FC2ブログ

ももクロのハイレゾ音源、波形を見て「泣いてもいいんだよ」

ももクロのハイレゾ音源、波形を見て「泣いてもいいんだよ」


結成10周年を迎えたクローバーZのハイレゾ音源が発売開始となりました。
推しメン杏果が居なくなってしまいましたが、音源はチェックしていきます!

まずは先行して発売されたベストアルバム「桃も十、番茶も出花」から。

このアルバムは96kHz 24bitのフォーマットで販売されますが、元の2mix音源のフォーマットは曲によって異なるということで注意書きがありました。曲との関係がわかりやすいように曲リストに色付き文字で記入してみました。


ももいろクローバーZ/桃も十、番茶も出花【通常盤】

モモクロハイレゾ


モモクロハイレゾ1_1


モモクロハイレゾ2_2


こんな具合で元音源がCDと同じスペックの44.1kHz 16bitのものから192kHz 24bitのものまで、さまざまなスペックの素材から作られていることがわかります。アルバムとしてすべて96kHzに24bit揃えられているのは再生時の切り替えノイズ防止だったり、アルバムとして統一した音作りをするためではないかと思われます。


その中から96kHz 24bitマスターの音源、「泣いてもいいんだよ」を買ってみました。


最近は配信サイトにおいてラウドネスノーマライゼーションが行われはじめています。
それはつまり現状行われている、CDなどにより大きな音で録音して他の曲より目立つように聴かせようという手法に対し、
みんなで同じ音量にそろえて録音しようというものです。
これにより聴く人には音量が揃って便利に、音楽を作る人にとっても音質を犠牲にしてまで音を大きくする必要がくなるという流れです。


今回のハイレゾのアルバムがどうなのか、波形とラウドネスレベルをチェックしてみます。

ハイレゾ
泣いてもいいんだよハイレゾ


CDシングル
泣いてもいいんだよシングル


CDアルバム(AMARANTHUS)
泣いてもいいんだよアルバム


といった具合に、高音質が期待されるハイレゾ音源であっても相変わらず音圧競争された音作りであることがわかります。
音圧競争(音圧戦争)とは、他の曲より自分の曲の音を聴かせようと、音が歪んだり、抑揚がなくなったりしてまでも音が大きいことを優先してしまうことです。


一応、ラウドネスレベルも確認してみます。

ハイレゾ
ないてもハイレゾ


CDシングル
ないてもシングル


CDアルバム
ないてもアルバム


まあハイレゾだから特に何をしたというわけでもなく、どれも似たり寄ったりくらいなのかなといった印象です。


続いて、ハイレゾ版の周波数特性がどうなっているかをチェックしてみます。
CDの場合は22kHzが上限でしたが、この曲のハイレゾの場合は48kHzまでは有効な信号があることが期待できます。


スペクトログラム
泣いてもいいんだよスペクトログラム


スペアナ
泣いてもいいんだよスペアナ


30kHz以上くらいの領域で、なんだか折り返し歪のような成分がみられます。これは何なのでしょうか?
曲中でもこの成分がある部分と無い部分があるので、使われているシンセやギターのエフェクターに由来する成分かと思われます。


さて、最後に聴いた感じなのですが、私だったらこれCDの音のほうが良いなと感じました。
というのは、ハイレゾ版は確かに高域の抜けは良いのですが、そのせいか全体的な音の重心が高い方にシフトしているように感じられてしまうのです。CDのほうがベースの音が心地よくリズムに乗って聴こえるので、私ならCDのほうが良いかなと思いました。このあたりは、業界がまだCDの濁して音量優先な音作りのままであり、ハイレゾを活かしたサウンドを作るノウハウが無いのではないかと思うのですが、みなさんは聴いてみてどう感じたでしょうか?

ちなみに、ハイレゾでよかった点もひとつあります。
CDの時は最初の「言われ続け~」の部分が歪んで聴こえていたのですが(つまりこれが音圧競争のせい)、ハイレゾのほうだとこの部分が直っていました。まあこんなことでリスナーで褒められるようではダメなのですが、一応直っていたということで記しておきます。




続き
怪盗少女に盗まれた!? アルバムから一曲抜けてるももクロのハイレゾ音源




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

関係ないですが

プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク