリート構成で、約半分のCR、トランジスタのパーツは面実装品で基板に実装済みのものが販売されており、合計予算は3,707円とのことです。


基板は700円だけど送料が宅急便で500円(だけど緩衝材なしで封筒に入れて送るらしい)という時点で嫌な気はしていたのですが、勢いで頼むことになってしまいました。

本を買わないと必要な部品がわからないので本が届いてからリストを見ると、入手先は秋月電子と千石電商で、片っ端から通販のカゴに入れて注文。販売単位が10個だったりして、どうしても必要数のみで買えないこと、2箇所から購入することで送料もかさみ、3,707円で済むはずが、最終的に計算してみるとなんと5,887円もかかっていることに気づきました。これに本代を足すと7,087円もの金額に達しており、この数字をみると正直、買ったことを後悔してしまいました。

そうそう、無駄に1個120円もするWIMAのコンデンサを使っているわりには、他のところは昔懐かしいクリーム色で丸い形のセラミックコンデンサを使ってたり、ツマミが380円もしたりで、どうも理解しがたいこだわりも感じられ…。


さて、部品の手配も済んだところで記事を読んでみると、なんと!

CltG7ajUkAAPerf.jpg


設計に不備のある未完成品だったようです!





周波数特性グラフも載っていましたが、「可聴域の30Hz~20kHzにわたってほぼ周波数特性はフラット」なんて書いてあるわりには明らかなカマボコだし…
qindq64y.jpg




というわけで、買おうと思ってる方は気をつけましょう!


追記
記事中の回路図があまりにも見にくいので書き直してみました。
画像クリックで拡大
電子工作マガジン回路図


追記2
ボリューム位置によって周波数特性が著しく悪化する件について測定結果を掲載します。


最もフラットな特性が得られるボリューム最大時(グラフ水色)に対して、特性が最も悪くなるボリューム-6dBの位置(ピンク)といったようにボリューム位置によって周波数特性が悪化することがわかりました。
IMG_5274.jpg


ボリューム-6dB(電圧レベル半分)の位置
IMG_5276.jpg


理由はボリュームの後についているローパスフィルタ回路がボリュームの影響を受けてしまうことであり、
これは回路設計の不備であると考えられます。
IMG_5273.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

電子部品通販ってだいたいそんな感じです。店頭買いなら一個からも多いですね。
回路に改良の余地があると、明記されているのですから、それを読む前に部品を購入して、「地雷」」と表現したら記事の著者も報われないのではないでしょうか。

No title

通りがかりさま

コメントありがとうございます。
この本にバランスヘッドホンアンプの記事が載っているということをネットで知りまして、基板を起こして頒布している程なのでそれなりの完成度のものだと思い込んで本を買う前に基板を注文してしまった私がいけなかったのだと思います。

雑誌の対象者層と作例の内容のバランス、
かかる金額に対しての中身の完成度、
ピンアサインという大切な情報に対する誤植

作ってみて、これをどなたかにおすすめできるかというと
あきらかにNOであると感じました。

「地雷」と表現した理由も記事中に書いておりますので、内容を読んだ上で購入の判断をしていただければと思います。

ちなみに誤植などの問題についての情報は出版社より公開されていないのでしょうか…。
これらの不具合情報は購入した方にとってもきっと役に立つはずです。

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。