FC2ブログ

ラウドネスメーター TC Clarity Mを個人輸入

TC Electronicから発売されているラウドネスメーター、Clarity Mを購入してみました。

claritym1.png


claritym2.png



ラウドネスレベルについて、テレビ業界ではすでに導入が完了し、番組やCMのレベル管理をラウドネスレベルで行うようになっているため、ラウドネスメーターはすでに必須の機材となっていました。

音楽業界については当ブログでも数年前より音圧競争だの海苔波形だのと揶揄しながら基準レベルを設けない無秩序な状況について指摘してまいりましたが、近年、定額配信やYoutubeによるラウドネスコントロールが導入されたこともあり、音楽制作者たちにとっても無視できない状況になっているらしく、ようやくラウドネスがーみたいな話を見かけるようになってきました。

そこで、ラウドネスレベルについて理解を深めたり、現状を把握する必要があるというわけで、ラウドネスメーターの導入に至りました。ラウドネスメーター自体はDAWのプラグインで行ったほうが手軽ではあるのですが、テレビ放送をリアルタイムでチェックしてみたり、パソコンでYoutubeやニュース動画、音楽再生をしながらラウドネスレベルをチェックするにはハードウェアのほうが便利です。

この手の画面付きのメーターというのはかつてより存在しましたが、DK-Technologiesをはじめとし、どれも何十万円もするような本格的なスタジオ向けのものばかりでした。

しかし最近、TC electronicから格安のモデルが発売されたため、思い切って購入するに至りました。
ところがどっこい、購入に関して色々面倒がありましたので、それについて記しておきたいと思います。

Clarity Mについて、現在あるモデルは2機種。5.1chサラウンド対応の「Clarity M」および、2chステレオに対応した「Clarity M Stereo」の2機種です。資料にはバージョンがV2と書かれているものがあって機能やサンプリング周波数等のスペックが異なりますが、これは無償のファームウェアのアップデートによってバージョンアップできるものです。

したがって、購入を検討する場合、サラウンドの制作を行うのでなければ下位機種の「Clarity M Stereo」で良いということになります。しかし、価格のカラクリがありますので注意してください。

まず一番の問題は、国内の価格が異常に高いことです。5.1ch対応の「Clarity M」についてはアメリカの通販サイトで299ドルくらいで販売されていますが、日本では 通常販売価格 ¥135,000(税込)→ キャンペーン価格 ¥84,672(税込) などと、数倍の値付けがされています。
一方、ステレオバージョンの「Clarity M Stereo」については、アメリカの販売店で350ドル程度と、なぜかこっちのほうが高かったりします。日本国内では、売る気がないようで、検索しても販売している気配がありません。


結論からいったら、アメリカから個人輸入すれば上位機種のほうが4万円ちょっとくらいで手に入るので買いましょうってことです。

アメリカで299ドルとか279.99ドルで売っているものをカートに入れて決済すると送料が7000円から1万円くらい。日本で受け取る段階で通関手数料と消費税(商品価格の6割に対して8%)を支払うので、合計4万円ちょっとくらいになります。

ここか
JRRshop.com TC Electronic Clarity M Stereo and 5.1 Audio Loudness Meter

ここ
TC Electronic Clarity M Audio Loudness Meter - Vintage King

あたりが日本からの購入で実績があり、Vintagekingさんは日本人スタッフも居るので、なにかあってもなんとかなると思います。
ちなみに今回は在庫の都合でJRRさんから買いました。

ここのブログも参考になります。
ラウドネスメーター、TC Electronic「Clarity M」は個人輸入がお得。半額以下で買えます。


個人輸入についてはそれなりにリスクもあって、今回は日本やアメリカ用の電源プラグが入っていなくてヨーロッパとかのへんてこなプラグだったので付属品入ってないよってことで後から送ってもらう手間とかありましたが、まあなんとかなりました。

あとは製品サポートについてです。動作についてバグらしい挙動があったので本国のメーカーサイトに英語で問い合わせたのですが、なぜか日本の代理店(日本支社?)から返事がきて、シリアル番号が日本国内流通品じゃないから知らないよみたいな返事が来てちょっと面倒だったのですが、製品の不具合についてメーカーに英語で問い合わせて個人輸入品を理由に対応しないのはおかしいだろと思ってたところ、なんだかんだで対応することになったみたいです。(ゴネ得みたいなのは嫌なんだけど、メーカー直の英語対応もしないのはメーカーとしておかしくないですかね)


ちなみにこの機材、画面がグレアパネル(光沢)なので見にくい&写真に撮りにくいことこの上ないです。
適当なカーナビやノートPC用の反射防止フィルムを貼ると改善しますので、おすすめします。
うちはこれを買って、下数ミリを切って貼り付けたのでバッチリです。

メディアカバーマーケット ハンファ HM-TL7T [7インチワイド(800x480)]機種用 【反射防止液晶保護フィルム】 メディアカバーマーケット


そんなわけで、実際の使用感とかはtwitterに書いて満足しちゃったのでそっちを検索するなりして見てほしいのですが、製品自体についてGoogle検索しても国内の情報がほとんどヒットしない(売る気がない)状態なので、こうやってブログに記しておくことにしました。
実際に購入する方などいましたら、なるべく情報は出しますのでtwitterかここのコメントで書いといてください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれこれと楽しく読ませてもらってます。
ところで仕様について質問が。

Macというかコンピューターに接続した場合、DAWだけでなくiTunesやSpotify、もしかしたら単なるブラウザでの再生音もラウドネス測定しそうな雰囲気なんですが、オーディオ インターフェイスのアナログアウトに繋げは良いのでしょうか。

それともなんかのアプリを入れて、USBケーブルか何か経由でデータ転送する様な形?
宜しければ教えてください。

なんか最近、五月蝿いか五月蝿く無いか気になってきまして。
あ、ラウドネス値な事です。
なんかこう、ラウドネス高い曲を聴いていると苛々して来るような。(笑)

しかし価格というか日本代理店… 凄えw

No title

あ、もしかしてオーディオ I/Fのメインアウトをオーディオ I/Fの光アウトにもパラって、それをCLARITY Mに流し込み…?
となるとうちのには光アウト無いから駄目だなぁ…

No title

こんにちは。

ラウドネスメーターの場合、デジタル信号を測定する規格なのでアナログ入力はついておらず、光もしくは同軸のデジタルで接続する必要があります。

うちの場合はインターフェイスに色々な端子がついているので、デジタルの同軸で繋いでいます。

あとひとつ注意が必要なのは、ボリュームやエフェクトを通る前の信号を入れないといけないということです。
これはインターフェースによりますが、例えばPCM2704チップを使ったインターフェイスなんかの場合は、PCのボリューム調整はアナログ出力のみに効いて、デジタル出力はそのまま出てくるのでこういった仕様のものならメーターが使えるかと思います。

日常的に聴いている音楽のラウドネスチェックをしてみると色々参考になって面白いのでぜひ試してみてください。

No title

お世話様です。
説明ありがとう御座いました。
うちのI/Fだと無理でした… ああ安過ぎた… (´・ω・`)

ファイルベースでの測定か
CoreAudio(出来たかなぁ)の測定で止めておきます。
ありがとう御座いました。

PCM2704を使ったインタフェースなら1000円くらいからあるんじゃないかと思います。
デジタルとアナログの端子が両方ついてるモデルなら、デジタルはメーターに、アナログはスピーカーに繋げれば実現できるかと思いますよ。
プロフィール

fixer

Author:fixer
http://fixerhpa.web.fc2.com/
Twitter @fixerhpa
頒布中のバランスキット関連はこちら

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク