ヘッドホンマッチングトランス製作依頼品(1)

ここに掲載しているポータブルプレーヤ用のマッチングトランスを是非製作して欲しいとのご依頼があったので、製作することになりました。

せっかくの機会ですので進捗状況の報告がてら製作過程を記していきたいと思います。

とりあえず部材の手配を行い、到着までの間にケース加工用の型紙を作ります。
ケース加工は直接材料に罫書きをしてもいいのですが、凹凸があって細かいものですとやはり誤差が生じがち。
そこで型紙を用意してケースに貼り付けると正確な位置出しが可能になります。
方眼紙に手書きでもいいのですが、レイアウト構想やら管理を考えるとプリンターで印刷するのが良いでしょう。
以前はイラレで描くことが多かったのですが、今回はフリーのCADを使ってみました。

タカチのサイトにdxfの図面がありますので利用すると便利です。

cad.jpg




あらら、前面で見た目のバランスが良い配置にすると裏でナットが干渉してしまう…。
不要な部分なのでフライスで削りますかね。
ナットが
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

私も依頼しようかしら

どういう形で手続きしたらいいですか?

No title

またまたご冗談をー

長野のOさん自分で作れるじゃないですか。

今回はメールでご相談をいただたき、何度かのやりとりの上、
お受けすることになりました。
以前より製作に必要なデータの開示までは大歓迎なのですが、
実際の製作を私が請負うことは今後の私のwebサイトの位置づけ
にも少なからず影響しますので正直悩む部分もありました。
人柱で実験しました。よかったら作ってみては。くらいの感じが
望ましいと思っているのですが、少なからず商品として扱われる
ようになると記事内容の信憑性にも繋がりかねませんので。

まあでもせっかく私の製作した機器に興味を持ってくださったの
ですから、こちらとしても是非試してもらいたいということで今回は
特例といいますか初の試みとすることになりました。

機器の製作の手順などをレポートすることも無いので、そういった
面でも良い機会だなと思っています。

改めて思ったのは最低限使えるということであれば簡単といえば
簡単ですが、ある程度の形に仕上げようとすると、やはりそれなり
の手間や道具が必要になるものですね。
ケースの穴なんかもハンドドリルで目見当でちょいちょいと開けて
もいいのですが、やはりきちんと位置を出してボール盤で開けて
面取りすると綺麗に仕上がるものです。

っと、だいぶ話がそれてしまいましたけど、自分で作れる人はなる
べく自分で作って欲しいんですよ

No title

えぇーと 本気でした。

欲しいナーと思ったのです。

時間があったら自分で作りますね。

以前真空管プリアンプのキットを作って欲しいと言われたことがあります、大型211とか製作経験のある超ベテランの方ですよ。

完成品より高くなりますとお断りしました。(笑)

No title

ありがとうございます。

作ってもいいのですが、おっしゃるように価格の折り合いだと思います。
自分で作れる環境と道具があれば安く済みますので。
何ならメールください(笑

あれ、長野のOさんも頼まれる程の腕前じゃないですか。
私は球はほとんどやったことないので、あれを組める人はすごいなーと思いますよ。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク