スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースアンプの修理

壊れたベースアンプを入手したので修理しました。


DSC_2368e.jpg



症状は電源を入れると強烈なハム音が出力されるというもの。

CA3G0290.jpg


分解した状態で電源を入れてみると、スピーカーを接続していないのにハム音が聞こえるぞ!!

なんとトランスが唸っているではないですか。


CA3G0284.jpg

正負電源の正側が妙に電圧が低いので、おそらくどっかで短絡気味になっているんだろうと回路を切り離しながらチェックするもCR類に異常はなし。ツェナーと抵抗で作ってる電圧の低いオペアンプ用の電源回路も問題なし。
アンプ出力はDCバイアスが乗ってしまっているけど、入力は問題なし。
パワーアンプICのLM3886を外すと電源電圧も正常なので、まあこいつだろうなあと。


CA3G0289.jpg
ICを交換してあっさりと修理完了。周辺パーツも異常なさそうなので原因は何だったんだろう。
外部スピーカー付けられるからそれによるオーバーロードとかかなあ?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。