スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB地デジチューナー

超弱電界の地域でなんとか受信できる場所がないかと電測をやろうと思ってるんだけど、このために測定器買えないし、アンテナと一緒に持って運べる手軽な受信方法が無いかなと考えてたところ、PC用のチューナーとノートPCでいいじゃんかと思いついたわけです。
PC用のチューナーなんて以前だと感度が悪くて、テレビなら受信できるのにPCチューナーだとダメだなんて話もみかけましたが、調べてみると最近のUSBチューナーでも高感度を謳ってたりしてそれなりの性能も期待できそう。

色々調べてみるとBUFFALOのDT-F120/U2が魅力的なのでついポチってしまいました。
DSC_0502.jpg

何が魅力的かというと

・Fコネクター変換ケーブルがついていて外部アンテナが使用可能
・フルセグ、ワンセグともに受信可能
・"さらに高感度"らしい
・受信周波数がVHF:1~12ch/UHF:13~62ch/CATV:13~63ch(パススルーのみ)と、なにより広い。他社のこの手の製品だとCATV未対応だったりする。
・アンテナレベルがC/N比表示
・受信チャンネルがマニュアルで設定可能
・そしてなにより小型で、価格もそこまで高くない

ってなワケで、受信チェック的な用途にも活用できそうなスペックです。


では各所をチェックしていきます。


アンテナ接続部
DSC_0505.jpg
ロッドアンテナは主にワンセグ受信用で、地デジ(フルセグ)受信には外部アンテナを接続するようになっており、10cm程度の変換ケーブルが付属しています。


コネクタ部
DSC_0504.jpg
ロッドアンテナを引き抜くと、差し込みコネクタになっています。ネジ式ではないけれど、しっかりとした嵌めこみ式なのでバッチリです。よく無線LANモジュールなんかについてるコネクタと一緒かも。(あのコネクタなんて名前?)



そしていよいよ内部写真へ

DSC_0492.jpg

なんと人差し指の爪だけでパカッと分解できてしまう嬉しい構造。
こんな小さな中にチューナー回路とUSBインターフェースが組まれているなんて…


そして裏側
DSC_0493.jpg


チューナー部拡大
DSC_0496.jpg

DSC_0497.jpg

受信周りのデバイスはモバイルTV用のチューナーICであるFCI FC5500
そしてISDB-T 地上デジタル放送受信機用 復調訂正IC TOSHIBA TC90527でした。

高周波部分の回路構成とか気になるけれど、もはや見ても判らない次元のようで…。



で、こちらがチャンネル設定画面
ch.jpg
普通のテレビだと地域設定をしてチャンネルスキャンをして引っかからない限り設定できなかったりするけれど、このモデルは物理チャンネルで直接指定ができます。ただし、設定時に受信できないといけないので、事前に設定しておきたい場合は送信所ごとのプリセットを使えば良いようです。

ちなみにプリセットはテキストファイルで管理されているみたいなので電測時には近隣の送信所の周波数一覧とか適当に作っちゃえばよさそう!?
チャンネル設定



実際の表示
DSC_0515.jpg
このような感じでC/N比が画面上に表示させることができます。
ざっと確認したところフルセグには17dBくらい、ワンセグには5dBくらいの値が必要のようです。


実際にこのチューナーの受信感度がどのくらい良いのかは気になるところ。


ちなみに受信アンプも購入しました。MASPROのUB18Lです。雑音指数(NF)が1dB以下とか、すげースペック。
DSC_0508.jpg

近いうちに外に持ちだして実験してみようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。