スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドホンマッチングトランス製作依頼品(3)

さて図面も出来上がり、いよいよケース加工に入ります。


プリントアウトした型紙を切り抜き、ケースに糊で貼り付けます。
こういう時はやはりレーザープリンタが滲まず便利です。

DSC_2166.jpg




ボール盤を使い、センター出しも兼ねて最初に小さな穴を開け、徐々に大きく開けていきます。
プラ素材は食いつきやすいので気をつけましょう。世の中にはプラ用の刃もあるらしいですが…。
DSC_2177.jpg




なかなかピッタリの位置に開けるのは難しいものですが、型紙のおかげで上手いことセンターに開きました。この作業はやはり集中力が命です。気の向かない時は絶対面倒になってズレますね。
今回は素材がプラなので良いですが、金属の場合は油まみれになるので大変。
でも、たまには油まみれにしないと機械も工具も錆びてしまうよ。
DSC_2178.jpg




背面パネルは皿ネジなので皿モミを。深さは目見当と測りながらで。
DSC_2179.jpg




例の突起はエンドミルできれいに取り去られました。
DSC_2188.jpg




型紙を剥がして洗浄して出来上がり。
DSC_2183.jpg




パーツを仮止めするとこんな感じに。
DSC_2189.jpg



次は組配です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれですねプラスチック用のポンチが在るといいですね。

普通のオートポンチだと破壊するでしょうし。

No title

ポンチどうも好きになれないんですよね。
それに追加工だったりプラ成形品ですとケガキしずらいです。
今度センタードリルを試してみようと思います。
まあ現状でも全然問題ないですけどね。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。