珈琲豆の精製方法による味の違いを試す

珈琲豆を木から収穫した後に、焙煎できる生豆の状態にするまでの精製方法にはいくつかの方式がありますが、この製法の違いを、同じ農園で作られた同じ品種の豆で比較できるサンプルを貰ったので試してみることにしました。



IMG_6491001.jpg


参考

コーヒー豆の精製方法4タイプの違いとそれぞれの風味 http://coffeestandfrank.com/blog/coffee-purification-method



ゲイシャ種 ナチュラル製法の豆

IMG_6494001.jpg




ゲイシャ種 ウォッシュド製法の豆

IMG_6495001.jpg





まずはナチュラル製法の豆から焙煎してみました。

IMG_6496001.jpg

袋から出してみるとなんとなく黄色味をおびた色をしており、酸っぱいような臭いを放っています。なんとなくカラカラとして軽い印象です。


1ハゼが12分、2ハゼが15分20秒くらい。そこで焙煎完了としました。


IMG_6497001.jpg


IMG_6501001.jpg



炒る前の酸っぱい臭い感じがそのまま風味として現れており、「ナチュラルは独特の風味が現れ、飲めばすぐナチュラルとわかります。」と書かれてるのにも納得しました。

いわれてみればこういう味のコーヒーあったなあという体験したことのあるものでしたが、今回比較したことにより、これがナチュラル製法の特長の風味だというのがよくわかりました。

ちなみに酸っぱい臭いってのはいわゆる酸味の強い珈琲みたいなのとはまた別のもので、明らかに特徴のある風味なので言われればすぐに分かると思います。

ただ、この風味は焙煎後時間が経ったり、焙煎がこれ深い場合は特徴が埋もれてわからなくなりそうな感じです。



続いてウォッシュド製法の豆を焙煎してみます。

IMG_6498001.jpg



IMG_6499001.jpg


IMG_6509001.jpg



焙煎はなるべく同条件になるように気をつけながら行いましたが、1ハゼについては同じ12分だったものの、2ハゼは16分30秒と少し長く掛かりました。これは豆の水分含有量によるものかもしれません。


ちなみに味については先ほどのような強い癖はなく、普段飲み慣れたコーヒーの味がしました。



ナチュラル製法については、あのような豆の色や臭い、そしてコーヒーもああいった風味のものを体感したことはあったのですが、それが製法の違いによるものだとは意識して考えたことがありませんでした。

今回、このような比較セットの豆を試したことで、ひとつまたコーヒーの味の違いを覚えましたとさ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク