理由(ワケ)あって、ニセレゾ! アイドルマスターSideMのハイレゾ

※2016/7/26 e-onkyoさんからの回答について追記あり



Mマスのハイレゾ 買った! やふー!!

相変わらずのランティスって感じの、48kHzサンプリングの2mixから作った96kHz 24bitのレベル突っ込みまくりグチャグチャ音のニセレゾって感じで、ある意味期待通りでした。

面倒くさいけど一応キャプチャだけ貼っときますー


Mマスハイレゾ2


Mマスハイレゾ3


Mマスハイレゾ4
上:ハイレゾ、下:CD(320kbps MP3)


Mマスハイレゾ5
黄:ハイレゾ、白:CD(320kbps MP3)


聴いた感じどうかというと、ハイレゾのほうが微妙に聴きやすい音してる気もしなくもないですが、そもそも音作りがグチャグチャなので、ハイレゾどうこういう前にCDの音を丁寧に作ったほうがいいんじゃないかなと思います。うん。



※追記 2016/7/26
配信開始されたSideMの11タイトルについて、使用されたマスターの音源の仕様についてe-onkyoさんに問い合わせをしたところ、回答がありましたので記載します。

■マスター音源スペックST@RTING LINE-01~10:48kHz/32bit、2nd Anniversary Disc 01:96kHz/32bit
■マスタリングスタジオ:ワーナーミュージック・マスタリング
■マスタリングエンジニア:田中龍一

とのことです。
11タイトルのうち、CDが2015/4/15~2016/4/20に発売された10タイトルは48kHz/32bit、2016/7/13から発売開始した別シリーズの1タイトルが96kHz/32bitのマスター音源ということになります。
マスタリングスタジオおよびエンジニアはCDと同じようです。(ST@ATING LINE-03のクレジットを確認)

2nd Anniversary Disc 01であれば(シンセのサンプリング周波数とかの話はさておき)、配信フォーマットを下回らない環境で制作された、ハイレゾとして問題のない音源であるといえるのではないでしょうか。


※追記 2016/7/27
e-onkyoの各音源の販売ページに上記の情報が追加されました。
また、本日発売のST@RTING LINE-11および12は96kHz/32bitのマスター音源とのことです。
つまり、最近のタイトルは96kでの制作に移行しつつあるといえるでしょう。


以上、このように、情報が公開されていない怪しい音源があった場合は、e-onkyoさんへ問い合わせすることでレーベルへ情報公開を依頼することができますので、購入前に不安のある場合は一度連絡してみてはいかがでしょうか。

リンドバーグのハイレゾ

リンドバーグのハイレゾリマスター音源が発売されました。

買う前にとりあえずPCの内蔵スピーカで試聴してみたのですが、「うるさいな」という感じで期待できそうになかったのですが、リンドバーグはよく聴いてたのでBELIEVE IN LOVEという曲を買ってみました。

LINDBERG Ⅳ
http://www.e-onkyo.com/music/album/tkca30278/


また「マニアは波形ばかり見て音を聴かずにどうのこうの」とかいわれるのが嫌なので、あえて波形はみないようにしてfoobar2000で再生して、当時のCDと比較しました。

案の定、マキシマイザー掛けて弄くり回したような、悪い意味で今風の音になっていて、ドラムがなると他のパートが引っ込むような嫌いな音してました。
特に気になったのは、ドラムやベースといった低音楽器が目立っていて、それらが鳴るとボーカルの邪魔をするような印象。音圧上げるような処理をするとこうなりがちなのですが、楽器同士がおしくらまんじゅうをして、ふわふわ出たり引っ込んだりしてるような感じです。


波形を出すとまた、音の悪い作品ばかりリリースするでしゃばりの関係者からtwitterで「波形なんか見ないで聴いて判断」とかいわれそうですが、少なくとも昔の曲が海苔波形になってたら、それは今風のサウンドに改変させられたものだと判断して、購入検討から外してもいいんじゃないかなと思います。

lindberg3.png



lindberg4.png


Amazonで1円+送料で買える当時のCDのほうが全然いいと思うんですが、みなさんはどうですか?
異常な信号な音源でも音はいいのかどうか、
ぜひ「聴いて判断」してみましょう!

いきものがかりのハイレゾ

いきものがかりのベスト盤のハイレゾが発売されたので、買ってみることにしました。

いきものがかりはCDで音がいい印象があって、ときどき機器チェック用に使ったりしてるくらいなので、興味があったんです。
とりあえず一曲だけですが、「ブルーバード」という曲をmoraで購入。フォーマットは24bit 96kHzです。


まずは信号品質の確認から。

いきもの

これを見る限り、ナイキスト周波数までの信号成分が含まれており、おそらく録りから96kで行われたと思われ、いわゆる「ニセレゾ」ではなさそう。まずはひと安心。




レベルの突っ込み具合、いわゆる海苔波形度については、手持ちのアルバム「My song Your song」の同じ曲と比較してみました。

いきもの2

波形の見た目としてはほぼ同一で、意識して同じ音圧に揃えたんじゃないかというくらいそっくりなものでした。別のタイトルのアルバムでここまで似ているケースは珍しいんじゃないかというくらいです。



さてさて、波形とかなんとかいうとまた文句いわれるので、「聴いて判断」しましょう。
例によってGRACE DESIGN m905+ dynaudio BM12A、BM14Sという、2.1chのモニター環境で聴いてみました。


感想は

「あっ、CDのほうが断然いい音してる」


という印象でした。
ハイレゾは低域がなくてシャカシャカとした音。高域はよく出ていて音も広がっているんだけど、そのせいでボーカルの歪っぽさが気になってしまう。
あと、CDはキックドラムの音が「ドドドン ドドドン」って聴こえるんだけど、ハイレゾだと「トゥトゥトゥン トゥトゥトゥン」って感じで迫力が無い。
イヤホンで聴いてみても、ハイレゾ版は低域がはっきりしていないせいで聴いていて落ち着かない雰囲気。CDのほうはセンター定位でキックがちゃんと鳴っているので聴いてて安心する。

これってマスタリングのセンスの問題じゃないかと思うんだけど、ひょーっとすると「俺がCDフォーマットの音が好き」ってのだったりするのかなあ? なんてちょっと考えてもみたり。
でも96kのだって、ちょっとEQ弄ったりすれば心地よく聴けるようになりそうなんだよね。



で、一応、この低域の違いが「信号として」どうなのかを確認してみました。


黄色がCD、白がハイレゾのスペクトル分布です。
いきもの3




低域の部分を拡大してみます。

いきもの4


これを見ると、ハイレゾ版は20HzにおいてCD版より2.5dBほど低域が弱いことがわかります。
聴いた時の違和感は単純な周波数特性だけでなく、コンプレッサー等の動作のさせ方によっても変わってくるので、このデータがそのまま聴感の差を表しているかというと何ともいえない部分はありますが、少なくとも、2.5dBも違えば聴いてわかるほどの差があるといえるでしょう。

何故、低音を抑えたのか理由はわかりませんが、結果的に今回のリマスタリングは私の好みに合わなかったといえます。(一応、これが好きな人もいるかもしれませんので)

96kHzサンプリングとか40kHz再生のせいで低域がぞんざいな扱いになるのであればCDフォーマットのほうがいいんじゃね? ってのが今回の感想です。

ハイレゾ云々の細かいところより、確実に聴こえるところのほうが大事じゃないかなと、当たり前の事をあらためて考えさせられる一曲でした。

ひきつづき今後もCDを聴くことにします。

ハイレゾ音源に関するアンケート

twitterのアンケート機能を使って、様々な条件で作られた音源がハイレゾなのかニセレゾなのか、みなさんで判断してみましょう!
匿名ですのでお気軽にどうぞ!


■ハイレゾに関するアンケートの回答者の方々へ

一般ユーザー(聴くのみ)です。
音源の制作に携わっています。
https://twitter.com/fixerhpa/status/661797331222663168


■CDをアップサンプリングしただけのハイレゾ音源も存在するそうですが、さて、アーティストとエンジニアがCDをリッピングしてアップサンプリング、「これこそが私の望む表現だ」と感じたら、それは正当なハイレゾ商品として成り立つでしょうか

はい。それは正当なハイレゾ音源です。
いいえ。ニセレゾです。
https://twitter.com/fixerhpa/status/661722809907810305


■高域補完技術(○2HDとか)を使って、CDマスターから作られたハイレゾ化したものは、正当なハイレゾ商品といえるでしょうか。

はい。それは正当なハイレゾ音源です。
いいえ。ニセレゾです。
https://twitter.com/fixerhpa/status/661723542350786560


■マスタリングスタジオでCDを再生。一度アナログにするとチャラになるので、アナログでイコライザーとかコンプレッサーとかのエフェクタを使ってハイレゾで録音しなおしたら、それは正当なハイレゾ音源でしょうか。

はい。それは正当なハイレゾ音源です。
いいえ。ニセレゾです。
https://twitter.com/fixerhpa/status/661723616090808320


■24bit 48kHzで録音された素材を、96kHzの環境でミックスダウンしなおして96kHz 24bitで出力した音源は正当なハイレゾ音源といえるでしょうか。

はい。それは正当なハイレゾ音源です。
いいえ。ニセレゾです。
https://twitter.com/fixerhpa/status/661724274730774528


■24bit 96kHzでレコーディングし、DAW上でミックスダウンして24bit 96kHzで出力した音源は正当なハイレゾ音源といえるでしょうか。

はい。それは正当なハイレゾ音源です。
いいえ。ニセレゾです。
https://twitter.com/fixerhpa/status/661724502221414400


■ハイレゾは、あ、やばい、ゾクゾク

する
しない
https://twitter.com/fixerhpa/status/661725569122340865


■CDやハイレゾなどの録音物のレコーディングや販売時における、24bit 96kHzなどといったスペック(数字の違い)について

その選択も音楽表現の一部である。
演奏の記録形式の違いに過ぎない。
https://twitter.com/fixerhpa/status/661782959117066240


■40kHzどころか構造上、可聴域の高音の収録でさえも不利とされる「ダイナミックマイク」のみを用いて96kHzサンプリングで録音した作品は、正当なハイレゾ音源か

はい。それは正当なハイレゾ音源です。
いいえ。ニセレゾです
https://twitter.com/fixerhpa/status/661790949022892032



質問は追加されるかもしれません。良いお題を思いついた方はお知らせください。

ラブライブ! の32bit 整数ハイレゾ音源どうなんすか

ざっとメモ程度に。


■32bitのオーディオデータについて

業務用の制作環境であっても基本的にA/DコンバータやD/Aコンバータは24bitであり、一貫して32bitで作業できるDAWは一般的ではない(そもそも存在するのか?)というところ。

PC上の内部処理では演算の都合で32bit floatが用いられているが、入出力についてもAES/EBUなどの現状の接続方法では24bitまでの信号しか扱うことが出来ないこともあり、入力と出力では殆どの場合24bitとなる。

A/D、D/A変換においても現状の技術24bitのスペックを使い切ることは難しく、下位ビットについてはノイズで埋もれている場合が多く、有効な信号が含まれているかというと何といえないところ。
アナログ回路を含めたハードウェアトータルで24bitの分解能を活かせていない状態で、32bitの出力を行う意味があるのだろうか?



■ラブライブの32bit 整数 ハイレゾ音源について

この音源は元々24bit 48kHzで録音された素材を96kHzのデータにアップサンプリングしてミックスダウンをやりなおして、最終的に96kHz 32bitのデータとして書き出したものとのこと。
この段階ですでにネイティブではない所謂「ニセレゾ」音源である。これが「真の32bit」って嘘もいいところだ。
その話はさておき、では32bitで完成させるにあたって、作業中のモニターは32bitのD/Aコンバータから出力した音を聴いていたのかどうかという点が気になる。
そういった作業を行おうとすると編集ソフトやDAコンバータの選定においてかなりの制限を受けることになる。
おそらく作業では24bitの音声をモニターして、ファイル書き出しで32bitを選択したのではないかと予想される。32bit対応の民生機のプレーヤでチェックはしたらしいけれど…。

これを映像作品に例えると、普通のHDのビデオカメラで撮影したデータをパソコンで編集して、その時にチェックするのは4Kのディスプレイ。最終的には8Kのデータとして書き出しました。こんな感じじゃないかなと。

今回の作品が「32bit音源」としてユーザーが受け入れるために十分な作業プロセスがとられていたのかどうかが気になるところ。



■音どうなんすか
とりあえずスノハレを買ってみました。32bitの再生環境を持っていないので24bitに変換して、いや、いっそのこと16bitにしてサンプリング周波数も44.1kHzで聴いてみてもいいんじゃないかなってことに。
ミックスダウンをやり直しただけあって、聴いたときの音質の印象は良くなっているけれど、配信フォーマットが32bitや96kHzであることの恩恵というより、ミックスダウンの作業を音質を意識してやりなおしたことが大きいのではないかという印象。


もともとラブライブのCDは音質が悪いことで有名で、

シングル→音悪い
アルバム→もっと音悪い
ハイレゾ TRUE STUDIO MASTER→クソマスタリング前で少しマシ
ハイレゾ 32bit HD REBUILD MASTER→アイマスのCDくらいの音質

こんな感じで同じもの4回売って、ようやく人並みの音が出てきた感じ。
結果的に満足度の高いものが得られるようになったのは喜ばしいことではあるけれど、アニメ作品のブルーレイ化ににおける作画修正みたいなことを商品で何度も行ってその都度購入させるのではなく、最初からCDで手抜きせずに作ってくれたらそれで十分じゃないのかなーという感じでした。

これは32bitの音源をCDフォーマットに変換してCD音源とくらべてみると簡単に理解できることではないかなと思います。
CD音源と、CDフォーマットにダウンサンプリングした32bit音源で後者のほうが音が良いというのなら、最初からもっと良い音質でCD出せたよね…?

ちなみに32bit版の音源についてツイートでみかけた感想では、「低音盛りすぎ」「左右に流れる音の方向がCDと逆」「ミックスしなおしたせいで記憶にある楽曲と変わってしまっている」なんてのがありましたが、ミキシングをやり直したことを踏まえると、このあたりについて妥当な落とし所ではないかなと感じました。


さてさて次回以降の新作のCDがどんな音質でリリースされるのか、そこが気になるところです。
えげつない商売に見えていた部分が、過渡期で模索していたことによるものだったのか、実際そうだったのか、今後のCDの様子によって、そろそろ実態が見えてくるってところでしょうかね。




※コメントで指摘のあった部分などについて追記

・e-onkyoのスノハレのページに「CD発売時に制作したマスター音源はProTools|HDを使用し32bit floating/48kHzにて収録からミックスまでを行っております。」とありますが、ProTools HDであればA/Dコンバータやインターフェイスは24bitのはずなので、32bit floatingというのはファイル形式でそれを選択しただけのことであって、データの内容としては24bitでしかなかったと考えられる。

・32bit floatのマスターの音源から32bit 整数のフォーマットに変換すると、-54dBFS以上の領域においてはデータが足らず、アップコンバートされることになる。逆に-54dBFS未満においては32bit floatのほうが分解能が高くなるためダウンコンバートされることになる。32bit floatから24bit 整数に変換するのは全領域においてダウンコンバートとなり、演算のために32bit floatを選択した意味はありそうだが、有効な32bit 整数フォーマットの音源を書き出すためには、演算には64bit等のフォーマットの選択が必要なのではないか。
参考http://achapi2718.blogspot.jp/2011/12/32-bit-float-ieee-754.html
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク