スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆踊り

CA3G0145.jpg

なんだか前回の記事からあっという間に一ヶ月が過ぎていました。

地元の盆踊りのテープが十数年くらい使っているのか主婦が聴いても酷い状態らしいので更新することにしました。
カセットテープでだいぶダビングを重ねたやつを使っているようなのですが、ダブルラジカセ(死後)でダビングしたカセットは再生側より録音側のほうがテープ速度の偏差が遅いほうに寄っているため、ダビングをするごとにピッチが速くなっていきます。これは同じ分数のテープ同士でダビングした時に録音側が先に終わってしまうことの防止みたいなんですが、何度もやるとはっきりとわかってしまいますね。


さてさて、必要な曲の中からCDがあるもの、レコードしかないものがあるので、まずはレコードから起こしを始めます。傷んだ盤はやっぱり細い針に限ります。AT-33PTGが大活躍。
あらかじめ盤を洗剤(というか洗面所にあったキレイキレイ)を使ってキレイにしておきます。

再生してPCに取り込んだらノイズ取りのプラグインでスクラッチノイズを取って、低周波ランブルをEQで取って、他の曲と並べてから音の悪いものはEQで誤魔化してからマキシマイザでレベルを揃えます。

CA3G0146.jpg


その後CD-Rに焼いていい感じに仕上がったのですが、でも盆踊りってセラミックカートリッジのポータブルの安物レコードプレーヤでバチバチいいながらやってるほうが風情があって良い気もするんだよなぁ…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。