スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

というわけでAKI.DAC-U2704用トランス

毎度の事なんですが、ネタ構想してる間に実現しないわけにもいかなくなっちゃうパターン。
AKI.DAC-U2704の改造に参戦することになりました。

内容としてはOPA2704の出力レベルが0dBFsで640mVrms程度しかなく、音量が小さいために一般的な2Vrms程度のレベルまでに持ちあげたい。これをオペアンプを用いずにトランスで行おうと。

そしてトランスを使う副次的なメリットとして

・トランスのL成分を活用してDACのポストフィルタを構成しよう。しかもPCM2704がFs=48kHzまでにしか対応していないことを逆手に取って、一般的な音源ソースに特化した特性にしよう。

最近のDACはFs=192kHzに対応するがために、通常使用することが多い44.1kHzなどのサンプリング周波数の時に本来はカットしたい20kHz〜96kHzあたりがカットできないことはもちろん、それ以上の高調波成分に対してもフィルタが十分でないものが多く、無音時でも数十mV単位で高周波ノイズが出ている例も多い。

普通の用途ですと、192kHzサンプリングの音源を再生する機会などそうそう無いのですが、いまどきのDACは無駄にハイサンプリング対応ばかり。そんなわけで原点に戻ってCDクオリティのソースをしっかり鳴らすDACがあってもいいんじゃないかと。そういう狙いです。


・出力のバランス対応
トランスを使うことでバランス出力が簡単に対応可能となります。PCオーディオはノイズの影響を受けやすいため、可能ならばバランスで伝送したいところ。PA用途など出力ケーブルが長くなる場合もノイズに強く対応可能になります。
また、アンバランス接続にも結線の変更だけで対応でき、接続機器のギリギリの部分までバランスケーブルで送ることによりGND起因のノイズを低減することもできます。


・音質について
以前、iPod用に作ったバランスライン出力トランスA28-184の評価がとても良かったので、この仕様をなるべく継承して、出力レベルのみ民生機レベルに合わせようと思います。
可聴外周波数の減衰効果のおかげか高域のザラつきがなくなり、低域はわずかな伝送歪のおかげかトランスならではのパワーのある低域が期待できます。低域歪はソース側のインピーダンスにより変化しますのである程度のチューニングも可能なはずです。



そんなわけでA28-184トランスから仕様変更をする部分を、毎度ながらお世話になっている染谷電子さんに相談してみました。


変更点としてA28-184の二次側の巻数を減らしたい。CTを使った時にちょうど良いくらいだったので若干の余裕をみて巻き数を6割程度にしたい。
よって昇圧比4倍、インピーダンス比16倍なので16Ω:256Ωから225Ω:3600Ωくらいで20kHzくらいまでをカバーできる仕様にしたい。

A28-184トランスの音や、予備実験での音質が良かったので、コアサイズやコア材(パーマロイ)、そして一次側の巻数は変更しない。

二次側の巻数が減ることでボビンに余裕ができ、一次側および二次側の線径を太くすることが可能になる。一次側の線径が太くなることにより、より低いソースインピーダンスで駆動できるので、歪率の低下が期待できたり、外付け抵抗でチューニングする場合の自由度が期待できると思われる。

また二次側のインピーダンスが下がることで、バイファイラ巻にしても良さそうとのこと。これによりバランス伝送する時の対GND(センタータップ)の電位が等しくなることで対ノイズ性をあげられるだろうと。


そんなわけで早速ながらA28-184のハイファイオーディオバージョンが出来上がりそうです。
レベルが一般のラインレベルに適正化されることはもちろん、それにより二次側のインピーダンスが下げられることで伝送ロスやノイズ耐性も増え、より電圧伝送に近づいて余裕ができる分、音のチューニングなどもしやすくなるはずです。

ちなみにこのトランス、0PA2704用の出力トランスのみならず、iPodをアンプに接続する際の昇圧ライントランスとしても最適なスペックとなるはずです。

では次回をお楽しみに
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。