スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LME49600裸特性

LME49600を買ったものの、回路を組むのが正直めんどくさいー。

計測用に低インピーダンス出力のバッファを組みたかったんだけど、差動入れ差動出しでDCサーボ入れようとか考えてたら面倒でヤル気がなくなってしまい。


とりあえずNFBをかけない裸特性を見てみることにしました。
メモがてら書き残します。

電源電圧±9V 安定化電源でパスコン10μF
BW OFF
ソースインピーダンス40Ω

周波数特性は裸でも32Ω負荷で10Hz~120kHzで見ましたが限りなくフラットです。

レベルは無負荷ならほぼゲイン0dB。32Ω負荷で-1.6dB、8Ω負荷で-4.7dB。
出力インピーダンスは概ね6Ωくらいのようです。

問題は歪率。

無負荷なら5.3V出力時に0.0053%実測と良好にもかかわらず、負荷をかけると一気に低下します。
上の状態で32Ω負荷をぶら下げると出力4.5Vで歪率1.9%、1V出力で歪1%ってな感じです。


さすがにオープンループでの使用は厳しいかなあという結果となりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。

そのチップはミタケさん所でヘッドフォンアンプに使っているのかな~

単品で買えるのですね。

No title

おひさしぶりです。

ええ。秋月で石売ってますよ。

そうそう。ミタケさんのを買ったほうが利口だと思います。
差動片chでそのまま使ってもいいし、たすき掛けしてもいいし。

P1DDどうですか??

No title

P1DD 説明と違い、96K対応ではなかった為にキャンセルしました。

No title

あらら、それは残念でした…

No title

20万なんで安かったんですけどね。

No title

20万で動作品なら格安だと思います。
校正調整出して30万弱ですか…。

No title

96Kに変更するだけで50万と言われていますね。

20万円は破格ですね。

No title

ソフトンさんの掲示板にRコアー式の多目的ライントランス開発中とありました。リリースはまだ先の話の様子です。

No title

サイトにある入力トランスっての見ましたけど、電源用の流用みたいでサイズ大きいし、コア材何なんでしょう。
Rコアのメリットってどう出てくるんでしょうね。

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。