スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理由(ワケ)あって、ニセレゾ! アイドルマスターSideMのハイレゾ

※2016/7/26 e-onkyoさんからの回答について追記あり



Mマスのハイレゾ 買った! やふー!!

相変わらずのランティスって感じの、48kHzサンプリングの2mixから作った96kHz 24bitのレベル突っ込みまくりグチャグチャ音のニセレゾって感じで、ある意味期待通りでした。

面倒くさいけど一応キャプチャだけ貼っときますー


Mマスハイレゾ2


Mマスハイレゾ3


Mマスハイレゾ4
上:ハイレゾ、下:CD(320kbps MP3)


Mマスハイレゾ5
黄:ハイレゾ、白:CD(320kbps MP3)


聴いた感じどうかというと、ハイレゾのほうが微妙に聴きやすい音してる気もしなくもないですが、そもそも音作りがグチャグチャなので、ハイレゾどうこういう前にCDの音を丁寧に作ったほうがいいんじゃないかなと思います。うん。



※追記 2016/7/26
配信開始されたSideMの11タイトルについて、使用されたマスターの音源の仕様についてe-onkyoさんに問い合わせをしたところ、回答がありましたので記載します。

■マスター音源スペックST@RTING LINE-01~10:48kHz/32bit、2nd Anniversary Disc 01:96kHz/32bit
■マスタリングスタジオ:ワーナーミュージック・マスタリング
■マスタリングエンジニア:田中龍一

とのことです。
11タイトルのうち、CDが2015/4/15~2016/4/20に発売された10タイトルは48kHz/32bit、2016/7/13から発売開始した別シリーズの1タイトルが96kHz/32bitのマスター音源ということになります。
マスタリングスタジオおよびエンジニアはCDと同じようです。(ST@ATING LINE-03のクレジットを確認)

2nd Anniversary Disc 01であれば(シンセのサンプリング周波数とかの話はさておき)、配信フォーマットを下回らない環境で制作された、ハイレゾとして問題のない音源であるといえるのではないでしょうか。


※追記 2016/7/27
e-onkyoの各音源の販売ページに上記の情報が追加されました。
また、本日発売のST@RTING LINE-11および12は96kHz/32bitのマスター音源とのことです。
つまり、最近のタイトルは96kでの制作に移行しつつあるといえるでしょう。


以上、このように、情報が公開されていない怪しい音源があった場合は、e-onkyoさんへ問い合わせすることでレーベルへ情報公開を依頼することができますので、購入前に不安のある場合は一度連絡してみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この状況から察するに、もともとハイレゾ配信のつもりは無かったのに「理由あって」することになったって感じなんですかね。
sideMのCDは発売時期によってマスタリングに結構差があるので、ハイレゾ配信での改善に期待していたのですが…やはりランティス

それはそうと、「MOON NIGHTのせいにして」をフリーソフトでですが解析してみた結果、ボーカル”だけ”40kHz前後まで収録されているように見えます(ちゃんと歌声に連動して音量が変化しているのでノイズではなさそうです)。

No title

コメントありがとうございます。

しばらく前までは、音源販売ページでマスター音源のフォーマット等の情報が公開されていることが多かったのですが、ハルヒのハイレゾあたりからソースが不明な音源を見かけるようになりました。

ネイティブなハイレゾ音源ではない場合はその旨明記することが望ましいと考えています。
とりあえず軽く問い合わせは入れてみましたので返答があれば追記するようにします。

曲によっては、パートによっては96kで録っているような音源もあるのですね。参考になりました。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。